ブログ


123[24] 
1件目~5件目 (120件中)
サムネイル

IPLレーザー? フォトフェイシャル? 何??

UP
 

シミ相談の人が時々する発言。。
「IPLとLime Light(ライムライト)って一緒ですか?」
「エステでフォトフェイシャル受けたことあります。」
「光治療どれも一緒?」
・・・などなど

ネットで情報が多いぶん、皆様もやや混乱されているのかな。
まず、、、IPLというのはIntense Pulsed Lightの略です。(なんのこっちゃ?)
有害な紫外線はカットされており、それ以外の幅広い波長を生み出すことができます。

ちなみに、波長とは、光の長さのことです。
太陽光は色々な波長の光が集合しているのですが。。。
可視光線(目に見える光)としては7色(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)に分かれ、それ以外に目に見えない赤外線や紫外線なども含んでいます。
波長は
短いほど皮膚表面に影響し、長いほど皮膚深部まで作用します。

例えば、一番攻撃力があり有害とされている紫外線が一番波長が短いです。(220~400μm)
日焼けすると痛かったり水疱ができたり肌トラブルが即時に出ますよね。
赤外線は760
μm以上です。
お肉を優しく中までじっくり焼いてくれるのは遠赤外線グリル。紫外線グリルではないですよね。
一般的には波長が長いほど優しく深部まで作用するというわけです。
その間が可視光線というわけです。

つまり、IPLは紫外線以外の複数の波長が含まれており、異なる症状に働きかけます。
シミ・そばかす・小ジワ・ニキビ跡・赤み・ハリ感等を同時に改善することができます。
またQswitchなどのレーザーでは除去が困難な「シミ」にも効果を発揮し、顔全体のトーンを明るくしつつ、肌質も改善するのがIPL治療の特長です。

その中で、LUMENIS(ルミナス社)が発売しているIPLが「フォトフェイシャル」と言われています。
この言葉が非常に有名になったので、エステでも一時期「フォトフェイシャル」という言葉を使用されるようになったのですが、この言葉は商標登録されておりルミナス社以外のIPL機械を用いている場合は「フォトフェイシャル」とは使用できません。
なので「エステでフォトフェイシャル受けていました。」というのは「✖️」ということです。

逆に光治療とは、光で治療する機器という総称で用いられていることが多いので、これは全体的に用いられています。
なので、いろいろな機械があるので一概にはなんともいえません。

ちょっとややこしいかもですが。。
IPLの中に、キュテラ社のライムライトや、ルミナス社のm22という機械があります。
ルミナス社の機械は威力扱いが難しいのです。
その中でも、最新のm22は波長や出力、パルス幅、振幅回数。。。などなど全てがマニュアル設定可能ですので一つ一つの条件を選んで照射することができます。

  

一方、マイルドに開発されたマシンの一つがライムライト等です。
プログラムが3つあるので、だいたいCモードで照射します。
照射の強さのみを選ぶことができるので、肌質で強さを変更します。
とってもシンプル。
どの波長を照射したい。というのは選ぶことはできません。



一般的にはIPLはカメラのフラッシュのように1回で色々な波長をぱぱっと照射する形になります。
M22だけがマニュアル設定で細かく設定できるという特殊な機械になっています。
なので、この機械は看護師さんにお任せできません。
一人一人の肌の状態を毎回確認し、照射条件を微妙に変えながら行なっているのでマニアックすぎて誰にも任せられないのです。


あ。。話が少し長くなったので、この時点でもう皆様お腹いっぱいかもですね。
また、機械いや、機会があればなるべくわかりやすくお話ししたいと思います。
クリニックに来院の際にお気軽にお尋ねくださいませ。

記事を閉じる
 
サムネイル

日焼け止め〜日焼けをブロックするだけじゃないですよ

UP
 

毎年この時期は日焼け止めの相談を受けます。
皆様にも紫外線老化の知識が浸透してきたかな?
ちょっと軽くおさらいしましょ〜

・あまりにもかぶれやすいお肌であったり、顔をまともに洗わせてくれない乳幼児には・・・
 エンビロンの ラドローション



 保湿力がすごいあります。
 SPF16 PA++ ですが、しっかりと紫外線をカットし、シミソバカスを防いでくれます。  
 でもこまめな塗り直しは必要なので、保湿感覚で塗りましょう。
 日焼け止めをぬると肌が乾燥してしまう方には良いのですが、ベタつきが気になる・・という方はいるかもです。 
 超しっとりです。
 エンビロンのジェルやクリームと混ぜて使用できるので、朝バタバタしている人は、全てを混ぜて塗ってもしっかり効果がありますよ。

・安定感があるよNavison DR. 
現在4種類 ラインナップがあります。

  

サラサラあるいはしっとりタイプで選ぶのもよし。
美白成分が入っているのが良いのか、肌荒れ防止パウダーが入っているのが良いのか、アンチエイジングケア成分が入っているのが良いのか、ノンケミカルが良いのか。。。で選ぶのもよし。
紫外線予防をしてもらいながら、美白有効成分と保湿成分が配合されていたり、乾燥による小じわを目立たなくする成分が入っていたり、塗り直すのにも価値がある的な雰囲気を作ってくれています。
塗り心地も良いので、安定の使い心地です。
院長はこれのBBを顔に、それ以外を身体に使っています。


その他オバジにももちろん日焼け止めあります。



ブルーライトもブロックしてくれますよ。
BBのような色付きと、白いタイプがあります。
使い心地はすごくしっかりと張り付く感じです。
ボトルが大きいので、たっぷり使用したい方、長期旅行などには良いですね。

日焼け止めはその他にもいろんなメーカーよりいろんな種類が出ています。
基本的にはどれも優れているので、無香料、無添加であとは何が加わっているのが好きかを選んでいただくのが良いかなと思います。
塗り直し、結構面倒だとは思いますが肌に良い物を選ぶことによって、塗り直しにも意味をみいだしましょうー

わからない方などはスタッフにお尋ねください。
ただ、自分が良いと思っている物をスタッフも独自に選んで使っているので、自分が使っている日焼け止めを推してしまう傾向はあるかもですが・・・
尋ねるスタッフによってお気に入りが違うと思うので色々な意見が聞けますよ。
皆様も自分のお気に入りを見つけてみてくださいね。

 
記事を閉じる
 
サムネイル

薄毛治療:「アデノシン」評価アップです

UP
 

薄毛治療については、
・内服
・育毛剤
・注射
・植毛 と説明するだけでも30分ほど要してしまうのですが。。。

その中でも、「育毛剤」に属する アデノシン配合製品 Navision Dr. 薬用スカルプエッセンスが
ー日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症ガイドライン2017年版」ー
脱毛症の治療法に対する推奨度を示すガイドラインにおいて、「アデノシン」の脱毛症に対する推奨度が
「C1:行なっても良い」→「B:行うように勧める」と評価が上がりました。
医療部外品では初めて、上位2番目(Aが一番)の推奨度を獲得しました。



Navision Dr. scalp essenceの特徴は、
・ベタつきが少なく、清涼感のあるさっぱりとした使い心地
・朝晩1日2回 6ヶ月以上の継続使用がオススメ
・無香料・無着色・防腐剤フリー

 1:太く アデノシン ソフォラ抽出液(クジン抽出液)
 2:増やす パナックス ジンセンエキス(ニンジンエキス)
 3:黒く サンショウエキス ホップエキス レイシエキス

です。
 
その他、ミノキシジルや、ハイブリッドペプチド、KIPなどの評価はどうなのー?
と、気になると思いますがあくまでも皮膚科学会はエビデンスに基づいたガイドラインを作成しているので、自費診療で行なっていることの多くは対照実験を行なっていません。
そのため、まとまったデータがない。というところです。

当院で使用している中ではこれが発毛治療の育毛剤の中では一番弱いタイプかなと思います。
リアップの5%と同等の効果と言われています。
なので、化粧品感覚で、頭皮のケアを行いたい方や白髪予防をしたい方などにオススメしています。
増毛を期待する方は、それ以外の製品をお勧めすることが多いですが、基本的にはご自身で選択していただいています。

 院長は、今これを夜だけ使っています。
どちらかというと、デイリーケア。白髪予防で使用しています。
200mlもあるので、夜だけ使うと余裕で半年以上もっています。
なくならない。。。
これがなくなったら次はハイブリッドペプチドを使用しようと思っています。
最新製品なのでまだご紹介していないので次に書きますね。

顔の化粧品や乳液は、結構皆様抵抗感なく毎日朝晩使用していると思いますが、、頭皮に関しても同様に顔の肌の一部なので、ちゃんとケアしてあげてくださいね。

白髪ももちろん見た目に影響を与えますが、頭皮がゆるむともちろん顔にも影響出ますよー


 
記事を閉じる
 
サムネイル

骨って新しく再生できるってほんと? ・・・ほんと

UP
 

先日患者様に質問を受けました。

「先生、貧乏ゆすりをすると骨が作られて膝の痛みがなくなるってテレビで言っていたのですが本当ですか?」
「貧乏ゆすりだと、2時間くらいしないとダメじゃないの?」
「あ。そういえば2時間って言ってました。」
「であれば、少しずつ改善はしていく可能性はありますよ。劇的な期待はダメだけどね。」
というお話をしました。

結局、貧乏ゆすりが良い。というよりも振動が細胞の再生には非常に重要です。
貧乏ゆすりは足を踏みしめた際に左右に、上に引き上げた時に上下に揺れますので、3Dで振動がかかっています。
ただ揺れるだけではない、三次元の動き。
​これが非常に重要なのです。

人間の体の細胞は、振動によって元気になります。
唯一の例外が、脂肪細胞です。
これは学術的にも立証されていますが、体の中で脂肪細胞だけが、揺らされたり動かされたりすると増殖が抑制され、成長が停止します。
それ以外の細胞はだいたい元気になります。
なので、実験室で細胞培養を行う際も、培養が難しいものはシャーレをゆらしながら培養室に入れておく場合もあります。

また、振動自体も良いのですが、振動を与えることで血管が拡張して血流が良くなります。
これが非常に重要です。
血流は細胞にとっては栄養素なので、田畑でいうと水と栄養が沢山もらえる状況となります。

寒い時、無意識に手をこすり合わせるのは、振動と摩擦で細胞間に熱を発生させて、血流を良くするということを無意識でやっている感じです。

それであればパワープレートを1日数分でも乗れば貧乏ゆすりを超えた効果がありますが、お金をかけずに自分の力で行うことに価値もありますよね。
でも、普通は2時間カタカタ揺れているのは、なかなか難しいと思いますが・・・

パワープレートはもともとは宇宙から帰ってきた宇宙飛行士の人たちのリハビリの目的に開発されました。
3次元振動を加えることによって、重力負荷を与えることができます。
現在も、日本では大阪大学が研究を進めています。
現時点で発表されている論文も沢山あります。
例えば・・

・パワープレートトレーニングは骨を形成する
・全身振動による腹部脂肪減少(過体重・肥満成人)
・パワープレートによる定期的なマッサージは循環を改善させる
・パワープレートによって筋力と跳躍高は増大する
・パワープレートは高齢男性の筋力及び筋肉量を増大させる
・パワープレートの高齢者への有効性が立証
・パワープレートトレーニングが高齢者の心肺フィットネスおよび筋力に及ぼす効果
・セルライトを解消
・パワープレートトレーニングは脊椎損傷患者の歩行機能を改善させる



・・・・などなど。。
挙げ出すともっともっとあります。
読みたい方は、当院にてご参照ください。
でも、真面目な論文なので内容はちょっと難しいです。
気になる方は、院長に直接お尋ねくださっても良いですよ。

全身の血流がよくなるので、いろいろと良い効果があります。
膝の骨再生についてはPRPもありますが、全身に及ぼす効果ではパワープレート侮れません。^ー^



 
記事を閉じる
 
サムネイル

ニードリング技術サポート 第8回目 in 東京

UP
 

相変わらず、休みがない院長ですが・・
最近は月に2、3日は休むことができてます。。。
ブログあまり書けてなくて大変申し訳ないです。(言い訳にしか過ぎないです。。。すいません)



さて、東京日帰り行ってまいりました。
エンビロンのニードリング講習も、はや8回目
ニードリングは講習を受けて、技術を学んだ人のみが提供できる特殊な治療です。
1回目から技術サポートをさせていただき、一度も休んだことがないっ。
というニードリング愛の強さを見せる院長です。

最近では、ダーマローラやその他、フラクショナルの治療を行なっているDr.なども「ニードリングとはなんぞ?」といらしていただいています。
「全然違うね。よく刺さる。深いねぇ。これは効きそう」
などとおっしゃっていただくと、少し嬉しくなります。

この治療は、行う人によって差のでる治療です。
つまり技術が大事なので、「傷跡を残さず、深く、均一に、必要な方向」などを考慮し行う必要があります。
なので技術講習を受けた人のみが提供できるようにしています。
世界的にも普及しており、論文も多くでてるんですよ。
ちゃんとエビデンスのある治療なのです。

何が良いの? と良く聞かれますが、
穴をあけることによって、傷を治す!というメカニズムが生じます。
傷を治すと細胞に認識させることによって、傷のみではなく、皮膚そのものを再生・修復していく治療となります。
その深さや密度が絶妙で、TGFβというサイトカイン発現がすごくバランスが良いのです。。。
ここを話し出すと難しくなるので、省略ですね^ー^

まず皆様に喜ばれるのは
ニキビ跡や、傷跡が綺麗になっていきます。
正直レーザーよりは、職人による手作業のニードリングのほうが改善が早いです。
なぜなら、より深く、より密に刺入することができるからです。

もう一つは、コラーゲンが誘導されるため、真皮の厚みが増していきます。
人は老化すると、皮膚も、筋肉も、脂肪も萎縮し縮んでいきます。
真皮(皮膚)が薄くなると、弾力性も失われ笑った時に沢山のシワが刻まれたり、たるんできます。
そのため、真皮の厚みを再構築することは非常に重要です。

つまり、皮膚を綺麗に再生させながら、たるみを取る。
皆様が望んでいることが集約されいます。
また、自分の細胞が再生させたものなので後戻りもしません。
ただ、1回で劇的な改善効果がある方もいれば、6回必要な方もいたり、、再生医療は人それぞれで反応が異なります。
そのため、推奨治療回数は6回以上ですよ。とお話ししています。
頻度は、個人によって通いやすい日程でご来院ください。
遠方より半年に一度来院される方もいらっしゃいます。

それでは明日からも皆様にHappyを届けられるよう頑張ります。

写真は、プロテアで川添先生と記念撮影してきましたー^ー^
 
記事を閉じる
 


123[24] 
1件目~5件目 (120件中)