診療メニュー

バストBust

シリコンインプラント豊胸術

胸を永久的に大きくしたい方、垂れてしまった胸に張りを取り戻したい方に適応です。
アメリカ アラガン社製のNatrelle(Style410/アナトミカルやラウンドタイプのソフトコヒーシブシリコンバッグ・テキスチャードタイプ), Motiva-Ergonomixなどを使用しています。
1人1人の胸の皮膚や乳腺、形など、状態に合わせて大胸筋下あるいは乳腺下のバッグ挿入位置を決定しています。
切開部位は腋窩部,あるいは乳房下溝から行いますが、切開線は3cm程と短く行うことが可能です。
当院では、挿入専用の特殊な袋を用いてい行いますので、インプラントバックに直接触ることなく小切開で手術を行うことができます。
乳癌術後の乳房欠損に対しては、保険が適応されます。
用いるインプラントは、国の認可を得た安全な物を使用しています。
柔らかさ重視の方などはMotiva エルゴノミックスなど他のメーカーもご用意しています。
乳腺下挿入では、ヒアルロン酸注入とほぼ同等の局所麻酔での施術も可能です。
一度ご相談ください。

 

インプラント(最新バイオセルバッグ)による豊胸術

出産や加齢などで下垂しハリがなくなったバスト、もともと小さいバスト、バストの左右差等の改善が可能な施術です。挿入するインプラントは体の動きに合わせて自然に動き、触り心地もよい優秀なバッグをご用意しています。当院で手術に使用するバッグは、患者さんの肌の厚み、好みの形、体系(骨格)など細かなカウンセリングの上、最適な物を決定します。100種類以上のパターンの中からお一人お一人にピッタリの形・大きさをご提案します。また、患者様のバストの状態に合わせて、バッグの挿入位置を乳腺下、大胸筋下と決定していきます。

 

アラガン社製最新アナトミカルタイプのソフトコヒーシブシリコンバッグ(ナトレル)の特徴

  1. 形状記憶製が高く、バッグが変形しにくいので、胸の形を美しく保持
  2. バリアコート層(同社特許)を含めた全7層の多重構造で、これまで問題となっていたシリコンジェルの漏れを確実に防止
  3. バッグのセルは強度を向上させつつソフトな質感
  4. 表面には組織適合に優れたテクスチャード加工を施し、被膜拘縮を予防
  5. 乳癌患者さんへの保険適応で国に使用が認められている

Motivaエルゴノミックスの特徴

  1. 姿勢に応じて形が変化する (立っているときはしずく型、横になるとお椀型)
  2. バリヤー層を含めた全6層の多重構造で強度を高め、伸びが良く衝撃に強い
  3. モノブロック製法によって本体と底部の接着性が高く、つなぎ目がなく耐久性が高い
  4. 表面には組織適合に優れたテクスチャード加工「smooth silk」を施し、被膜拘縮を予防
  5. 最新の製品であるため長期経過は不明


インプラント挿入後も、定期経過観察(無料)を推奨しています。
乳癌検診の相談、紹介書作成も可能です。
挿入後も長期にわたり、安心して頂けるようアフターフォローは万全に行っております。



より安全な手術のために、麻酔は専門医が行い、手術は痛みを感じることなく眠っている間に終了します。ワキのシワにそって3~4センチほど切開するだけなので、手術後の傷跡はほとんど分からなくなります。また、乳腺には触れないため、妊娠や授乳に影響を与えることはありません。手術が決まった時点からケロイド治療に用いられるトラニラストというお薬をお飲みいただいて、カプセル拘縮の予防をしています。

 

こんな方にオススメ

  • 垂れてしまったバストを持ち上げたい方
  • 胸を大きくしたい方
  • 左右差を改善したい方
  • 柔らかい胸を希望される方



施術時間:約60分

料金
豊胸術(両側) / ¥950,000(税抜)
豊胸術(片側) / ¥670,000(税抜)



全身麻酔で行う場合は、全身麻酔料として別途¥150,000(税抜)が必要です。
麻酔科の専門医師が術中麻酔管理を行うため、痛みも無く、安心して手術を受けていただけます。 
局所麻酔で行う場合は、別途費用は必要としません。
静脈麻酔を追加希望の場合は、別途¥30,000(税抜)が必要です。
手術は短時間で行えますので、乳腺下の場合は局所麻酔(静脈麻酔)で行い、術中(術後)術者とお話をしながら胸の形を確認することも可能です。
※乳頭や乳輪の手術は局所麻酔で行いますので、麻酔料は必要ありません。

 
← 診療メニュー一覧へ戻る
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.