ブログ

1~2件目 (2件中)
rss

鼻は奥が深いのです


「目は書いてくれるのに鼻は??」  と思われている方多いでしょうか。 鼻はなかなか奥が深いので書きにくいのです。。。 主張がしっかりしているタイプはまだ良いのです。 「鼻を高くしたい」 「小鼻・鼻の穴を小さくしたい」 「鼻先をスッキリさせたい」 「鼻先をこんな形で高くしたい」 「ここのでっぱった骨を削ってほしい」 など、具体的にどうしたいかを述べられる方はその希望にあった方法を説明し、一緒に相談していく形となります。 ただ、漠然とした訴えの場合が難しい。 「とにかく、この鼻が嫌いなんです」 「女(男)の子らしい鼻にしてほしい」 「鼻の存在を消してほしい」 「なんか鼻がぼてってしてませんか?」 など、印象を直接伝えてくる方もいます。 こういう場合は、実際にどうすれば自分の鼻を好きになれるのか、コンプレックスが消えるのかを噛み砕いて理解していく必要があります。 そういう方に限って、「先生のいい感じに [...]

記事を開く

「目は書いてくれるのに鼻は??」
 と思われている方多いでしょうか。
鼻はなかなか奥が深いので書きにくいのです。。。

主張がしっかりしているタイプはまだ良いのです。
「鼻を高くしたい」
「小鼻・鼻の穴を小さくしたい」
「鼻先をスッキリさせたい」
「鼻先をこんな形で高くしたい」
「ここのでっぱった骨を削ってほしい」
など、具体的にどうしたいかを述べられる方はその希望にあった方法を説明し、一緒に相談していく形となります。

ただ、漠然とした訴えの場合が難しい。
「とにかく、この鼻が嫌いなんです」
「女(男)の子らしい鼻にしてほしい」
「鼻の存在を消してほしい」
「なんか鼻がぼてってしてませんか?」
など、印象を直接伝えてくる方もいます。

こういう場合は、実際にどうすれば自分の鼻を好きになれるのか、コンプレックスが消えるのかを噛み砕いて理解していく必要があります。
そういう方に限って、「先生のいい感じにしてくれれば良いです。」とおっしゃってくださる方が多いのですが、鼻で悩んでいる方はちゃんと相談して決めないと満足感が足りない可能性があります。
なんとなく嫌という感情を、好きにするのはなかなか難しいので人任せではダメです。

本当に鼻自体を変えるためには、骨きりや鼻中隔延長、鼻尖形成、隆鼻、鼻翼縮小などを組み合わせて行うことも可能ですが、本当にそこまでしなければいけないのか?
どこをどう改善させると前向きになれるのか。など慎重なカウンセリングが必要です。

そのため、鼻の手術はカウンセリングと同日手術は行なっていません。
十分なカウンセリングを行なったのちに、手術を決定していくことをオススメしています。
ヒアルロン酸隆鼻は、カウンセリングと同日でも大丈夫ですよ。
手術はちゃんと考えて、決断して決めましょう!


記事を閉じる
ページの先頭へ

全切開の二重は一度切れば終わり? 


よく聞かれる質問の中に、 「全切開って一度切れば気に入らなくても終わりですよね?」 「もう修正もできなければ2度と切れない?」 などの質問を受けます。 何情報?と聞くと だいたいネットからなのですが。。。 との反応 意外と多い質問です。 結論的には、何回でも切ることができますし、修正もできます。 ただ、目の中に余計な瘢痕(傷跡)をつけないように慎重な手術を受けた場合です。 まぶたがカチカチになっている方や、皮膚にゆとりがないほど切除を受けている方などは修正がとても難しくなります。 前回の項でお話ししたように全切開のやり方はいろいろ段階があります。 自然なラインが良いのか、強く引き込まれるのが良いのかなどで方法を変える必要があります。 一人一人の目の解剖や組織量も違うので、少しずつ手術方法を変える必要もあります。 ほとんどの方が、一度で十分です。 ただ、3~5%の人が一筋縄ではいかない人たちがいます。  [...]

記事を開く

よく聞かれる質問の中に、
「全切開って一度切れば気に入らなくても終わりですよね?」
「もう修正もできなければ2度と切れない?」
などの質問を受けます。
何情報?と聞くと
だいたいネットからなのですが。。。 との反応
意外と多い質問です。

結論的には、何回でも切ることができますし、修正もできます。
ただ、目の中に余計な瘢痕(傷跡)をつけないように慎重な手術を受けた場合です。
まぶたがカチカチになっている方や、皮膚にゆとりがないほど切除を受けている方などは修正がとても難しくなります。

前回の項でお話ししたように全切開のやり方はいろいろ段階があります。
自然なラインが良いのか、強く引き込まれるのが良いのかなどで方法を変える必要があります。
一人一人の目の解剖や組織量も違うので、少しずつ手術方法を変える必要もあります。

ほとんどの方が、一度で十分です。
ただ、3~5%の人が一筋縄ではいかない人たちがいます。
特に、何度も手術歴のある他院修正や埋没では歯が立たなかった経歴をお持ちの方、組織がものすごく多い方、自分の二重のラインがすごく強いのにさらに太いラインが欲しい。などの方はなかなかです。
目の状態を見ながら何回か修正を行う必要がある方もいます。
でも、私のやり方だと、何回でも安心して切れます。
(いや、、誰も何回も切りたくないのは分かってます。(>人<;))

もちろん10代や20代に全切開の手術を受けても、また40過ぎて来た頃には皮膚がたるんでくるので、綺麗な二重でいたい場合は、たるんだ皮膚の切除を行ったり、目を開ける力が年齢と共に衰えてきたら目を開く強化術を行うなど、将来的には再び手術が必要な方もいるかと思います。

例えばですが。。。
元の目



まぶたが非常に厚いため、全切開を希望されました。
初めはごく自然なラインで。とのことでlevel I 希望です。

 術直後  



目を力んで開けなければ二重のラインが入らない。とのことで、目の筋肉の強化を行いました。
ラインはごく自然なままで目力をつけたいとのご希望です。



目は大きくなりましたが、やはり、ラインが薄い。
しっかりめにラインをつけてほしいとのことより少し組織切除を追加しました。

 術直後



level I の術後と、最後の術後だと引き込まれている感じが異なっているのがわかると思うのですが、何が違うかというと、引き込む力自体も増したのですが、脂肪を含めた余分な組織を除去し、二重のラインが引き込まれやすくなるよう調整しています。
同じ目でもほんの少し手術操作を加えるだけでラインが異なってきます。
この症例でも、本当に少量の組織除去にとどめています。
もっとたくさん組織を取るとどうなるの?というと、もっとラインのくぼみが強調されます。
「全切開では整形したっ!!て目になりますよね?」とよく聞かれます。
くぼみが強い目の症例をネットで見ているのだと思います。
全切開が整形目になるのではありません。
どういう風に手術を受けるか、どのラインにするかで目の印象を変えることができます。

3回も切ることになった患者様は本当に稀です。
初めから3回目の手術を受けておけばよかったのでは?
と思われる方もいるかとは思いますが・・
ほとんどの方は組織除去を行わなくても、一番目の手術で綺麗なラインとなります。
稀に手強いまぶたの方がいらっしゃいます。
手術直後の段階ではなかなか判断がつきにくいです。
まぶたの中の組織をできるだけ傷つけたくないので、状態を段階的におって手術をする形となりました。
初めからガッツリ好きな人は、初めから3回目の手術を1回目に受けるでも良いと思います。

この患者様も、将来困ることが全くないよう目の中の瘢痕は最小限に留めていますので希望があれば今後も何回でも手術は施行可能です。
10年後でも20年後でも希望(必要)があれば綺麗なラインにできますので、人生楽しんでくださいね。
いつまでも応援していますよー
 




記事を閉じる
ページの先頭へ

1~2件目 (2件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.