ブログ [ダイエット]


123 
1件目~5件目 (15件中)
サムネイル

脂肪融解注射 BNLS ULTIMATE(メソセラピー)パワーアップです!

UP
 

皆様お待たせしました。
BNLSがneoとなってから、数年ぶりに進化しました。
BNLS Ultimate です。
すごい名前になりましたね。
次に超えてくるものにはどんな名前をつけるのでしょう。。




さて、何が変わったかというと、もともと天然ハーブから抽出した成分を主成分としているものに、FDA(アメリカ食品医薬品局)に脂肪溶解の効果が認められたデオキシコール酸を配合したものがBNLSneoでしたが、、
そこにさらにデオキシコール酸を200倍増量し、さらにさらに、L-カルニチン、アーティチョーク、カテキン、コエンザイムQ 10が有効成分として配合された BNLS史上究極の脂肪融解注射です。

今後も進化を続けそうですが。。。
200倍ってすごいですね。

BNLS Ultimate 有効成分は
ヒバマタ(海藻)抽出物 :コラーゲン、ミネラル、アミノ酸を含有し、脂肪分解作用
セイヨウトチノキ(マロニエ) :エスシン(サポニンの一種)で、抗炎症作用、浮腫の減少作用、毛細血管の弾力性向上作用
ペルシャグルミ(クルミ) :αリノレイン酸(オメガ3脂肪酸)、アルギニン、ビタミンEを含有し、血管保護作用、血液循環促進作用
デオキシコール酸 :脂肪細胞膜を直接破壊して中性脂肪を取り除き、脂肪細胞を壊死させる
チロシン(アミノ酸) :カテコールアミン、サイロキシンの前駆体として脂質代謝を促進
メチルプロパンジオール :クリゴールの一種で、有効成分の浸透性向上作用や保湿作用
マンヌロン酸メチルシラノール :アルギン酸(マンヌロン酸)とケイ素を含むメチルシラノール複合体。脂肪分解作用、抗炎症作用、保湿作用
アデノシンリン酸ニナトリウム :細胞のエネルギー源、筋肉の活動性や細胞機能を高める作用
アデノシン三リン酸(ATP) :エネルギーの産生産物として、血管拡張、血管新生の促進作用

そこにさらに追加された新成分の有効成分は
L-カルニチン :脂肪をミトコンドリアへ運搬し燃焼させ、エネルギーを作り出す
アーティチョーク :脂肪燃焼作用。利尿作用や浄化作用を有し、有害物質を体外に排出
カテキン :脂質代謝を高め、脂肪の燃焼を促進。強い抗酸化力により活性酸素の発生を抑制し、肌の老化を防ぐ
コエンザイムQ10 :エネルギー産生における必須物質(補酵素)。優れた抗酸化作用を有し、肌の再生や老化防止に関与

との感じです。
有効成分言われてもよくわからない?

つまり、脂肪溶解・燃焼作用もあるけど、肌の引き締めや老化防止、肌再生、血管やリンパ管循環に良い効果も入っていますよ。
ということです。

分解された脂肪細胞はどうなるの?という点についてはよく聞かれますが
毛細血管・リンパ管を通じて尿に排出されます。
分解されたものが再び再生されることはないですが、脂肪は幹細胞があるので太れば増えますよ。
顔に増えることは比較的少ないですが、身体につくことが多い印象ですので注射だけに頼るよりは全体的にご注意を。


興味がある方は、カウンセリングにご来院ください。
neoからultimate に薬剤は変更されましたが、料金は同一ですのでご安心ください。




 
 
 
 
 
 
 
記事を閉じる
 
サムネイル

美と食事〜いつも全力では頑張れないよね

UP
 

ステイホームからのお正月からのステイホーム・・・
うーん。いつまで続くんでしょう。
なかなか思うように運動にも行けないし、食生活のコントロールもずっとは難しいですよね。
ダイエットは明日から〜♪ という歌がありましたが、、
正直ダイエット?というか食事コントロールはある程度一生やらなければならないので、ある意味、この言葉深い。。。
ちょっと行けばすぐにコンビニでお買い物ができます。
お菓子も、お酒も、インスタント食品もすぐに手に入れられる状況で、好きなようにやっていたら・・・
それは大変なことになります。
大人は誘惑が沢山あって大変です。
ずっと全力は、限られた人たちはできますがほとんどの人には辛いですよね。
ある程度は時々コントロールをいれましょう。


さて、よくスタッフに言われていますが
私の食生活はかなり極端です。
良い時と悪い時の差が激しい。

朝は本当に軽くヨーグルトに冷凍ブルーベリをいれて食べる程度。
飲み物は、レモン水(ハニー入り)、カプチーノ が定番です。

そのまますごい勢いで仕事をし、昼はガッツリと食べます。
昼は食べないと診療に影響が出るとダメなので。(という口実)
それこそ炭水化物祭りです。
ラーメン、カレー、ハンバーガー、天丼!! とにかく食べたいものを食べます。
日曜日奇数週は診療をしていますが、その際にはよくスタッフねぎらいの会ということでテイクアウトや出前を頼みます。
まぁ、食べたいものをみんなで食べるという感じなのですが。
めちゃ。ジャンクです。
ハンバーガーや、肉系弁当が多い印象。
やはり我々肉食女子。



でも最近私は完食するのですが、女子力の高いスタッフは半分残して家で食べます。などと申しています。
「なにっ!?全部食べないとは!?」と絶句します。
やはり院長の女子力はまだまだ低いようです。

夜は、基本的には好きなものを食べていますが、炭水化物は極力減らしています。
そして、健康に良いとされているものは必ず一品入れるように心がけています。
青パパイヤとか、野菜たっぷりミネストローネとか。
キャベツやキノコやブロッコリーは解毒作用が強くお勧めですよ。
もちろん納豆などの発酵食品も良いですね。
それ以外は正直好き勝手食べて、飲んでいます。
やっぱりストレス発散は必要ですもの。

患者さんでも、
「ダイエットはしたいけど仕事終わりのビールだけはやめられません。
わかっているのですが、それが1日の活力なんです、、助けてください。」
と言われることがあります。
お気持ちとってもわかります。
全てをやめて全力で節制しても長続きしないので、少しカロリーをオフしてくれるBBXなどの力を借りながら食生活を変化させるなど。
少しだけ力を借りることも大事です。
やる気やモチベーションをアップさせるためにも、助けを借りながら少しずつ変化させるのもいーと思います。

そんなこんなでこの一年で体重的には2、3キロしか痩せていないのですが、見た目的にはよく患者さんに、
「先生やせました?」と言われます。
筋肉を落とさずに2、3キロ脂肪が落ちるだけで見た目的には結構変わります。
脂肪は意外と軽いので、あまり体重にこだわったダイエットはしなくても良いので、あくまで目安で捉えると良いかもです。

先生運動してます?
との問いには正直 「NO」です。
愛犬が永眠してからさらに朝の散歩習慣もお蔵入りしてしまい、ある意味究極の引きこもりです。
まだ朝になると思い出すので、朝の散歩はハードルが高いっす。
パワープレートが週に1回程度、あとは姿勢維持程度ですね。
軸を整えて、姿勢を保つだけで基礎代謝上がるので軸が乱れている方はパワープレートお勧めです。

内容がばらついてきたのでそろそろ終わりにしまーす。
時々頑張る程度では、おそらく月に一キロも痩せないのが現実です。
ただ、増えたり減ったりの振り子を少しずつ軽くしていくということが重要です。
じりじりと安定して体重を減らしていく。それでいいと思います。
歳をとるとじりじりと太るのが普通です。
それに逆行しているだけで、頑張っている自分を褒めましょう。(自分に甘い私)
誰が見ているわけではない、自分自身での戦いです。
急激に痩せる必要はありませんよ。
特に歳をとって急激に痩せると、老けます。
老けないように徐々にが良いと思います。
若い方に関しては、急激に痩せてもその点は大丈夫ですが、健康には注意してくださいね。
時々すごい痩せ方して来られる方がいるので。
心配してますよ。

では、皆様自分のペースで頑張っていきましょう〜
ダイエットは一生ですぞ。





 

 
 
記事を閉じる
 
サムネイル

GLP-1ダイエット 内服薬出ました

UP
 

GLPー1ダイエットが少し前にはやっていましたが、皆様ご存知ですか?(今も流行ってる?)
自宅で行う自己注射だったので、なかなか勧めにくかったのですが。。。
患者さんに針を渡してお腹に打ってもらうというのもハードルが高い。
もう少しで内服が出ると聞いていたので待っていましたが、やっと出ました。
まだ日本国内でも取り扱っているクリニックは今の時点では少ないようです。
海外でもごく一部の地域のみでの扱いなのでまだ料金は高いです。
今後取り扱いが広がれば価格も変わってくると思いますが・・・。

さて、初めて聞いたという方もいると思うので
少し説明しますと。。。

GLP-1は小腸から分泌されます。
インスリンの分泌を促進する働きをもつホルモンです。
本来は食べ物が小腸に入り、血糖値が上がるとGLP-1が小腸から分泌され、その信号を受け血糖値を下げようと膵臓がインスリンを分泌させます。
つまり、このGLP-1を摂取することによって、食後の血糖値上昇を抑制し、太りにくい体質にし、胃の動きも鈍らせるため、満腹感を感じやすく、お腹が減らない感覚になります。
血糖値が高くなければインスリンも分泌されないため、常にGLP-1が体内でスタンバイされている状態になります。

肥満の方は、この血中GLPー1濃度が上がりにくくなっていることがわかっています。
その結果、うまく血糖の処理ができなくなると糖尿病のリスクが高まります。
肥満は万病のもとと言われる所以はそんなところから来てるのかな。

食べても太りにくい方や、痩せている方はこのGLPー1が沢山あるとも報告されており、痩せホルモンなどと呼ばれる所以だそうです。

GLP-1はアメリカで2014年12月、欧州で2015年3月に肥満治療薬として承認されています。
日本では2型糖尿病の治療薬として承認されていますが、肥満治療薬としては承認されていません。
なので、日本医師会は、ダイエット目的で使用することは原則「ダメ」と言っています。
なのでもちろん保険診療では処方できません。

内服はリベルサス、注射はサクセンダやオゼンピックですね。
有効成分はリラグルチドやセマグルチドです。

本来はダイエットは、バランスの取れた食事コントロールと運動が原則です。
楽して痩せたい。とか思っちゃダメだよー
とダイエット外来に来られる方にはいつも言っています。

わかっているけどーですね。(^-^)
ダイエットは一生続くものかもしれません。
焦らずいきましょう。
 
記事を閉じる
 
サムネイル

ダイエットの栄養とは?

UP
 

寒くなって来ましたねぇ。
お鍋が美味しい季節です。
ついつい、家でだらだら過ごしてしまい気づけば食べちゃうなんてことになっていませんか?

ダイエットの相談に来られる方は、夏だけではなく意外と秋冬も多いのです。
うん?意外じゃない?
そうですよね。
年中ダイエットです。

以前大人のダイエットは気をつけなければ、老ける。
と言ってしまいましたが必要な栄養素って一体何?
どうすればよいの?となると思います。

若い時は、食事制限をしようと相当でなければ健康障害も、老けた感じもでませんが、、、
むしろ綺麗になったと周りに褒められるがために、やりすぎちゃう子も多いですよね。
しかし・・・
やはりある程度の年齢になると、顔がこけたり、肌の調子が悪くなったり、疲れた感じに見えちゃうのが現実です。
むしろ少しぽっちゃりしているほうが若々しく感じたり。
ということになります。

食事のカロリーについては、カロリーだけに縛られる必要はありません。
あくまでも目安でOKです。
よく聞かれる、糖質制限については、正直いろいろな意見がありますが効果的ではあります。
糖質は効率良くエネルギーに変換されるため、それが摂取されないと脂肪などを燃やしてエネルギーを得ようとする必要があります。
ただ、糖を栄養源としている脳もあるので、ある程度は摂取した方が仕事効率が良いのでは?と思いますが。

必要なカロリーをとりながら痩せるにはどうしたら良いのか?
よく置き換え食事が販売されていますが、これで我慢できる人はえらい。
そりゃ痩せられる。
最近のものは味もなかなか良くなっているし、リゾットやゼリー、飲み物その他本当に多くの種類が発売されていますよね。
比較的値段も高いのでやるとしたら本気でやらないと。
院長はこの手のタイプは全く長続きしません。
食べた。という脳内の幸福物質がでないので、美味しくてもすぐやめちゃいます。(自分に甘い)

頼りになるのは、、
オートミール!!

       

モデルさんとか、身体に気を使っている人たちがよく食べているものです。
日本のスーパーでももちろん売られています。
近所のスーパーにもあって助かっています。
純粋にオーツ麦100%のものや、オーツ麦の他にナッツやドライフルーツがミックスされているものなどいろいろあります。



それに紅茶豆乳を入れたり、牛乳にチョコレートを溶かしたり、紅茶豆乳に青汁入れたりしてバリエーションをつけて食べています。
もちろんフルーツもたっぷりです。
冷凍フルーツも重宝しています。
あとバナナ。必須です。



意外とカロリーはあると思いますが・・・
食物繊維をたくさん取れるので便秘知らずになれますよ。
私は、電子レンジで2分の加熱をしていますが、胃腸が弱い方はお鍋でぐつぐつした方が良いかと。
私的には、フルーツをメインに食べるついでにオーツ麦って感じで食べてます。
ちょっと液多めのひたひたにして、歯ごたえも必要なので、ヨーグルトの上からミックスオーツを上からぱらぱらかけて食べてます。
すごいボリュームで、腹持ちも良いです。
男性などは、お茶漬けの素を入れたり出汁を入れたりでおかゆのように食べている人もいるようです。

次に頼りになるのは。。。
サラダ!!
あたりまえやん。って声が聞こえてきそうですが
普通のサラダではなく、めっちゃたくさん入ったサラダです。
その時の季節の野菜がふんだんに入って、尚且つ、エビや、サラダチキンやサラダ豆、卵など大量に投入します。
キャベツやレタスなどはあまり食べません。
飽きないようにいろいろな野菜を入れます。
チョップドサラダになっています。



なるべく地物の季節野菜を使いたいですが、アボガドだけはメキシコ産になっちゃいますね。
道の駅で購入した葉野菜に青虫が沢山ついていて、食べてる途中に「ぶはっ」て吹き出したことがあります。
目から直接口に信号が届いた!!って感じでした。
その時はしばらくサラダ恐怖症になりましたが、さすが本物の有機野菜。。。
ちゃんと洗おうと心に誓った日でした。

さて、そんな感じでダイエットをするというよりは身体を健康に保ちたい院長ですが、もちろんどんなものも食べすぎたら痩せません。

その日のバランスを保ちながら、適度な運動が理想ですが、忙しい人はなかなか運動もできないですよね。
夜外食が多い方などは、一食オートミールや野菜だけにしてみるのもありですよ。

ではアンチエイジングの概念で食事も見直してみましょー
(そういう院長は、夜は外食が多く、全くお利口さんではありません。そのぶんジタバタしてます)
 
記事を閉じる
 
サムネイル

ダイエットは年齢や体質的にもアプローチを変えなきゃですよ

UP
 

ダイエットは皆様にとって永久的な悩みかもしれませんよね。
年齢が進むとどうしても代謝が落ちます。
あまり食べていないのに・・・という人も多いのでは?

最近びっくりするのが、一食置き換えダイエットではなく、1日一食しか食べない人が意外と多い。
いや、うちにただそういう人が集まって相談に来ているだけかもしれませんが。。
あまり太っていない若い子が、サノレックスが欲しいと来院し、話を聞いてみると1日一食しか食べていない。
しかも水分もあまりとらない。
などと聞くと、めっちゃ心配になります。
いや。本当に健康被害でますよ・・・
若い時はそれなりに無茶をしても大丈夫ですが、人生まだまだ先が長いので栄養はしっっかりとらなければ綺麗な大人になれませんよ。
1日一食にするとしても、それ以外はサラダ、野菜スムージーやナッツ、ビタミンサプリなどを摂取しましょう。
トータル栄養バランスが大事です。
ほとんど食べず飲まずで1日一回にすると、身体が省エネモードに入ってしまい、リバウンドの原因にもなりますし、脱水など健康被害が。
また、1日一回だからと言って暴飲暴食すると逆に栄養素を吸収して太ります。
1日一回ダイエットは一回はどれだけ食べても良いと書いている物もあるようですが要注意です。



夜中のラーメン。。。魅力的だけど、せめて月に一度程度にしましょう。

細ければ細いほど綺麗というのにも限界があると思うのです。
悲しいけれど。。。
ある程度の年齢が来て食事制限で痩せようとすると、お腹を痩せたいのに別の場所がやせる。
例えば、顔がこける。とか、老けて見えるという事態に陥ります。
お肌の活気も無くなりますし。。。
食事制限で痩せるのは、それなりに肥満体の方だけにしたほうが良いと院長は考えています。
それか、異常に食べ過ぎている人。

最低限の栄養はしっかりと取りながら代謝を上げてすこしずつ身体をしぼっていくのが理想的です。
特に、アラフォーあたりから食事制限ダイエットは要注意ですよ。

どうしてもの部分痩せは医学の力を借りてしまいましょー
記事を閉じる
 


123 
1件目~5件目 (15件中)