ブログ [再生医療]


123[4] 
1件目~5件目 (18件中)
サムネイル

PRPって何?

UP
 

PRPの問い合わせは非常に多いのですが、内容が難しくてよくわからない。
というのが皆様からのお声でもあります。

少しずつお話ししたいかな。と思っております。
PRPとは[Platelet Rich Plasma]の略で、直訳すると血小板がいっぱい入っている血漿という意味です。
当院で用いているのは、正確に言うと、W-PRP で、それに白血球も入っています。
つまり、傷を治す細胞がたくさん入った血漿というわけです。
傷を治す細胞がなぜ大事かと言うと、血小板を中心に活性化させて用いることによってサイトカインという細胞を元気にさせる物質が大量に放出されます。
サイトカインにも色々な種類があるのですが、それはとりあえず置いといて。。。
それによって線維芽細胞が活性化され、コラーゲンを形成させると言うわけです。
傷を治すというメカニズムで皮膚皮下組織を修復してもらうイメージです。

また、当院では種類が2種類あります。
セルリバイブ、 セルリバイブジータと言われていたものですが、現在精製方法がさらに高まり
ニューリバイブ、ニューリバイブジータとなっています。
セルリバイブの時代より2倍細胞の抽出率が高まりました。
なので、ハーフサイズでも十分に効果が発現されます。

PRPというのは、一つの一般語で、医院によって作り方も精製方法も全く異なります。
例えば、テレビと一言で言っても4Kもあれば8Kもあれば、、、内容も色々な種類があるし、メーカーもそれぞれと言う感じですよね。
PRPもそう言う感じで、色々なメーカーの作成キットが発売されています。

当院のやり方は、メーカーのキットを使用していません。
医師自身が遠心分離機を使用し、生成しPRPを作成しています。
私のやり方は、京都大学の先輩である川添先生に指導していただき、取得しました。
その後も独自の進化をしているので、もう10年以上前になるかもしれませんがだいぶ変わっています。
以前は線で注入していたものが、最近は面で注入しています。
どちらかというと、その人その人の顔に彫刻をするような感じです。
削るのではなく、注入するわけですが。。。
その人の顔の構造を考えて、形を作っていく感覚です。
時々注入中の患者さんに、「先生は美術も得意なんですか?」と聞かれる時があります。
「いれ方が独特なの気づきました?鋭いですねぇ」と笑いあっていますが、美術が得意かと言われると、、、
正直よくわかりません。
小学校の頃はよく賞をもらっていました。。。って何年前。。。

恩師からは、変化を与えすぎ!若返らせすぎ!と怒られています。
恩師の教えは、やったかどうかわからない程度、少し元気そうな感じにすること。と教わったのですが
どうしても皆様の綺麗になりたいという希望が強いので、少しずつ改善を加えました。
なので、あのPRPを施行したスタッフの写真のような変化は恩師は好きではないと思うのですが。。。
すいません。師匠、でも基本は忘れていません。

ということで、
PRPはクリニック、つまり施術者によって、全く作り方や注入方法が異なっています。
ある意味手術に近い感覚です。
その上、個人の細胞活性(細胞が元気かどうか)によっても効果が異なってくるものです。

ヒアルロン酸のように溶かして元に戻すことができない、ある意味永続的な治療ですので、治療を行う際にはしっかりとカウンセリングを受けて、どこをどう修復したいのか、施術者はどういう感じで注入するのかを理解して行なってくださいね。



 
記事を閉じる
 
サムネイル

PRP注射してもらいました!

UP
 

皆さまこんにちは!
先月のお話になりますが、初めてPRP(多血小板血漿)をしてもらいました。
ずっと気になっていた法令線と頬部脂肪の下がりの部分を中心に入れてもらいました。
注入後、頬がリフトアップされ法令線も薄くなりました(*´∀`*)
 

 
※注入後の写真は注入翌日のものです。
 
注入中、薄くなっていく法令線に「すごい!すごいですね!PRP !」と何回も言っていると、院長に「今さらだよ!笑!」と
(=゚ω゚)ノ笑
本当今さらですがPRPすごかったです!
良かったです!
ちなみに私はジータのフル(4ml)を入れてもらいました!
 
これから6ヵ月かけて細胞修復がおこなわれていくので、自分の細胞が元気であることを願って楽しみに経過を待ちたいと思います…(*´︶`*)☆

 
記事を閉じる
 
サムネイル

幹細胞移植!?

UP
 

最近患者様より 
「テレビでやってたけどどうなの??」
という質問が増えています。
最近美容特集が流行っているのかな?
院長テレビほとんど見ないので、どんな情報が飛び交っているのかちょっとわかりかねますが、
いつも皆様から「こんなんやってた」って教えてもらってます。
ん?という内容も時々ありますが・・・

その中でも、おそらく皆様が混乱しているだろう「幹細胞」について今回簡単にお話しようかなと思いますよ。

「テレビで〇〇さんが、顔に幹細胞をうってたよ。点滴もなんかしてた。
 ここではできないんですか?」
という質問を受けました。

基本的に、iPS細胞が発表された際に、ES細胞や、幹細胞などの情報がメディアを含め皆様に浸透したと思うのですが、単刀直入に言うと、現時点では「幹細胞治療」についてはまだ治療が確立されていません。

現在発売されている、幹細胞化粧品は、実際に幹細胞が入っているのではなく、幹細胞の上澄み液が入っています。
上澄み液って??となると思いますが。
通常、細胞を培養する際にシャーレ(培養するためのお皿みたいなもの)に細胞を撒くのですが、細胞のご飯は特殊な液体なんですね。
その細胞のご飯である液体に浸しておくと、細胞が増殖(数が増えていく)していきます。
その液体は、通常数日に一度交換します。
細胞がご飯を食べるので、栄養素が抜けますよね?なのでそれを一旦捨てて、新しい液を入れる作業をします。
その細胞が食べた後の液体が上澄み液です。

つまり、細胞が増殖する過程で、いろいろなサイトカイン、成長因子を分泌しているのでそれを使おうというのが今ある「幹細胞化粧品」です。
なので、実際細胞が入っているわけではないので危険性はないよ。と言われおり、「再生医療認定にも登録する必要はなく (国の規定なし)、企業が自由に作っています。」

一方、幹細胞そのものを使った治療はまだ確立されていません。
海外では、他人の胎盤からの幹細胞移植トライアルが行われましたが副作用も報告されており、事実上フリーズ状態です。
日本でも一部の施設で開始されていますが、安全性や長期経過などまだ不明点も多い為、今後どうなるか見守る必要があるかと思います。

また、誤解されやすいのが 「脂肪肝細胞移植」
これは自分の脂肪細胞の中にある幹細胞を残した状態で脂肪移植を行います。
昔は、脂肪吸引をした後、洗浄処置を行って脂肪滴を注入したりしていたのですが、最近では幹細胞を温存した状態で移植した方が生着が良いということがわかり、行われています。
他人のものでもなく、増殖・活性処置を行っているわけではないので安全性ももちろん大丈夫です。
当院では、遠心分離器にて作成していますが、現在自動で作ってくれるキットも発売されています。
自分で分離できるので、大学院行っててよかったわぁ。と実感する今日この頃です。
(そういうことを言うと、怒られちゃいますが。。)



そもそも、幹細胞って何?ってなってます?
幹細胞とは、細胞が分化する上でのもととなる細胞ですが。。。
例えば・・・骨髄や、脂肪、皮膚、毛根などに存在しています。
常に細胞は死んでいますが、幹細胞があるために新しく生まれてきてくれます。

ちょっと難しかったでしょうか。
もし分かりにくかったら直接聞いてくださいね。

細胞を増殖・活性化させる手助けが再生医療です。
現在PRPは国が認定しているため再生医療法で規制されています。
それ以外は今の所特に規定はないので、それぞれの施設での対応となります。

迷ったり、不明点があれば主治医に聞くのが一番ですよ。

 

記事を閉じる
 
サムネイル

ニードリング技術サポート 第9回目 in 東京

UP
 

早いもので第9回目。
ブログを見ていただいている方なら、
「あら、先生また行ってきたのー?お疲れ様。」と、行っていただけそうな。
ついこの間行ったような気になりますね。

時が経つのも早く、もう2月も終わろうとしていますよね。
この間患者様に
「なかなか先生に会えないから、ブログ見て寂しさしのぐからちゃんと更新してください!」
と言われて
「了解っ」と言いながら・・・
気づけばまたその患者様に会っていた・・・
「ごめん。ブログ書くより先に会っちゃったね。」と笑い合うほど最近更新していなくてすいません。

今日もこのままくつろごうと思う心を鞭打ち、今日くらいは書こうと頑張ってまーす。


ニードリング講習も9回目で、大体1回あたり10人前後いらしていただいているのですが、実際今、日本でニードリングが行える施設は十数件しかまだありません。
なかなか浸透しない理由としては、いろいろ考えられますが。。
出血を伴う処置であることや、技術者によって結果が変わる、処置に時間と手間がかかる。などでしょうか。
技術者によって結果が変わる処置は逆に私にとってはとっても面白く、わくわくするのですが、一般的には難しい処置とされてしまいます。
また、レーザーなどと異なり出血を起こすということは、ちゃんとした滅菌処置や、作業者への徹底的な指導が必要なのでそれまたハードルを上げているのかなとも思います。

「レーザーとニードリングの違いは?」という質問もありましたが。。
これは、患者側からもすごい興味があるのでは?
基本的には、自分自身の肌を若返らせる治療としては、ニードリングが一番かと。(PRPは別ね)
真皮を再構築して厚みや弾力を取り戻す方法としてはPRPを別にするとニードリングが最強です。
レーザーはHIFUもそうですが、半年ほどで完全にとは言いませんが戻ってしまうので定期的に受ける必要があり、機械力(熱など)で引き上げています。肌自体が若返るわけではありません。

継続力、引き締め力、肌質改善とともにニードリングの方が優れてはいますが、レーザーには即効力、ダウンタイムがない、痛みも少ない、人にバレない。などの利点もあるため、患者様ごとのニーズに合わせて使用するのが良いかと思います。

ダウンタイムなんて、関係ないって方はうちのスタッフのようにニードリングが一番!!!となります。
一年に一度来院される方でも、美しさが持続している治療は見ていて嬉しくなります。

今後も少しずつ受けられる施設が増えると思いますので皆様近くにない方もお待ちくださいね。

もちろん東京日帰り旅です。
朝出発して終わり次第帰る。
ご飯も悲しいけど駅弁くんです。
今度は月曜日午前休診にして、ちょっと美味しいもの食べて帰ろうかな。と毎回思うのですが。。
気づけばこうなっている。。



次こそは・・・
記事を閉じる
 
サムネイル

PRX-T33 ~ マッサージ・コラーゲンピール  採用しました!!

UP
 

たるみが気になるけど、、、なかなかレーザーやニードリングなどの処置が怖くて敷居が高い。
痛い治療がとにかく苦手で、もっと手軽に始めたい。
など、もう少しハードルを下げて欲しいけど、効果も欲しいという声にお応えし、
PRX-T33 (マッサージピール・コラーゲンピールとも言われます)を採用しました。

どちらかというと、当院ではイオン導入とニードリングの真ん中にあたる治療かなと思います。
ダウンタイムがとにかくダメな方や、レーザーやニードリングはコスト的にも厳しい方、少しでも痛みがある治療が怖い方、などにお勧めです。

また、ニードリングやレーザー、イオン導入と組み合わせることにより効果が強化されますので、もっと治療効果を高めたいという方にもお勧めです。

一般的なピーリングと何が違うの?と思われる方も多いと思います。
もちろん当院にも通常のピーリングがあります。
通常のピーリングは、表皮に働きかけて、古い角質を取り除き、浸透する薬剤の効果を強めることを目的としています。

一方、マッサージピールは一般的なケミカルピーリング治療ではなくTCA(トリクロロ酢酸)は真皮まで届くDeep Peeling(ケミカルピーリング)として有名です。
マッサージピール(PRX-T33)は高濃度TCAなのに、ほとんどダウンタイムがありません
皮膚をピーリングすることなく深い部分に作用して、コラーゲンを作ることで深部のハリをもたらします。
コウジ酸配合で強力美白作用も期待できます。

コラーゲンピール(PRX-T33)
効果については、2週間に一度を5回前後繰り返すことで肌のハリを実感していただけるのでお勧めです。
その後は、ご自身のペースで1ヶ月に一度とか2、3ヶ月に一度など繰り返すことをお勧めします。


劇的な変化を好まれる方は、やっぱりPRPやニードリングをお勧めしますが、じんわりと綺麗にしていきたい方には良いと思います。
上記にお勧めの治療ペースを書きましたが、もちろんご自身のペースで来院していただいて大丈夫です。
ご不明な方はスタッフ、院長までお尋ねくださいね。
記事を閉じる
 


123[4] 
1件目~5件目 (18件中)