ブログ

16~18件目 (361件中)
rss

眉下切開傷跡気になる?


おでこの皺でもお話ししたように、上まぶたのたるみには手術が一番早いです。 手術以外のたるみ治療でも良いですが、手術だとたるんだ皮膚をスッキリ取ることができます。 手術以外のたるみ治療で10mm近く短縮させるのはなかなかです。 手術だと、ダウンタイム(内出血や傷跡)を乗り越えると1度で快適に過ごせます。 でもハードル高いですよね。 「手術って切るんでしょ?」 「怖い。勇気出ません。。。」   となると思います。 お気持ちわかります。。。 でも、目が軽くなるとすごく楽になるので、もしも今、目が重たくて、たるみが辛いな。と感じてる場合はご検討下さいね。 やった後は皆様喜んでくれます。 下まぶたの皺取る手術よりは、上まぶたのほうがまだ楽ですよ。(励ましになってない⁉︎) まぶたの二重のラインを用いてたるみを取る方法は、少しぱっちりした目にしたいなど印象を変えたい方にお勧めです。 傷跡が二重のラインで隠れるので [...]

記事を開く

おでこの皺でもお話ししたように、上まぶたのたるみには手術が一番早いです。
手術以外のたるみ治療でも良いですが、手術だとたるんだ皮膚をスッキリ取ることができます。
手術以外のたるみ治療で10mm近く短縮させるのはなかなかです。
手術だと、ダウンタイム(内出血や傷跡)を乗り越えると1度で快適に過ごせます。

でもハードル高いですよね。
「手術って切るんでしょ?」
「怖い。勇気出ません。。。」  
となると思います。

お気持ちわかります。。。
でも、目が軽くなるとすごく楽になるので、もしも今、目が重たくて、たるみが辛いな。と感じてる場合はご検討下さいね。
やった後は皆様喜んでくれます。
下まぶたの皺取る手術よりは、上まぶたのほうがまだ楽ですよ。(励ましになってない⁉︎)

まぶたの二重のラインを用いてたるみを取る方法は、少しぱっちりした目にしたいなど印象を変えたい方にお勧めです。
傷跡が二重のラインで隠れるので、傷跡が心配な方にも良いと思います。

「この年でぱっちり目は、、、」
「印象は変えたくないです。」
と言われる方も意外と多いです
特に男性は目の印象を変えたくない方多い印象です。
二重になってキラキラした目になると困るとか。

そういう方は眉下切開がお勧めです。
眉下切開は外側のたるみも結構とれますよ。
目尻の皺が気になる方にはよいです。
側頭部リフトよりもまずはこっち。

ただ、見える場所に傷跡ができてしまうということが難点ではありますよね。
正直たくさんの皮膚をとりすぎると皮膚に歪みが生じることもあります。
なので、10mm以上取る場合はその点注意が必要です。
でも、意外とたるみが強く沢山取って欲しいという方も多いです。
沢山取ると傷の緊張も強くなるため、気持ち傷の安定化にも時間を要する場合もあります。
その点は主治医と手術前にしっかりと相談しましょう。

傷跡はこのような形です。
結構沢山取った方です。
よく見ると白く見えます。


お化粧をするとほぼわかりません。
光の当たり方によっては気になる方もいるかもしれませんが、時間の経過で薄れていきます。
また馴染ませるために、ニードリングを行なっていくこともお勧めしています。
傷跡の経過も勿論個人差があります。

目のたるみが気になる方、どちらのやり方が悩む方などは
一度ご相談にご来院くださいね。

 


記事を閉じる
ページの先頭へ

サプリ何飲んでいるの?


前回に引き続きサプリのお話・・ 先生今何飲んでいるの?と聞かれると。。 ちょっと前まではエンビロンのACEとミネラル、ビオチン、オメガの4種を飲んでいました。 「オメガ」メーカーからなくなっちゃいましたね。 残念です。 PQQの効果が知りたかったので一旦全てのサプリをやめてPQQのみでしばらく行なっていました。 で、最近日焼けが気になるので、UVlockとビタミンCを追加しています。 つまり。 今現在飲んでいるのは、UVlockとPQQ、時々ビタミンACEです。 UVlock は飲む日焼け止めですね。 これは夏の間だけとりあえず飲もうかな。と どうしても身体に日焼け止めを塗ったり、顔を含め塗り直すというのができなかったりするので。 以前ブログに載せたような不審者紫外線予防もここぞ。でかけるぞ。という日はやっていますが、常にやっているわけではもちろんないです。 そんなに優等生ではいられない。。。 海とか山とか日中の散歩などのイベントにはや [...]

記事を開く

前回に引き続きサプリのお話・・

先生今何飲んでいるの?と聞かれると。。
ちょっと前まではエンビロンのACEとミネラル、ビオチン、オメガの4種を飲んでいました。
「オメガ」メーカーからなくなっちゃいましたね。
残念です。

PQQの効果が知りたかったので一旦全てのサプリをやめてPQQのみでしばらく行なっていました。
で、最近日焼けが気になるので、UVlockとビタミンCを追加しています。
つまり。
今現在飲んでいるのは、UVlockとPQQ、時々ビタミンACEです。



UVlock は飲む日焼け止めですね。
これは夏の間だけとりあえず飲もうかな。と
どうしても身体に日焼け止めを塗ったり、顔を含め塗り直すというのができなかったりするので。
以前ブログに載せたような不審者紫外線予防もここぞ。でかけるぞ。という日はやっていますが、常にやっているわけではもちろんないです。
そんなに優等生ではいられない。。。
海とか山とか日中の散歩などのイベントにはやっています。
でも、ついついそのままおでかけしちゃったり、おしゃれしてる時はつけたくなかったり日によっていろいろありますよね。
そんな我儘な自分のために飲んでいるという形です。

サンソリット(メーカー)は365日、一粒ずつの習慣・・・と言っているので毎日飲んでも、もちろん身体には抗酸化作用など良いことがたくさんあるようです。
もしかしたら飲み続けるかもですが。
ビタミンだけにするかもですが。
また秋頃に判断しようかなと思っています。

もう一つPQQですが。
これは久しぶりにすごいなと思って飲み続けています。
半年続けて飲み続けたものは久しぶりです。
一言でいうと、細胞の延命(若返り)効果ですが、初めは「ほんとに?効くの?」と正直疑ってました。
(メーカーの方すいません)
細胞は再生と修復を繰り返している臓器があるので、わかりやすいものは脳だったり、肝臓だったり卵巣だったりです。
脳は記憶力の向上。
肝臓は、、もちろんあれですね。
卵巣は女性ホルモンを分泌している大事な臓器です。
卵巣が老化すると女性ホルモンが低くなり、生理が止まる。
つまり更年期へ移行していきます。
女性ホルモンが低くなると骨や皮膚にも影響が及びます。
全身の老化に非常に深く関わっています。
もともとは、PQQは不妊治療目的に婦人科が扱うことが多いのですが、トータルアンチエイジングとして当院でも採用しました。

院長の身体の変化としては。。。
もともと健康なので、身体が軽い。とか細かなところはわかりにくいですが。
肝臓も記憶もそんなに悪くないはず・・
わかりやすいものといえば、生理が劇的に変わりました。
もともと2,3日で終了する程度のものが、飲み始めから2週間後に生じた生理はものすごく激しいものがきました。
出産で生理が止まっていて、久しぶりに始まった時にものすごく多くて出血多量で大丈夫か!?と思うほどのものがきました。
おそらく急激に女性ホルモン上昇したことにより体内バランスが崩れたものと思われます。
本気で出血多量でしかも2週間程続いたので、ある意味怖くなって飲むのをやめるかどうか真剣に考えました。
でも飲むのをやめてまた急激にホルモン値の変動がくるのも怖い。。。
ということで恐る恐る飲み続けました。
飲み初めからの2回目の生理も1回目よりはましですがそれなりに荒れてまして、、、
ちーんって横になるほど酷かったです。
しんどかったぁ。。
周りからも飲むのやめたらどうですか?などと言われながらもやめた時のリバウンドが怖い。と飲み続け。。。
3回目には正常に戻りました。
正常に戻りました。とはいえ、若い時と同じ生理に復活しました。
つまり、きっちり7日ほどやってくる。。。
老体に若い時の生理周期って結構辛かったりもしますが、安定化しているので逆にまた飲むのをやめてホルモン値が急激に下がるのも怖い。。ということで飲み続けています。
勿論飲み忘れる日もありますよ。
毎日必ずって訳ではないですが、なるべく忘れないようにしています。

この変化は非常にわかりやすいかったので、メーカーに確認しました。
「確かに、女性ホルモンが上昇した感はあるけど、正直サプリとおもって舐めてました。
こんなに効果があるのであれば、ホルモン治療を行なっている患者さんに使用しても大丈夫か?」

メーカーの答えは 「使用を控えてください。」とのことでした。
乳癌などでホルモン療法をされている方は内服は控えた方が良いとのことです。
サプリとはいえ内服薬レベルの注意事項。
なかなかですね。

もちろんサプリは個人によって反応も異なるので、全員に激しい効果が出現するわけではないと思います。
あくまでも自分の細胞の若返り作用です。
再生医療もそうですが、効果には個人差がありますよ。

また、自分に何が必要か不安がある方などは一度ご相談くださいね。
 


記事を閉じる
ページの先頭へ

サプリメント何飲む?


お肌にはビタミン・・・ 最近ではよく聞くようになってきました。 肌から入れるものも多くありますが、今回は内服のお話し。。。 さて 「飲み薬系は飲んだ方が良いですか?」 「サプリメントは何が良いですか?」 「このサプリメントはどう思いますか?」 などサプリに関するお悩みもよく聞きます。 正直サプリはその時その時自分に必要なものを選択するのが一番なので、人それぞれで良いし、途中で変わることもあると思います。 ビタミン系のサプリは、主に疲労回復効果やニキビ、美白などを目的にビタミンB群やCなどを摂取することが多いですよね。 この辺りだと薬局で購入可能です。 ただ、入っている濃度や鮮度については良くわかりません。 信じて、自分の身体に起こる変化を見てみましょう。 それに飲み飽きてくると、もっとマニアックな物が良くなる人もいると思います。 そういうのは医療機関で手に入れましょう。 自分がどうしたいのか、なにが [...]

記事を開く

お肌にはビタミン・・・
最近ではよく聞くようになってきました。
肌から入れるものも多くありますが、今回は内服のお話し。。。
さて
「飲み薬系は飲んだ方が良いですか?」
「サプリメントは何が良いですか?」
「このサプリメントはどう思いますか?」
などサプリに関するお悩みもよく聞きます。

正直サプリはその時その時自分に必要なものを選択するのが一番なので、人それぞれで良いし、途中で変わることもあると思います。
ビタミン系のサプリは、主に疲労回復効果やニキビ、美白などを目的にビタミンB群やCなどを摂取することが多いですよね。
この辺りだと薬局で購入可能です。
ただ、入っている濃度や鮮度については良くわかりません。
信じて、自分の身体に起こる変化を見てみましょう。

それに飲み飽きてくると、もっとマニアックな物が良くなる人もいると思います。
そういうのは医療機関で手に入れましょう。
自分がどうしたいのか、なにが足りないのか、健康状態はどうなのか?など総合的に考えて決定されるのが良いですよね。
ただ、あくまでもサプリなので特効薬ではないので、自分のサポートと考え、本来必要な栄養や処置などはまた別に相談しましょう。

時々、「採血してもらって必要なものを補ってください」
と言われる方がいます。。
もちろん採血して、電解質やミネラル、ホルモン値その他色々な情報が取得可能です。
ただ、ほとんどの人が正常範囲内に値があります。
例えば、鉄が低くても貧血がなければ鉄剤を摂る必要が必ずあるわけではないですし、具体的にこれだけを入れるというピンポイント点滴・内服などはあまり行われていません。

ただ、ホルモン治療やAGAの内服などを行なっている方などはちゃんと定期的にホルモン値や肝機能の値などを計測することをお勧めします。
FTM、やMTFの方などももちろんです。
まぁ、これはサプリではなく、内服薬ですので薬ですね。

つまり、自分に足りないものは何かなとか、ここが不安だよ。という点を補うためにサプリがあると思われると良いと思います。
ミネラルだったり、ビタミンだったり、オメガだったり具体的な栄養を補うものもあれば。
PQQや飲む日やけなど総合的な物を補うというものもあります。
日常生活でどのあたりが不安ですとお伝えしていただけると一緒に相談していけます。
もちろん
とりあえず何飲めば良い?
とか
先生何飲んでいるの?でもOKです

では次号で私の飲んでいるサプリを紹介しておきます。





 


記事を閉じる
ページの先頭へ

16~18件目 (361件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.