1~3件目 (15件中)
rss

目の下たるみとりの手術!?


マスクが当たり前な日常ですが、、意外と皆様が気にされているのが 目の下のくま、たるみ。 マスクをしていると、目の周りに視線が集中するので気になるとのこと。 目の下のたるみやクマには、いろいろと治療方法がありますが、今回は手術について簡単にお話ししますね。 まず、、、 目の下のボコッとした膨らみ。 それが何かと言いますと。 眼窩脂肪、つまり脂肪です。 眼窩脂肪とは、目玉を守るために目を取り囲むように存在している脂肪です。 これがあるので、目に衝撃があっても極力目に何もないようにクッションのような役割をしてくれています。 目の下のはりがなくなり、弛んでくると重力には逆らえず、目の下に膨らんで突出した状態になってしまいます。 また、目の下にはリガメントという骨と皮膚を繋ぐ組織があるのでそこがハンモックのようになって凹みながら、上が膨らむ。という構造になります。 手術としては、原則的にはその垂れて突 [...]

記事を開く

マスクが当たり前な日常ですが、、意外と皆様が気にされているのが
目の下のくま、たるみ。
マスクをしていると、目の周りに視線が集中するので気になるとのこと。

目の下のたるみやクマには、いろいろと治療方法がありますが、今回は手術について簡単にお話ししますね。

まず、、、
目の下のボコッとした膨らみ。
それが何かと言いますと。
眼窩脂肪、つまり脂肪です。
眼窩脂肪とは、目玉を守るために目を取り囲むように存在している脂肪です。
これがあるので、目に衝撃があっても極力目に何もないようにクッションのような役割をしてくれています。
目の下のはりがなくなり、弛んでくると重力には逆らえず、目の下に膨らんで突出した状態になってしまいます。

また、目の下にはリガメントという骨と皮膚を繋ぐ組織があるのでそこがハンモックのようになって凹みながら、上が膨らむ。という構造になります。

手術としては、原則的にはその垂れて突出した眼窩脂肪を取り除いたり、位置をずらすということを行う処置です。

方法としては2種類あります。



一つは、
 経結膜脂肪除去 
 これはあかんべーをした時に見える赤いところ(結膜)を切って中の脂肪を除去します。
 皮膚表面には全く傷がつかないのでそれが利点ではあります。
 若い方や、あまり皮膚のたるみが強くない方にはこちらがお勧めです。
 皮膚のたるみが強い方が結膜側から脂肪だけ取ると皮膚側のシワが増えるリスクがあるので、皮膚のたるみが強い方は、皮膚から行う方法が良いです。

 経皮的除皺術
 
こちらは目のキワの皮膚側に切開を入れてアプローチします。
 まつ毛の下側を切るイメージです。

 こちらの方法では色々と手技を追加していきます。
 まずは脂肪の除去。 
 ただ年齢的には脂肪が減っている方の方が多いので、除去は最小限として、逆に凹んだ部位に移動させて凹凸を調整します。
  取りすぎると疲れた印象になるので要注意です。
 その後緩んだ隔膜を骨に固定し、縦方向のハリを作り出します。
  その後眼輪筋という目の周りに存在している筋肉を外側の骨膜に吊り上げる形で縫合固定します。
 それによって横方向の緊張を作ります。
 そして皮膚を少量切除して縫合固定です。
 皮膚はたくさん取ってほしいと皆様希望されますが、実際は、口を大きく開けてつっぱらない程度に留めておかなければバランスが崩れます。
 皮膚を切除するというよりも、内部を再構築することが重要です。
 
 
 この時点で???な方多いかもです。
 つまり、経皮的処置の場合は、縦と横にハリを作る処置を追加するわけです。
 そうしないとまたたるんででてきちゃいますからね。
  
 なので、実はいろいろなことを細かく行っている処置なので、
 「内出血なしでお願いします。」
 はほぼ無理です。
 1週間は気合と、開き直りでお願いします。と、皆様にお伝えしています。

 もちろん手術まではちょっと。。。
と思われる方は、PRPζ もお勧めです。
 
 自分にはどんな処置がむいているのか??
 悩まれている方、一度カウンセリングにご来院くださいね
 
 
 

 


記事を閉じる
ページの先頭へ

下まつげが刺さって困っている方へ


二重の手術は一般的にもすごく受け入れられていますが。。 意外と下まつ毛については、治せるという事を知らずに毛を抜いて過ごしている方がいらっしゃいます。 実際は手術によって改善が可能です。 もちろん再発のリスクなどもありますが。。。 行える年齢についても通常は局所麻酔で行いますので麻酔が我慢できる年齢になれば可能です。 一般的には下まぶたの処置のみで改善することが多いです。 しかし、内側がすごく拘縮している方については目頭切開をお薦めしたりもしています。 写真使わせてもらってありがとう!! 術前 このように瞼が完全に内側に向いている方、、、意外といます? 術直後 ダウンタイムは正直あります。 画像怖い方ごめんなさい。 手術したって感じはわかるため、1週間は我慢です。 術後 まつげが外に向いております。 もちろん傷跡もほとんどわかりません。 まつ毛が目に刺さるとかなり不快に感じると思いま [...]

記事を開く

二重の手術は一般的にもすごく受け入れられていますが。。
意外と下まつ毛については、治せるという事を知らずに毛を抜いて過ごしている方がいらっしゃいます。

実際は手術によって改善が可能です。
もちろん再発のリスクなどもありますが。。。
行える年齢についても通常は局所麻酔で行いますので麻酔が我慢できる年齢になれば可能です。

一般的には下まぶたの処置のみで改善することが多いです。
しかし、内側がすごく拘縮している方については目頭切開をお薦めしたりもしています。

写真使わせてもらってありがとう!!



術前
このように瞼が完全に内側に向いている方、、、意外といます?



術直後
ダウンタイムは正直あります。
画像怖い方ごめんなさい。
手術したって感じはわかるため、1週間は我慢です。



術後
まつげが外に向いております。
もちろん傷跡もほとんどわかりません。

まつ毛が目に刺さるとかなり不快に感じると思います。
角膜に傷がついてしまって、、、と悩んでいる方。
下まつ毛を治した後に、二重を楽しんだり、目頭や目尻切開をする方もいらっしゃいます。
麻酔は少し痛いですが、気になるところがあればご相談くださいね。

 


記事を閉じる
ページの先頭へ

マスクだからこそ感じる目のたるみ


マスクから見えている部分が非常に気になる今日この頃ですよね。 特に目!! 眉間や目尻もそうですが、目のたるみが気になる方も多いのでは。 相談増えてます。 アイラインをひいても見えない。。。 アイシャドウがいつのまにかよれて取れている。。。 なんだか瞼が重い。。。 二重だけど皮膚が被って幅が狭い。。。 目のラインがおかしい。 などなど、いろいろ思うところがあるとは思いますが大体は皮膚のたるみが原因のことが多いです。 もともと二重の人。 糸や切開で二重にした人。 両方に確実に襲ってくる、老化という皮膚のたるみ。。。 その場合は、本来は皮膚を少しとってあげるとすごく目がスッキリします。 どうしても切開が嫌な人は、新埋没などで皮膚のたるみを堰き止めることもできますよ。 でも重症の方は切開がやっぱりお勧めです。 切開の方法としては、外側のたるみが強い人や外観をあまり変えずにたるみを取りたい等は 眉毛下皮膚 [...]

記事を開く

マスクから見えている部分が非常に気になる今日この頃ですよね。
特に目!!
眉間や目尻もそうですが、目のたるみが気になる方も多いのでは。
相談増えてます。

アイラインをひいても見えない。。。
アイシャドウがいつのまにかよれて取れている。。。
なんだか瞼が重い。。。
二重だけど皮膚が被って幅が狭い。。。
目のラインがおかしい。

などなど、いろいろ思うところがあるとは思いますが大体は皮膚のたるみが原因のことが多いです。
もともと二重の人。
糸や切開で二重にした人。
両方に確実に襲ってくる、老化という皮膚のたるみ。。。
その場合は、本来は皮膚を少しとってあげるとすごく目がスッキリします。
どうしても切開が嫌な人は、新埋没などで皮膚のたるみを堰き止めることもできますよ。
でも重症の方は切開がやっぱりお勧めです。

切開の方法としては、外側のたるみが強い人や外観をあまり変えずにたるみを取りたい等は
眉毛下皮膚切除がお勧めです。
眉毛の下から皮膚を切除します。
傷跡は眉毛の下端につくので、ほとんどわからなくなります。
目尻よりも外側にわたって皮膚がとれるので、目尻の皺や外側のたるみが強い方には特にお勧めです。
外観があまり変わらず目だけ軽くなるので自然な感じがお好みの方にもお勧めです。


もう一つは二重のラインから皮膚を取ってスッキリさせる方法です。
全切開法ですね。
二重のラインをととのえることができます。
全切開の自然、不自然さを心配されている方もいますが、全切開だからと言って不自然になるわけではありません。
ただ、人によって、年齢によってラインの縫合の方法を変える必要があります。
みんな同じ方法ではないので、若い人とある程度の年齢の方の方法は同じではないです。
また、同じ年齢でもそれぞれ特徴が異なります。
なぜか?
目の開き方の力が人によって異なることと、組織量の違いや、組織自体の厚みが違うからです。
歳をとると一般的に弱く、少なく、薄くなります。
その辺りは本当に人によって異なるのでその人に合った形でのライン作成が必要です。

それでは、例を示すと・・
全切開です。皮膚のたるみ のみ切除
脂肪や筋肉には触らずです。



before   もちろん二重ですが、外側を中心にたるみが強くでています。
アイシャドウも寄れて消えちゃいますし、ラインも見えません。
下手するとアイラインが折れ曲がったまぶたにつくなど。
開ける時もなんだか重い感じがします。



after  大きな変化とはいえませんがラインがすっきりしました。
不自然さも特にないかと。
目を開く際に軽くなるので爽快感があります。

マスクをしているとついつい目が気になりますよね。
人からどう見えるかも大事ですが、自分自身目が開きやすくなると気持ちが明るくなりますよ。
「やってよかった」と言ってもらえることが多いです。

少し勇気を出して、気になる方はご相談を
 
 
 
 
 



記事を閉じる
ページの先頭へ

1~3件目 (15件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.