ブログ


[1]234[26] 
11件目~15件目 (126件中)
サムネイル

ニードリング技術サポート 第8回目 in 東京

UP
 

相変わらず、休みがない院長ですが・・
最近は月に2、3日は休むことができてます。。。
ブログあまり書けてなくて大変申し訳ないです。(言い訳にしか過ぎないです。。。すいません)



さて、東京日帰り行ってまいりました。
エンビロンのニードリング講習も、はや8回目
ニードリングは講習を受けて、技術を学んだ人のみが提供できる特殊な治療です。
1回目から技術サポートをさせていただき、一度も休んだことがないっ。
というニードリング愛の強さを見せる院長です。

最近では、ダーマローラやその他、フラクショナルの治療を行なっているDr.なども「ニードリングとはなんぞ?」といらしていただいています。
「全然違うね。よく刺さる。深いねぇ。これは効きそう」
などとおっしゃっていただくと、少し嬉しくなります。

この治療は、行う人によって差のでる治療です。
つまり技術が大事なので、「傷跡を残さず、深く、均一に、必要な方向」などを考慮し行う必要があります。
なので技術講習を受けた人のみが提供できるようにしています。
世界的にも普及しており、論文も多くでてるんですよ。
ちゃんとエビデンスのある治療なのです。

何が良いの? と良く聞かれますが、
穴をあけることによって、傷を治す!というメカニズムが生じます。
傷を治すと細胞に認識させることによって、傷のみではなく、皮膚そのものを再生・修復していく治療となります。
その深さや密度が絶妙で、TGFβというサイトカイン発現がすごくバランスが良いのです。。。
ここを話し出すと難しくなるので、省略ですね^ー^

まず皆様に喜ばれるのは
ニキビ跡や、傷跡が綺麗になっていきます。
正直レーザーよりは、職人による手作業のニードリングのほうが改善が早いです。
なぜなら、より深く、より密に刺入することができるからです。

もう一つは、コラーゲンが誘導されるため、真皮の厚みが増していきます。
人は老化すると、皮膚も、筋肉も、脂肪も萎縮し縮んでいきます。
真皮(皮膚)が薄くなると、弾力性も失われ笑った時に沢山のシワが刻まれたり、たるんできます。
そのため、真皮の厚みを再構築することは非常に重要です。

つまり、皮膚を綺麗に再生させながら、たるみを取る。
皆様が望んでいることが集約されいます。
また、自分の細胞が再生させたものなので後戻りもしません。
ただ、1回で劇的な改善効果がある方もいれば、6回必要な方もいたり、、再生医療は人それぞれで反応が異なります。
そのため、推奨治療回数は6回以上ですよ。とお話ししています。
頻度は、個人によって通いやすい日程でご来院ください。
遠方より半年に一度来院される方もいらっしゃいます。

それでは明日からも皆様にHappyを届けられるよう頑張ります。

写真は、プロテアで川添先生と記念撮影してきましたー^ー^
 
記事を閉じる
 
サムネイル

最強薄毛治療〜HARG療法〜さらにパワーアップ

UP
 

薄毛についてのブログ情報提供が非常に少なかったため、リクエストもあり少しずつ説明していきますね。

当院、薄毛治療の患者様は男女・年齢問わず非常に多いのですが、真面目に治療を続けていただいている方については、ほぼ確実に発毛効果を実感していただいております。

この治療は、継続が力なり!
というものなので、たくさんの選択肢の中から選んでいただけるよう治療方法を多く揃えております。

半年、一年のスパンで効果が実感できない場合は、治療レベルを上げていくことを一緒に相談していき、最適な治療方法を選んでいきます。
薄毛治療は非常に奥が深いですし、皆様の悩みも深いです。
女性の薄毛についても、進行しているものも多くみられますが女性用の薄毛治療方法もラインナップを多く揃えております。
薄毛の悩みは男性だけではなく、男女ともに訪れます。
歳だからと諦めずに治療開始が可能です。



その中でも、現時点では最強の薄毛治療と言われているHARG療法ですが。
なんと、さらにパワーアップしました。
夏から、日本でも供給が開始されます。
HARGってなに?と思われると思うのですが、
HARGは成長因子が入っている医療機関で行う毛髪再生治療です。
ここで、成長因子ってなに? となると思います。
人間の細胞は常に周りの細胞にシグナルを出して血液や体液から栄養を取り込んで成長しています。
毛髪の元気を出すためには、成長する為の栄養つまり、成長因子を補充することが重要です。
成長因子は、細胞間のシグナルの代わりをし、毛髪に栄養を呼び込んでくれます。
「成長したいからエネルギー、栄養をちょうだいーっっ」と周りの細胞に叫んでくれる因子ということです。
一度元気になった毛髪は、自分で成長因子を出すことができるようになるため、さらに周りの細胞を元気にしていくという、良い種がさらに良い種を生み出す。という現象が起こる。
という感じです。

さらに、何が進化したかというと。。。
1:細胞を含まないヒト脂肪幹細胞培養上清液を凍結乾燥したタンパク質がさらに増加されました。
  つまり、シグナルを出すサイトカインというものが増量濃縮されました。
2:細胞間コミュニケーションに欠かせない、Hair Stemvesicle(エクソソーム)をより多く抽出
3:発毛・育毛に係わるターゲット細胞に、より反応するように成分を調整

うん?わかりにくいですよね。
つまり、「おーい。エネルギー・栄養ちょうだい〜」と呼びかける要員が増え、
さらに栄養も届きやすくなり、
さらに、栄養の貰い手も気づかないうちに「いっぱい食べられるように食欲が増進している。」
という環境を作りやすくしたよ。ということです。

そんな形で進化を続ける薄毛治療ですが、HARGはやはりコスト面で厳しい。という方
KIPという育毛剤やシャンプー、コンディショナーにも成長因子が入っています。
経皮吸収型となりますが、こちらも力強い味方となってくれます。

その他数多く治療方法がありますので、悩んでいる方まずはご相談を

 
記事を閉じる
 
サムネイル

長波長レーザーもばかにできないっ!

UP
 

記録的豪雨が降り続いていますが、皆様大丈夫でしょうか。
今日は、高速道路も電車も止まっている状況。
いろいろと心配です。
車で来られる方も、運転には十分注意してくださいね。

交通事情により午前中の長時間手術がキャンセルとなった為、スタッフに還元。。。
思えば10月からほとんど何もして上げられていませんでした。
ニードリングがやはり一番人気なのですが、これは2人が限界。
ここにいる皆に処置をする事を考えると。。。
ニードリング以外で、やりたい事があればという選択肢。

2人がIPL (photo facial)、1人がBNLS(顔やせ)、もう1人は意地でもニードリングが良い。とのことより、次回優先ニードリング権利獲得?(不明)

スタッフは患者様達が綺麗になるのを見ながら、自分もしたいな。と思っているのでスタッフの美に対する活力は患者様達自身なのです。
それでスタッフの肌を見てまた患者様達も綺麗になりたいと思っていただけると、相乗効果で良いなぁと院長は思います。
ちなみに院長自分の肌には自信がありません。。。
昔からシミができやすく、厄介な肌質なのです。

そんな院長は、、、 午後からまた手術があるため、軽く。。。と思いながらも
プロアドバンスドビタミン イオン導入!! の前に トーニングレーザーをスタッフに照射してもらいました。
トーニングレーザーは低出力で、細かく深く熱をいれていくレーザーです。
長波長レーザー(レーザーの波長が長いということ)は、比較的表面での熱を発生させず深い層にエネルギーを届けるため、深部のシミ・肝斑に効果があります。
シミを作る細胞を弱らせるというイメージです。 
なので、本来は低出力で回数をかけて行う治療です。
2年ぶりに照射するにも関わらず、普通より少し強めの出力を依頼した院長は・・・
ものすごく。痛かったです。
看護師にも、「患者さんでもこんなに痛がる人いませんよ」と言われてしまいました。

通常、トーニングレーザーは弱い出力から徐々に上げていきます。
メラニンが多いと、熱反応が強く起こってしまうからです。
そのため、初回〜2、3回などは毛穴に沿った赤みがでたり、ニキビが出る人がいたり、皮膚にざらつきの出てしまう方がでるため、低い出力から少しずつメラニンを減らしながら強くしていきます。
本来は、肌に余計な刺激を与えず、蓄積したメラニンを少しずつ回数をかけて減らしていきます。
回数を重ねるたびにメラニンの量が少なくなり、透明感のある肌へと導かれるというイメージです。

院長のように、隠れメラニンが沢山いるのに高い出力で照射すると花火のように熱が発生しすぎてしまいます。
その結果、皮が一枚向けました。
スタッフには、「院長!ニードリングみたいで、羨ましい。」と言われましたが。
いや違う。
ニードリングはちゃんとエビデンスを持って、炎症を起こさないように古い皮膚を一枚剥ぎ取っているのに対し、これは明らかに炎症とともに古い皮膚が剥けている。。。

ニードリングを愛する、今回治療しなかったスタッフには、
「先生、そんなことして肌、怖くないんですか?」といたって冷静に言われましたが。。。

基本的にニードリング治療を行うと、傷跡や炎症など総合的に治療可能なので痛めつけること自体はそんなに恐怖心が実はありません。

でも患者様には決してマネはさせられないと、強く心に思いました。
レーザーを照射される皮膚の状態によっては、ほんの少しの出力で結果が大きく異なることもあります。
院長は果敢に攻めますが、皆様真似をしないようご注意ください。

ちなみに、IPLを照射する際も、軽くロングパルスヤグレーザー照射を組み合わせています。
混合治療を行なっております。
使い方によっては、怖いことはもちろんありません。
でも、トーニングレーザーだけで肌を綺麗にするのではなく、最終的にはしみが薄くなった後にはたるみや毛穴など皮膚の質感自体を綺麗にする治療を追加されることをオススメしています。

治療方法が多すぎるので、悩まれるよりはまず症状の相談を・・・


 
記事を閉じる
 
サムネイル

皆様気になる・・飲む日焼け止め

UP
 

夏に向けて、皆様からの問い合わせが増えてくる「飲む日焼け止め」ですが。。。
まず、うちの受付でさえちょっと勘違いしていた事実。
「飲む日焼け止めを飲むと、身体にバリアーができて焼けにくくなる!」という物ではありません。

基本的には、「紫外線があたりダメージを受けた細胞達を助ける働きがある」というものです。
なので、飲む日焼け止めのみで紫外線と戦うのではなく、あくまでも、塗る紫外線のサポートととして使用してください。
男性のように、全く塗るのが嫌!!という人には飲むだけでも少し日焼け後の状態がまし。といういことはもちろんありますよ。

最初に皆様がざわざわしたのは、芸能人さんのコメントからでしたね。
もっと以前からあったのですが、それ以来飲んでみたい!という問い合わせが増えました。
種類はもちろん沢山あります。
その中で、当院が採用したのは SUNSORITさんのUV lock飲む日焼け止めです。
サンソリットは、ピーリング石鹸がとても有名な昔からある日本のメーカーです。
安心の品質、国内製造です。
ヘリオケアやクリスタルトマトなどの代表選手たちは、基本的にはビタミンAを中心としたものです。
うちはビタミンAは、Dr.フェルナンデス のエンビロンサプリメントが日本国内では最も濃度が高く安定しているのでこちらをお勧めしています。
そのため、ビタミンA以外のサポート力があるものを採用しました。
また、4時間おきにこまめに内服。というのも難しいと思うので24時間効果が持続するタイプになっております。



特徴を簡単に。。。
 UV lock
飲むUVケアの主成分: シトラス果実およびローズマリー葉エキス末
 ・グレープフルーツ由来のシトラス成分と、ローズマリー由来のハーブ成分を、エビデンスに基づき独自ブレンド
 ・紫外線を浴びた際に体内から大量発生する活性酸素を除去
 ・炎症を抑える事で日焼けによるシミ・肌老化を防ぐ
 ・10年以上の研究実績があり、その有用性・安全性はスペインの大学研究機構の臨床実験で証明
 ・1日一粒で、24時間紫外線から肌を守る
 ・植物成分のため体にやさしく、副作用の心配なし

その他、美肌に導く配合成分
 ビタミンC:皮膚・粘膜の健康維持をサポート
 ビタミンD:カルシウムの吸収をサポートするとともに、健康・美容維持には欠かせない成分
 葛花抽出物:漢方薬に用いられる野生種の葛から抽出した成分。女性特有の体調や冷え対策のサポート
 シルクペプチド:蚕が作る絹を分解した成分。大変栄養価が高く、必須アミノ酸20種類のうち、18種類が含まれている
 プロテオグリカン:ヒアルロン酸の1.3倍ともいわれている高い保水力が特徴。また、人がもともと持っている上皮細胞を再生させる因子[EGF]と似た作用がある。
 白キクラゲエキス:植物性の保湿成分で、ヒアルロン酸より高い保水力がある

 こんな方にお勧め
1:多忙な方や面倒くさがりな方に
 仕事や家事などが忙しく、日焼け止めを塗り直す時間がない。また、手間だと感じている方。朝一粒のむだけで日中のの見直しも必要ありません。
2:アクティブな方に
 海・山などのレジャー、ゴルフなど野外でのスポーツで、強い紫外線を長時間浴びることが多い方。水や汗などによる日焼け止めの落ちや塗りムラを気にせずレジャーを楽しめます。
3:全身のUVケアに
 ノースリーブやミニスカートを来た時の、肩・首筋・脚などの露出部分や、日焼け止めを塗る事が難しい眼・耳・頭皮・粘膜・唇等のケアにもお勧め
4: 敏感肌の方に
 SPFの高い日焼け止めは苦手な方に
5:日焼け止めを塗る週間のない方に
 日頃、日焼け止めを塗る週間がない方や、男性の方にもお勧め。

その他、サンソリットには 今流行の、「糖化ケアサプリメント」や「老け予防サプリメント」などもあります。



気になる方は、ご相談くださいね。




 
記事を閉じる
 
サムネイル

注入による乳房増大(豊胸)。ちゃんと知識をもって決断を

UP
 

今月は既に5件ほど、乳癌の人に乳房再建を行っています。
二期再建(乳癌切除後しばらく経過して再建したい人)の場合は、当院で全身麻酔にて行っていますが、一期再建(乳癌切除と同時に再建をしたい人)の場合は、院長が済生会病院に出張手術におもむきます。

出張手術をする際には、クリニックの外来を閉鎖するため、予約希望の患者様には本当に迷惑おかけしています。
また、呼び出し時間の前後が多少あるため、急な予定変更をお伝えせざるをえなかった方など、この場でお詫びします。

そんなこんなで、出張手術はなかなか周りを巻き込んでいるわけですが・・・
普段は忙しく、なかなかお話をする機会のもていない乳腺外科の先生と手術をしながら意見交換をできるので、とても貴重な時間です。

その際に、こんなお話をされました。
「外来に来られた患者さんの胸が四角くて異常に硬い。
何か注入したかを確認したけど絶対ないと言っている。
画像を見せ、説得をしたところ「手術台に横になっている間に何か入れられたけど、何かわからない」といっていますがなんですか? 
何かわからなくてとても困っています。
ヒアルロン酸ではないと言っています。」
と。。

「おそらく、ヒアルロン酸ではないのであれば、 アクアミドを注入されたと思いますが・・」
「なにそれ?」
「最近長持ちするということで、一部の医師が行なっている治療ですが、安全性の確率がまだなので私は使用していません。ヒアルロン酸のように溶解するのも無理なものです。」
「そんなのいれて大丈夫なの?」
「使用している医師は大丈夫だと思っているようです」
としか、言えない。。。
「もう少し先生患者さんにそこらへんを情報提供してあげた方が良いのでは?」
と言われたので書いてますが、なかなかこのあたりの話は微妙で話しにくいのが正直なところです。

その注入物は、少し発癌性が報告されているものです。
ただ、レベル的には非常に低い(熱いものを飲む、焦げた食品を食べる程度)ので、健康被害はないであろうとされていますが、それが数年体内にある影響はまだわかっていません。

最近形成外科の管理している美容外科学会から注意喚起・アンケート調査が送られてきています。
本当に大丈夫なのかを検証していく方向のようです。
メール内容抜粋です。

異物による豊胸術は古い歴史の中でその安全性が常に問われ、豊胸材料の変遷を見てきました。そのような中で現在ではシリコンインプラントによる豊胸術が世界的にも一般化しております。
一方、現在でもその手技の容易さゆえに異物の注入による豊胸術が行われておりますが、その安全性は問題であり長期的に身体への影響は無視できないであろうと言われております。

つきましては、最近アクアフィリングによる豊胸術が一部の医師により行われておりましたが、その安全性の担保が確保できず米国ではFDAがその使用を認可しておりません。
韓国乳房美容再建外科学会でも、長期にわたる安全性が証明されるまではアクアフィリングの豊胸術への使用に反対する見解を表明しており、JSAPSではこの見解を重視し昨年、会員への注意喚起をホームページ上に掲載しております。
またJSASでもこの問題は取り上げられ、昨年1月の理事会において使用すべきではないと見解を決議されております。

このような状況の中で、現在われわれがなすべきことはこの物質(アクアフィリング)による合併症一例一例を積み重ね、アクアフィリングによる豊胸術の問題点を報告し、抽出することが大切かと考えております。

正直まだわからないというのが、結論なので変に不安を与えてしまった方申し訳ないです。
豊胸を受ける際はきちんと相談、信頼できる医師に行ってもらってくださいね。
あと、乳癌検診もちゃんと受けましょう。

豊胸は、インプラントが形的には一番綺麗で柔らかいと思います。
挿入する際も、3cm以上切ることもないですし、乳腺下挿入であれば局所麻酔(一部静脈麻酔)でも行うことができます。
抜去したい際も、局所麻酔で同じ傷からアプローチ可能です。
大きく長持ちする胸を希望する際は、お勧め第一選択はインプラントバックですよ。
最近のは本当に柔らかいと思います。





ヒアルロン酸は吸収されることを理解し、あまり大きなサイズアップは考えていない方などには気軽に受けられる方法ではあります。
当院では4種類のヒアルロン酸から選んでいただいています。
ただ、乳腺が小さい方は硬さがきになると思いますのでやっぱりインプラントをお勧めします。

どちらにしても、一番大事なことは、豊胸した後もきちんと一年に一度は執刀医診察を受けて、心配事を相談できる環境を整え、聞きたいことはちゃんと聞いて理解した上で処置を受けましょうね。


 
記事を閉じる
 


[1]234[26] 
11件目~15件目 (126件中)