ブログ


[1]234[24] 
11件目~15件目 (120件中)
サムネイル

印象を変えたい場合は、、まずは二重手術

UP
 

最近本当に二重の手術が多いです。
最近では小切開や切開法も凄く増えてきて、県外からご来院頂く方もちらほらと。。

中には漠然と、「とにかく印象を変えたい、どうしたら良い?」とか
「若返りたい、どうしたら良い?」
的なほわっとした要望も増えています。

よくある「目を大きくしたい!!」という希望も多いのですが、
目を大きくする方法としては、上にも下にも内側にも外側にも広げることができます。

でも基本的には
1番:上眼瞼。つまり上に広げるということが重要です。
 二重にするだけでも目は大きくなります。
 目の開きを強くする手術を追加すると、目が大きくなるだけではなく眉毛と目の間も狭くなるので目力が非常につきます。
大きく印象を変えることができます。

  眉毛下皮膚切除も、眉毛の下の皮膚を切り取ることで、目と眉毛の間の距離が縮まります。
 けど、目を強く開ける手術のほうが、変化量は強いです。
 目尻の皮膚のたるみが強い方や、二重の印象を変えたくない方には良いとは思います。

2番:内眼角。つまり目の内側を広げる
 目が寄っている方などはあまりやりすぎないようにしなければなりませんが、量は0.1mm単位での調整となりますのでできないわけではないです。
蒙古襞が少しスッキリするだけでも目の印象が大きく変わります。

3番:下眼瞼。つまり下まぶたを下げる。下制術ですね。
 白目の範囲が大きくなりますが、やりすぎるとタレ目の印象になります。
 最近ではコンタクトのDefineシリーズにあったように下げて欲しいなどと過矯正希望の方も多く、コンタクト外すと三白眼(下に白目が見える状態)になるよ!!と注意しますが聞いてくれない方も多いです。。。
 
4番: 外眼角。つまり目の外を広げる
 意外とこの相談多いのですが、この相談をしてくる人は比較的目が大きい方が多いです。
 おそらくネットを見てもっと目を大きくするには・・・と検索して相談に来るのかと。
 ただ、これは外の白眼が被っている量を露出させることが基本となるので、思っているよりあまり広がりません。
 広げすぎるとピンク色の粘膜が出て変な感じになります。

という感じで、簡単に書いても意外と奥が深いです。
もちろん、一言で「二重」と言ってもそれも奥が深いですが。。。

切開法のモニターとしてお顔をお借りしている方ですが、
このように印象が激変しています。



本人も写真で見ないと以前の顔は忘れてしまっているのですが。。。
周囲の反応も違和感なく過ごしているようです。
ちなみに、顔のそばかすを消すためレーザー治療も行っています。
少し頬まで見せていただきました。
カルテから携帯でぽちっと撮影しておりますので、画質の悪さはご了承くださいね。

もちろんその他、小顔や、鼻、唇、胸、陰部など皆様の好みも、悩みもいろいろですが少しずつお伝えできればと思ってます。
メールでの相談も増えていますが、治療は単純ではないのでまずは診察しないとその方のベストがわかりかねます。
一人で悩んで「ねっとぽちぽち、、、」を繰り返すよりまずはご相談を。
 
記事を閉じる
 
サムネイル

スタッフと初!!野外活動!

UP
 

最低でも月に一度は栄養補給ということで肉を食べに行く我々ですが。。。
今回はお呼ばれもあり、昼から全員が集合する(一人いませんでしたが)という快挙!!



野外活動といえば、ボランティア活動?と思われた方。。。
素晴らしいです。(´ー`)



いえ。ただBBQと、そば打ち体験してきました。
おほほ(//∇//)
「日光の下にでたの久しぶりっ」という者、数名・・・
ちゃんと紫外線対策はしているかな?
院長はいつも通り、顔はナビジョンDr のBBを塗るだけ、身体は無防備でした。
ビタミンの内服もしているし、ちょっと油断しちゃうんですよね。
でも人生やっぱり楽しまなきゃダメなので、しっかり日焼け止め対策をして夏を満喫しましょう。ヾ(๑╹◡╹)ノ"

「院長の私服久しぶりに見ました。。。」
「いや、君達もやん」などと戯れながら、肉、そば、魚、野菜と本当にお腹いっぱい食べました。
皆さま本当に楽しかったです。ありがとうございました。

    

そう、、今日は第四水曜日。
ということで、午後からは福井県済生会病院にて「乳腺外科非常勤講師として再建外来」です。
申し訳ないながらも、片付けもせず足早に私、帰らせていただきました。
皆。今度はゆっくり行こうね。


忙しい日々のなかどう過ごすのか。
まだまだ模索中ですが、夏が近づく気配がするのでちょっとずつテンションがあがる院長です。

日焼け止めの相談が増えてきています。
近々真面目に説明させていただきます。
では5月もあと少し 頑張っていきましょー!!

 
記事を閉じる
 
サムネイル

どのような美しさを目指すのか? 〜人それぞれでいーんです。

UP
 

美容外科学会に行ってから、もっと綺麗になりたいなぁと思いながら、思い出すと最近自分に美容治療をしたのは、2月の大雪の時のニードリング。。。
あれから一切何もせず、エンビロン基礎化粧品のみで戦ってきた私。
というわけで、今日17時の予約がキャンセルになったのを見計らって、スタッフには少し無理を言ってニードリングをしましたー 
やったぁー 
あぁ、、、本当は毎月でもしたい。
スタッフにもしてあげたいけど、なかなか今の状況では厳しく最後にやってあげたのは10月?
私だけごめん。
(今日も実は、麻酔で顔が真っ白の時に飛び込みの患者様が来て、笑われながら白い顔で診療しました。
 バカ殿みたいな顔で、極真面目な事をしゃべってました。驚かせてすいませんでした)


さて、どのようになりたいのか、美については本当に人それぞれで良いと思うのです。

どのような若返り、美、を希望されるのかによっても沢山ある手技の中からご自分にあったものを選択することが重要です。

年相応に若くなりたい方、実際年齢よりもだいぶ若く見られたい方、顔自身を変えたい方、いろいろですよね。

ヒアルロン酸や糸、フェイスリフトを行っている方も多くいらっしゃいますし、美容外科学会ではそちら側の方が主流と言っても過言ではないです。

ちなみに・・・私自身は、ヒアルロン酸も糸も入っていません。
再生医療でどこまでいけるか、ちょっとジタバタしようと思いまして。。
なかなかモニター制度がないため、before, afterをお見せできないのですが、正直、糸やヒアルロン酸よりもかなり若返るため、スタッフも含めて当クリニックでは再生医療愛が高まっています。

再生医療は手術と同様、技術力なので、その期待にお答えし少しでもハッピーになってもらえるように頑張りますね。
最近は口コミの影響か、県内外問わずPRP希望が多いですよー

PRP再生医療もやり過ぎると若返りすぎちゃいますから、自然を好むのであればニードリングに切り替えるとかしないと駄目ですよ。
私がびっくりするくらい若がえってしまう人々もいるので。
それも好みですが、どのような美しさ(自然美?人工美?両方?)を目指すのか?

一緒に相談していきましょう




 
記事を閉じる
 
サムネイル

美容外科学会 in 東京

UP
 

水曜日を利用して、美容外科学会に参加してきました。٩( 'ω' )و
火曜日の診療を気持ち早く切り上げ、、(予約希望だった方申し訳ないです。(>人<;))
20時には品川にたどり着けました。(╹◡╹)
約3時間半程?
周りに言うと、「意外と近いじゃん」と言われたりしますが。
皆の福井の印象、、気になる所です。
福井まで新幹線のびたらもう少し早くたどり着けるのかな?

ややこしいのですが、現在日本では美容外科学会は2つ存在します。
1つはJSAPSという、形成外科医が中心として開催されている学会。
もう1つは今回参加したJSASという、大手の美容外科の先生達が中心に開催されている学会。
美容皮膚科の先生もこちらの学会に参加される事が多いようですが、最近ではJSAPSに参加されている方も増えているとか。
JSAPSのほうが、がっつり手術中心の話が多かったですが、こちらは少し控えめな印象を受けました。
でも楽しかったです。

JSASは、美容皮膚科の山内先生に誘われ、実は今回初めての参加となりました。
周りの先生達がなんだかピカピカ輝いてて、なんだか「私大丈夫かな。。輝いているのかな」と少し不安になっちゃいました。
明日。。。ニードリングしようかな。
服装ももう少し頑張らなきゃだめかなぁ。。。



はい…前日飲み過ぎで顔パンパンです( ・∇・)



常に最新の美容情報をお届けできるよう、分野関わらず色々と知識を吸収して皆様に還元しますね。
木曜日からは通常通り朝から頑張ります。

 
記事を閉じる
 
サムネイル

京都大学同門会に参加して来ましたー(╹◡╹)

UP
 

1年も半分が過ぎ去ろうとしてますね( ・∇・)
早い…早すぎます。
皆様やり忘れている事、やり残している事はありませんか?
そろそろ準備始めないと1年あっという間に終わっちゃいますよーヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3

さて、年に一度京都大学の集まりがあるのですが、今回は教授の退官祝賀会を兼ねて大がかりに行われました(^-^)



教授とお話しする機会があったのに、気の利いたことを言うこともできず…もじもじ?ちゃらちゃら?してしまいました(´-`).。oO
お別れは苦手なのでついつい。
勿論退官は終わりではないので、今後もご活躍を期待しております。(╹◡╹)

今回の乾杯をしてくださったのは、教授大学名誉教授の初代教授です。
もう生きるレジェンドと言わざるを得ないです。
名誉教授は今回の教授を含めてまだ3名。
形成外科の歴史はまだまだ若く、歴史の古い京都大学でも3名。皆様元気です。
形成外科を作り、若きを育て、将来を考えてくださってます。



それに答えられるよう精進を重ねてまいりますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

また、同期の先生、後輩と色々話せて良かったです。
自分だけじゃなくみんな頑張っていること再認識しました。
もう既にみんな部長クラス、後輩もどんどん成長していくのが本当に楽しみ(*゚▽゚)ノ

教授はかわってしまうけど、これからもみんなで頑張っていこうね(╹◡╹)
 
記事を閉じる
 


[1]234[24] 
11件目~15件目 (120件中)