バスト

1~3件目 (13件中)
rss

豊胸インプラント  Motiva Ergonomix 2開始


前回お話ししました Motiva Ergonomix II (2)  日本で使用可能になりました。 1と比べて何が違うというと・・・ 一言で言うと 「より柔らかく」なりました。 流動性が向上したので柔らかく身体の動きに合わせてより自然なインプラントの形状変化が期待できます。 簡単に言うと、立つと少し下がった感じや、寝転がると外に広がる感じなど自然な胸の形に馴染んで一緒に動いてくれます。 硬いインプラントだと横になると、インプラントだけが立ち上がっていて不自然ですが、そういった違和感が非常に改善されています。 イメージ伝わったかな? でも安全性も向上しているので、もしも破損があっても漏れ出すリスクも抑えられているとのことです。 形もぽよってしていてとても可愛らしいです。 なので、豊胸希望のに人には今後Motiva希望の人にはこれが良いかなと思います。 もちろん当院は国に認可されている豊胸認定施設・認定医ですので、保険適応のイン [...]

記事を開く

前回お話ししました Motiva Ergonomix II (2)
 日本で使用可能になりました。

1と比べて何が違うというと・・・
一言で言うと 「より柔らかく」なりました。
流動性が向上したので柔らかく身体の動きに合わせてより自然なインプラントの形状変化が期待できます。
簡単に言うと、立つと少し下がった感じや、寝転がると外に広がる感じなど自然な胸の形に馴染んで一緒に動いてくれます。
硬いインプラントだと横になると、インプラントだけが立ち上がっていて不自然ですが、そういった違和感が非常に改善されています。
イメージ伝わったかな?
でも安全性も向上しているので、もしも破損があっても漏れ出すリスクも抑えられているとのことです。
形もぽよってしていてとても可愛らしいです。



なので、豊胸希望のに人には今後Motiva希望の人にはこれが良いかなと思います。
もちろん当院は国に認可されている豊胸認定施設・認定医ですので、保険適応のインプラントもすべて豊胸に使用することが可能です。
選択肢が広がりすぎて迷われる方もいるとは思いますが、主治医と相談して利点・欠点などを聞くと良いと思いますよ。

また、乳癌の再建にはMotiva Ergonomix2は使用できません。
保険適応(国に認可されているインプラント)の中から選んでくださいね。
それでも十分種類も多いですし、選択肢も広がっています。
組織拡張機でイメージを掴みながら、主治医と一緒に相談して決めると良いと思います。  

  


10年後にはさらに進化したインプラントができているのかな?
何もなければ10年経っても、入れ替える必要はないのですが、10年経つとより良いインプラントが期待されます。
痩せたり太ったり、歳を取って皮膚が薄くなったり、などいろいろとあるのである程度のメンテナンスは頭に入れておきましょう。
(正直最近、20年30年前の豊胸の方が急に相談に来られたりなども多いです。結構診察受けたことがない方多数です。気をつけましょう)
最近患者さんに、「先生ちゃんと10年後も絶対やめないでくださいよ。」と念押しされます。
「安心してください。10年後も大丈夫ですよ。」と笑顔でお答えしています。
が、未来のことは誰にもわからないですが。。

健康管理気をつけますので、皆様もきちんと乳癌検診もいく。
1、2年に一度はインプラント専門医の診察を受ける。
など心がけてくださいね。

皆ちゃんとHappy に10年後、20年後が迎えられるように!
みんなで頑張っていきましょう。
いつも応援しています。



 


記事を閉じる
ページの先頭へ

胸インプラント カプセル拘縮とは!?


胸に挿入されたインプラントって実際どうなっているのか!? 皆様気になりますよね。 そもそも人工物を身体に入れること自体「??」だらけだと思います。 人工物が挿入されると、身体はその人工物を自分の組織で覆うという防御反応が起こります。 覆うことで自分の組織と一体化させようとしているのか? 諸説ありますが、、 これはもちろん鼻のインプラントとかにも起こります。 異物に対する生体反応です。 その異物を覆う自分の生体膜を「被膜」とか「カプセル」と言います。 その被膜つまりカプセルが拘縮する。 つまり硬くなったり、石灰化してしまうというリスクがあります。 これは長期間入れているから生じると決まっているわけではなく、起こる時には起こっちゃいます。 確かに、長期間入れている方が石灰化リスクは上がるような気もしますが。 石灰化とは、カプセルが固くなり実際セメントを薄くしたようなものがカプセルに沈着する現象です。  [...]

記事を開く

胸に挿入されたインプラントって実際どうなっているのか!?
皆様気になりますよね。
そもそも人工物を身体に入れること自体「??」だらけだと思います。
人工物が挿入されると、身体はその人工物を自分の組織で覆うという防御反応が起こります。
覆うことで自分の組織と一体化させようとしているのか?
諸説ありますが、、
これはもちろん鼻のインプラントとかにも起こります。
異物に対する生体反応です。
その異物を覆う自分の生体膜を「被膜」とか「カプセル」と言います。

その被膜つまりカプセルが拘縮する。
つまり硬くなったり、石灰化してしまうというリスクがあります。
これは長期間入れているから生じると決まっているわけではなく、起こる時には起こっちゃいます。
確かに、長期間入れている方が石灰化リスクは上がるような気もしますが。
石灰化とは、カプセルが固くなり実際セメントを薄くしたようなものがカプセルに沈着する現象です。
そのため、インプラント選びが重要だったり、血腫などをを生じさせずになるべく原因を除外するよう術者は頑張ります。

昔からあるスムースインプラントがその拘縮のリスクがあるとかないとか言われています。
論文のエビデンスを用いて論争されているわけですが、いまだに決着はついていません。
ただ、印象的にはスムースタイプのインプラントのほうが起きやすいような・・・
やわらかいので簡単に折り目などの型がつきやすい印象ですよ。

   

こんな形でインプラントの変形が生じやすい印象です。
ただ、柔らかいので本人は気づいていないことも多いですが。

長くインプラントを扱っていると、いろいろとトラブルも見てきていますが、
大体は回復させて欲しいという。要望が多いです。

60代や70代の人などはもう抜いて欲しい。という方も多いですね。
30、40年以上前のインプラントは破損しているケースが多いです。。
何が入っているのかとかメーカーも大きさも。知らない方も多いです。
皆様メンテナンス大事ですよ。

カプセル石灰化は石灰化を実際除去して、古いインプラントから新しいインプラントに入れ替えがお勧めです。
カプセル拘縮は、拘縮を手術的に解除します。
インプラントが古い場合は、やはり最新の物に変更がお勧めです。
個人によっても異なるのですが、インプラントの種類によっも、形成されるカプセルの質に違いが出ます。
そのため、あまり同じインプラントは入れない方が良いかもです。
選択しているインプラントと体質で判断が必要だと思います。
大胸筋下に若い頃挿入して、乳腺だけが垂れてしまったような方は、再度カプセルの位置調整を行うことで形を整えます。
お勧めは少し大きめのインプラントにすると良いと思います。

などなど話し出すと永遠に終わらない話題ですが、
カプセル拘縮生じている方は、一度ご相談くださいね。
自分ではわからない方。
2年に一度はインプラント専門医の診察を受けることをお勧めしますよ。
 


記事を閉じる
ページの先頭へ

豊胸インプラントMotiva 保険適応になりました


乳がん治療でインプラント再建を検討中の方に朗報です。 今まで豊胸でのみ使用可能だったMotiva Ergonomixが保険収載されました。 つまり、厚生労働省の認可を得たインプラントになりましたので、今後保険適応使用が可能となります。 MOTIVAはスムースインプラントに分類されますが、表面がややザラザラしています。 スムースとコヒーシブの間に属するため、柔らかい上にマッサージもいらないという。 比較的使いやすいものになります。 今まで、片側を豊胸、片側を再建する方には別々のインプラントをいれたりしていましたが、今回から豊胸だろうと、再建だろうと同じインプラントが使用できます。 そのため、Motivaのエキスパンダー(組織拡張器)とインプラントが保険収載されるとは、院長も非常に嬉しいです。 そのため、保険適応で日本で使用できるインプラントは ・アラガン社 Inspira ・Sientra社  ・Motiva Ergonomix  この3種類になります。 それぞれ特徴 [...]

記事を開く

乳がん治療でインプラント再建を検討中の方に朗報です。
今まで豊胸でのみ使用可能だったMotiva Ergonomixが保険収載されました。
つまり、厚生労働省の認可を得たインプラントになりましたので、今後保険適応使用が可能となります。

MOTIVAはスムースインプラントに分類されますが、表面がややザラザラしています。
スムースとコヒーシブの間に属するため、柔らかい上にマッサージもいらないという。
比較的使いやすいものになります。
今まで、片側を豊胸、片側を再建する方には別々のインプラントをいれたりしていましたが、今回から豊胸だろうと、再建だろうと同じインプラントが使用できます。
そのため、Motivaのエキスパンダー(組織拡張器)とインプラントが保険収載されるとは、院長も非常に嬉しいです。



そのため、保険適応で日本で使用できるインプラントは
・アラガン社 Inspira
・Sientra社 
・Motiva Ergonomix 
この3種類になります。
それぞれ特徴が異なりますので、その点については主治医としっかりと相談しましょうね。

保険適応のインプラントになったということは、今後豊胸の認定施設、認定医がいる施設しか正規ルートでは豊胸目的にMotiva Ergonomixが使用できなくなります。

ただ、現在日本で豊胸認定資格を持つ施設、医師はものすごく少ないです。
3年に一度の資格更新でも年間30~50名程しか更新医がいないので、全国豊胸施設の10%以下かもしれません。
形成外科学会誌に更新者として名前が載るらしいのですが、私の名前が目立つくらい数が少ないです。

人数が少なくて目立つので、後輩や友人から
「先生ちゃんと更新しなきゃ駄目ですよー。そういうの苦手で忘れてそう。」とか連絡いただいたりします。
後輩に本気で心配される私って・・・

え?Motiva Ergonomixが豊胸で使用できなくなるの?
と不安に思っている方、
安心してください。
Motiva Ergonomix 2
が新しく豊胸で使用できるようになります。
去年から海外で使用され始めた最新のものになります。
少し柔らかくなっているようですよ。
これはまだ保険収載されていない物になるので、国の制限に関係ありません。
認定施設、認定医など関係なくどの施設でも使用可能です。
今後はこれが一般的に使用されるのかなと思います。

以上、ちょっとややこしくなりましたが、
当院は、豊胸、乳房再建とともに、認定施設、認定医資格を有していますので、

保険では
Allergan Inspira,
Sientra
Motiva Ergonomix が使用できます。

豊胸、つまり自費の場合は、
Allergan Inspira
Sientra
Motiva Ergonomix
Motiva Ergonomix II   
その他いろいろ
どれでも使えます。

特徴はどう違うの?どれが自分に合っているの?
と思われる方は、
一度カウンセリングにご来院くださいね。


記事を閉じる
ページの先頭へ

1~3件目 (13件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.