ブログ

1~3件目 (434件中)
rss

ケロイドの体質の方の手術は要注意〜下眼瞼〜


世の中には肥厚性瘢痕やケロイド体質など 傷跡が予期せぬ結果になる方がいらっしゃいます。 つまり傷跡が目立ちやすいということです。 これは体質的なものなのでなかなか根本的な解決は難しいので 手術、つまりメスを入れるような処置を行う際には十分に傷跡リスクを考慮して決断するようにしてください。 今回写真を使わせていただく方も 元々は乳がんの手術で私が再建をしています。 乳がん手術後の再建の傷跡もドレーン(管)を入れていた部位も、ピンク色に膨らんで辛い。 という状況です。 通常はケロイド体質の方に、顔のオペをすること自体 医師側も本当は嫌です。 傷跡が残るリスクが高すぎるのです。 この方についても、胸の傷がこのように目立っているため、手術は危険であることをお伝えしました。 ただ、「先生が切ってくれたところはマシだからやって。」 と手術をお願いされました。 写真も使って良いよと言っていただいています。  [...]

記事を開く

世の中には肥厚性瘢痕やケロイド体質など
傷跡が予期せぬ結果になる方がいらっしゃいます。
つまり傷跡が目立ちやすいということです。
これは体質的なものなのでなかなか根本的な解決は難しいので
手術、つまりメスを入れるような処置を行う際には十分に傷跡リスクを考慮して決断するようにしてください。

今回写真を使わせていただく方も
元々は乳がんの手術で私が再建をしています。
乳がん手術後の再建の傷跡もドレーン(管)を入れていた部位も、ピンク色に膨らんで辛い。
という状況です。

通常はケロイド体質の方に、顔のオペをすること自体
医師側も本当は嫌です。
傷跡が残るリスクが高すぎるのです。



この方についても、胸の傷がこのように目立っているため、手術は危険であることをお伝えしました。
ただ、「先生が切ってくれたところはマシだからやって。」
と手術をお願いされました。
写真も使って良いよと言っていただいています。

下眼瞼除皺術ですね。
年齢的にも経結膜ではなく皮膚側から行いました。
いやぁ。そこは普通皮膚側切らないほうがいいじゃん。
傷跡が。。。
という意見もあるかとは思いますが。
年齢的にも皮膚側からアプローチしなければ皮膚のたるみが改善されないので
そこは攻めました。
PRPζも乳がんがあると行えないので、全力で手術をすることがベストでしょう。


手術前


手術後1年です

目のくまはもちろん良くなっていますが、、、
やっぱり傷跡が普通の方よりも目立っています。
抜糸直後から傷跡の赤みが強く出るんですよね。



それがグーッと引いてくるのにとても時間がかかります。
また傷跡も硬く拘縮しやすいです。
左側は、脂肪移行をしたけど少し足りないですね。
脂肪移植やヒアルロン酸など考慮しても良いですが、リスクもありますし、本人はあまり気にしていないようです。

最近は経結膜脱脂が流行っているようですが、
私は、基本的に余分な脂肪はないと考えています。
本来脂肪は眼球を守る形で上も下もつながっています。
下から脂肪だけとっても、、しばらくは良くても、上から下に脂肪が下がってきます。
将来的に目の上が窪むということも起こる可能性があります。

当院では一般的に言われている脂肪移行を中心に行います。
(ハムラ、裏ハムラとかいいますよね)
若い方でも安易に脂肪を取ることはお勧めしていません。
皮膚が薄いとクマっぽくさらに疲れて見えますよ。
脂肪を窪んでいる部位に移動させて尚且つ縦方向にハリを出す形で固定します。
脂肪を抑えている膜にハリを取り戻すことで再下垂を防ぎます。
経結膜からいく場合はここまでです。
経皮側から行く場合は、さらに眼輪筋(筋肉)を引き上げて固定した後、
たるんだ皮膚を除去しますので、横方向のハリを作り出すことが可能です。
縦にも横にも手術的にハリを作れるので最も長持ちしますし綺麗だと思います。

どちらにしても手術をするということは十分に考えて決断してくださいね。
安易に脂肪を取れば良いというわけではないですよ。
手術が怖い方は、PRPでもかなり綺麗になります。
色々な治療方法から自分に合った方法を選択してくださいね。
 




記事を閉じる
ページの先頭へ

やりたいと、やらなきゃは全然違う!?


本来美容は 「やりたい」というモチベーションでやることが大事です。 自分の明日が楽しくなるように、 老化という避けられない現実に少しでも自信を持てるように。 自分のコンプレックスを改善して、笑顔になれるように。 なので無理をしてはいけません。 終わりがないですよね。 と時々聞いてくる人もいます。 そう。終わりはないです。終わらせることはできますが。 もちろん美容だけが終わりがないわけではないです。 健康にも終わりがないし、美ボディにも終わりはないし、仕事や育児にも終わりはないです。 なので突き詰める人は、すごいところまでいってしまうのです。 世の中ってなんでこんなに大変なんでしょ。 結局は自分が「やりたい」という気持ちがある人はどこまでもいきたくなります。 楽しい間は良いのです。 でも・・・ やらないと不安になる。 周りと比べてしまう。 などと気持ちが変化すると。 「やらなきゃ」に変わります。 「や [...]

記事を開く

本来美容は
「やりたい」というモチベーションでやることが大事です。
自分の明日が楽しくなるように、
老化という避けられない現実に少しでも自信を持てるように。
自分のコンプレックスを改善して、笑顔になれるように。
なので無理をしてはいけません。

終わりがないですよね。
と時々聞いてくる人もいます。
そう。終わりはないです。終わらせることはできますが。
もちろん美容だけが終わりがないわけではないです。
健康にも終わりがないし、美ボディにも終わりはないし、仕事や育児にも終わりはないです。
なので突き詰める人は、すごいところまでいってしまうのです。
世の中ってなんでこんなに大変なんでしょ。

結局は自分が「やりたい」という気持ちがある人はどこまでもいきたくなります。
楽しい間は良いのです。
でも・・・
やらないと不安になる。
周りと比べてしまう。
などと気持ちが変化すると。
「やらなきゃ」に変わります。
「やらなきゃ」になるとしんどくなります。
きっと紙一重です。

なので常に自分に問いかけましょう
自分はこれをやることで楽しい気持ち、ハッピーになっているのか?
今は辛いけど、または頑張ることで次のステージに立てて幸せ感じそうなのか?
前向きになれるのであれば、問題ないです。
明日への活力です。

何事も気持ちの持ちようなので。
一筋縄にはいきませんが。
大人になったらなるべく「好きなこと」をやりたいものです。
時には携帯を置いて、自分自身へ語りかけてみましょう〜




 


記事を閉じる
ページの先頭へ

傷跡気になる方へ


傷跡が気になる人。 気にならない人。 いろいろといらっしゃいますが。 基本的には形成外科医も魔法使いではないので傷跡を完全に消すことはできません。 目立たなくしていくということが目標になります。 病気で大きな手術をされた方、怪我で大きな傷を負ってしまった方など比較的広範囲に傷がある方については、傷跡を完全に消すことはできないので、本来は傷を愛せるように自分の個性として思えるように、傷と向き合える形にしていくことが重要です。 ここが嫌だなと思う部分をできる限り綺麗にしていきます。 肥厚性瘢痕(ピンク状の盛り上がった傷)や、拘縮(ひきつれ)、皮膚のまくれこみなどがあれば手術的に解除したり、シワに沿って目立ちにくくすることも可能です。 あまり手術などを希望されない場合は、ニードリング(肌再生・新生)で周囲と馴染ませていきます。 穴をあけるレーザーでも良いのですが、ニードリングの方が効果的です。  [...]

記事を開く

傷跡が気になる人。
気にならない人。
いろいろといらっしゃいますが。

基本的には形成外科医も魔法使いではないので傷跡を完全に消すことはできません。
目立たなくしていくということが目標になります。

病気で大きな手術をされた方、怪我で大きな傷を負ってしまった方など比較的広範囲に傷がある方については、傷跡を完全に消すことはできないので、本来は傷を愛せるように自分の個性として思えるように、傷と向き合える形にしていくことが重要です。
ここが嫌だなと思う部分をできる限り綺麗にしていきます。
肥厚性瘢痕(ピンク状の盛り上がった傷)や、拘縮(ひきつれ)、皮膚のまくれこみなどがあれば手術的に解除したり、シワに沿って目立ちにくくすることも可能です。
あまり手術などを希望されない場合は、ニードリング(肌再生・新生)で周囲と馴染ませていきます。
穴をあけるレーザーでも良いのですが、ニードリングの方が効果的です。



このようにピカピカと目立った傷跡が周囲と馴染んで少しずつ目立ちにくくなってきます。
周囲の皮膚も綺麗になるので皮膚線上も改善しています。


三回後


このような怪我をした頬の傷は、傷跡のみニードリングをかけるのではなく、全体的にニードリングをかけていきます。
そうすると、全体の肌が新生されるので、傷跡のみならず肌質が綺麗になりたるみまで取れます。
一石三鳥狙いましょう。

ニードリングはやればやるほど肌が修復され綺麗になります。
なので、何回やれば良いでしょうか?と聞かれますが、自分が満足した時点で終了です。
でも、傷跡はコラーゲン自体が破壊されているので、正常なコラーゲンを呼び込むには1回では難しいです。
6回ぐらいは考えていてねとお話ししています。

もっと綺麗になりますよ。とお話ししても、2、3回で満足する人もいますし。
もう十分綺麗だよ。といってももっと綺麗にしたいと回数を重ねる方もいます。
人の修復力自体にも個人差がありますが、満足度自体にも個人差が大きいです。
個人個人でそれぞれ異なる形で良いと思います。


先生結局ニードリングじゃん。
と思ったあなた。
いや。手術でも良いのですよ。
ただ、傷を再度つけるということはとても勇気がいる行動です。
もしかしたら、もっと傷が目立つ可能性もあるのです。



この方は、20年ほど前に他院で黒子を削った跡が気になると来院されました。
私からすると、そんなに気にならない。。。
でも本人は気にしている。。。
リスクを説明しても、一度綺麗にして欲しいとのことでメスにて修正をしました。



結果的にはほとんどどこかわからないくらい綺麗になりました。
傷消せるじゃん。と思われるかもしれませんが
決して消したわけではないです。
限りなく目立ちにくくするということです。

いろいろとお話ししましたが、手術や処置にはいずれにしても
傷がつくというリスクがあります。
身体にメスを入れる際は十分に考えた上で行いましょうね。


記事を閉じる
ページの先頭へ

1~3件目 (434件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.