ブログ

1~3件目 (4件中)
rss

まぶたのたるみっ 治療もいろいろ


上まぶたのたるみ。。 ある程度の歳になると避けられない現実です。 最近ではアイプチやアイテープをしすぎて、若いのにまぶたの皮膚だけ伸びてしまっている方もいますよね。 治療方法としては、いろいろありますが、院長は顔に関しては、フェイスリフトなどの手術による方法よりも、再生医療で自分自身の皮膚を若返らせる方法が好きですが、目に関しては手術で改善するのが一番すっきりして好きです。 ですが、なかなか手術思いきれないのもわかりますっ。 HIFUなどのたるみとり治療器にて上眼瞼のたるみがとれるのか。 という点については、多少は目が開きやすくなると思いますが、かぶさっている皮膚がなくなるほどの強いたるみ改善は困難です。 この点は、ニードリングについても同じですが、ニードリングはおでこからまぶたにかけて皮膚が引き締まるのでHIFUよりは改善度が高い印象はあります。 気持ち目が開きやすくなれば良いかな。という人であれば [...]

記事を開く

上まぶたのたるみ。。
ある程度の歳になると避けられない現実です。
最近ではアイプチやアイテープをしすぎて、若いのにまぶたの皮膚だけ伸びてしまっている方もいますよね。

治療方法としては、いろいろありますが、院長は顔に関しては、フェイスリフトなどの手術による方法よりも、再生医療で自分自身の皮膚を若返らせる方法が好きですが、目に関しては手術で改善するのが一番すっきりして好きです。
ですが、なかなか手術思いきれないのもわかりますっ。

HIFUなどのたるみとり治療器にて上眼瞼のたるみがとれるのか。
という点については、多少は目が開きやすくなると思いますが、かぶさっている皮膚がなくなるほどの強いたるみ改善は困難です。
この点は、ニードリングについても同じですが、ニードリングはおでこからまぶたにかけて皮膚が引き締まるのでHIFUよりは改善度が高い印象はあります。
気持ち目が開きやすくなれば良いかな。という人であれば良いかもしれません。

埋没法・新埋没法



糸で止める方法は、たるみが軽度の場合は効果的です。
高めの位置に糸で止めることによって、上から垂れてくる皮膚をせき止める。というイメージです。
ただ、あまりにも高い位置にすると不自然かつ、目を開けるのが重くなるのでオススメはできません。
埋没法でまつ毛から10mm、新埋没法で13mm程が限界かと。。。
それ以上になると、不自然さや取れやすさが出てくると思います。

眉毛下皮膚切除



眉毛の下の皮膚を切除します。
目と眉毛の間の距離が少し狭まる効果もあり、目元がすっきりとした印象となります。
傷跡が表に見えてしまう不安があるとは思いますが、しばらくするとほとんど分からなくなります。
​最近若い方も増えていますが、基本的には目尻側のたるみが強い方にオススメの方法です。
目尻側に垂れ下がった皮膚が引きあがりますので目尻のシワ改善にも効果的です。
目元の印象を変えたくない人にもこちらがお勧めです。

全切開



こちらは二重を作る全切開に皮膚切除を沢山行う方法です。
二重の形も調整したい方などはこちらがオススメです。
外側の皮膚のたるみを沢山取りたい場合は、切開が外側に伸びてしまうのであまり沢山は取れません。
傷跡を二重のラインに揃えたい方や、二重を変えて印象を変えたい方などにはこちらがオススメです。


目のくぼみに対しても、
皮膚のたるみが改善すると改善します。
ただ、目を開ける力が不足している方は、内部の筋肉も引き締めて中も外も引き締めてあげることが重要です。
その場合は、新埋没や、全切開+挙筋短縮がオススメです。
目の大きさを変えたくない場合は、くぼんだところにPRPニューリバイブジータがオススメです。
ヒアルロン酸も良いのですが、あまり入れると目が重たくなったりしますので院長はPRPが好きです。

いろいろありすぎて・・・私の目で最適な方法って何?
と思う方、一度カウンセリングにご来院くださいね。


記事を閉じる
ページの先頭へ

ヒアルロン酸の種類もいろいろですよ


当院、再生医療のPRPやニードリングが有名になっているので、時々ヒアルロン酸ってやってます? と、聞かれることがあります。 もちろんありますよ。 ただ、ほうれい線や、目の下、頬骨などには、ほぼPRPを使用する方が多いです。(もちろん本人の希望次第です) 目袋や鼻、顎、唇、前額部などの形を作るためにヒアルロン酸を使っています。 ヒアルロン酸の種類は以前第6とも第7世代とも言われてましたが、現在はどうなっているんでしょう。 とにかく種類も豊富で新しいものもよくでます。 1年前に当院で揃えていたヒアルロン酸 これ全部違う種類です。 あまりにも種類が多く、スタッフでさえ院長がどれを選択するのかわからないというマニアックな状況になっていました。 選択としては、患者様の皮膚の厚みや性状、どの部位をどのように改善したいのかによって決定していました。 皮膚が薄い人が、粒子が大きいタイプを入れると浮いて見えてしまっ [...]

記事を開く

当院、再生医療のPRPやニードリングが有名になっているので、時々ヒアルロン酸ってやってます?
と、聞かれることがあります。
もちろんありますよ。

ただ、ほうれい線や、目の下、頬骨などには、ほぼPRPを使用する方が多いです。(もちろん本人の希望次第です)
目袋や鼻、顎、唇、前額部などの形を作るためにヒアルロン酸を使っています。

ヒアルロン酸の種類は以前第6とも第7世代とも言われてましたが、現在はどうなっているんでしょう。
とにかく種類も豊富で新しいものもよくでます。
1年前に当院で揃えていたヒアルロン酸



これ全部違う種類です。
あまりにも種類が多く、スタッフでさえ院長がどれを選択するのかわからないというマニアックな状況になっていました。
選択としては、患者様の皮膚の厚みや性状、どの部位をどのように改善したいのかによって決定していました。
皮膚が薄い人が、粒子が大きいタイプを入れると浮いて見えてしまったり違和感が強くなるので、その場合は、粒子の細かいものを選択する。
または、ナチュラル派ではなく、がっつりと修復したい人にはある程度粒子の大きい・硬いものを選択する。
目袋や鼻、唇などはナチュラル系がよいのかガッツリ系が良いのか選択してもらっています。
という形で、その人その人のニーズと肌にあわせたヒアルロン酸を選択します。

最近、このアラガン社のジュビダームビスタバイクロスシリーズがでてからは、これを中心に行う方向にしてます。



ボリューマ、ボリフト、ボルベラ があれば大体のニーズに適応できます。
何が違うかというと、今まではヒアルロン酸粒子の大きさが異なっていたりしたのですが、これは粒子の大きさは全て一緒。
結合の違いで、硬さが調節されています。
つまり、ヒアルロン酸粒子たちが沢山手をつないでいると硬い。
一つ一つが自由だと柔らかい。という形です。

今までは、粒子の細かいものを入れると仕上がりは綺麗だけど、吸収が早かったんです。
これが一番の悩みで、ベロテロソフトはすごく柔らかく使用感も良かったのですが、なにせ吸収が早かったです。
このシリーズはボリフトでほぼ全ての領域をカバーできますが、柔らかくて使用感も良いのに1年〜1年半ももつ。
それってやはり重要ですよね。
鼻や顎、前額部に入れるボリューマは2年程もちます。
最近鼻に入れているヒアルロン酸を唇に入れたいという要望が多いです。
初めは抵抗があったのですが意外と使うと皆様に喜ばれております。
でも普通は唇には柔らかいタイプをいれないとダメです。
ヒアルロン酸は全て同じではないのでご注意を。
最近唇。。なぜかすごい人気です。
流行ってます?

どれも使用感は良いです。
注入した直後はなじみがよく、3日ほど経つとしっかりと組織と一体化します。

ただ、すごく硬いタイプはまだないので鼻用のクレビエルや目袋用のテオシアルはまだ必要ですね。
今後開発されて硬いタイプもでる予定だそうです。

常に進化を続けるヒアルロン酸・・
来年はまた違うこと言っているかもしれませんね。
 


記事を閉じる
ページの先頭へ

次世代の究極育毛ローション誕生!!


薄毛治療は、種類が豊富ですが日々良いものがないか情報を集めております。 血流を増加させるミノキシジルは、薄毛治療には非常に効果的ですが、内服、育毛剤、注射と様々な方法があります。 今回は、育毛剤が進化しましたので新しく採用しました。 Velartis (ヴェラルティス)という製品です。(すごいかっこいい名前ですね。) ヴェラルティスの成分と効能はこうです! ミノキシジルとその他の成分4つの力で頭皮と毛髪を刺激します。 ・アデノシン…発毛促進因子を産生し発毛を促進 ・ミノキシジル…毛周期における成長期を延長する ・プロシアニジンB2…髪そのものを太く濃く(細胞増殖能力アップ) ・プロキャピル…頭皮の血流を増加 アデノシンやミノキシジルはよく聞きますし、現在扱っている育毛剤の中にも入っています。 効果はもちろん良好ですよね。 学会でもお墨付きです。 プロシアニジンは、 ポリフェノールの一種で、抗 [...]

記事を開く

薄毛治療は、種類が豊富ですが日々良いものがないか情報を集めております。

血流を増加させるミノキシジルは、薄毛治療には非常に効果的ですが、内服、育毛剤、注射と様々な方法があります。
今回は、育毛剤が進化しましたので新しく採用しました。



Velartis (ヴェラルティス)という製品です。(すごいかっこいい名前ですね。)

ヴェラルティスの成分と効能はこうです!
ミノキシジルとその他の成分4つの力で頭皮と毛髪を刺激します。

アデノシン…発毛促進因子を産生し発毛を促進
ミノキシジル…毛周期における成長期を延長する
プロシアニジンB2…髪そのものを太く濃く(細胞増殖能力アップ)
プロキャピル…頭皮の血流を増加

アデノシンやミノキシジルはよく聞きますし、現在扱っている育毛剤の中にも入っています。
効果はもちろん良好ですよね。
学会でもお墨付きです。

プロシアニジンは、
ポリフェノールの一種で、抗酸化作用が高く、美白(シミ・シワ予防)、 育毛、アンチエイジングなどの美容効果や、動脈硬化など生活習慣病の予防、脂肪燃焼といったダイエット・健康効果が期待できる注目の成分です。髪に対しては、細胞の増殖速度が増加し、毛母細胞の分裂を促進しヘアサイクルを正常化してくれる。
ということです。
とにかく身体にものすごく良い成分のようです。


プロキャピルは、
今までにない次世代成分と言われ、次世代の毛髪治療で大変注目されています。
3つの成分からなり
・オレアノール酸・・AGAの原因となる5αリダクターゼを阻害
・ビオチノイルトリペプチド・・ビタミンB群の一種で毛母細胞を活性化
・アピゲニン・・頭皮・血管の柔軟性を高める
と、、髪に良いことが。

プロキャピル単独の製品もあるようですが、それとミノキシジルが組み合わされば最強タッグですね。

また、頭皮浸透性第一主義を掲げており、
次世代技術リポソーム採用です。
なんのこっちゃ?ですよね。
リポソーム技術とは、
自然な皮膚にあるラメラ構造とよく似た組織で、有効成分をカプセル化することで、表皮の角質層を通過して皮膚のより深い層に浸透することが可能となりました。
また、リポソームに包まれた各成分は少しずつ時間差で浸透していくため、持続性に優れた効果がより引き出されます。

さらに、もちろん頭皮に優しい処方となっており、かゆみの原因となるプロピレングリコール(PG)未配合のため、敏感はあの頭皮にも優しい仕様となっています。

当院では15%を取り扱おうと思います。
医療機関専売品であり、品質も問題ありません。

現在デュアルゲンを使用している方も、スムーズに移行できるように料金は同一とさせていただいています。
カウンセリング希望の場合は、受付までお伝えくださいね。


記事を閉じる
ページの先頭へ

1~3件目 (4件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.