ブログ [コスメ・サプリ]


123[15] 
1件目~5件目 (75件中)
サムネイル

強力な抗酸化物質 PQQ

UP
 

抗酸化はかなり以前より話題に上がっていて、皆様なんとなく理解されているかなと思うのですが、、、

今回は PQQ(Pyrroloquinoline quinone:ピロロキノリンキノン)についてご紹介します。
PQQはビタミン用物質と言われていて、エネルギーを作り出すミトコンドリアなどの細胞内器官に存在します。
1979年に発見されたのですが、母乳中に多く含まれている栄養素です。
納豆や豆腐、緑茶、ピーマンなどにも含まれています。
アメリカでは神経細胞の保護効果があるということで、脳機能改善サプリメントとして発売されています。

そもそもミトコンドリアって何?となると思うのですが、
簡単にいうと、人間の体の中でエネルギーを作っている物です。
人間の体は何億もの細胞が働いて動いている集合体です。
その細胞の一つ一つにミトコンドリアが存在し、エネルギーを作ったり、細胞内カルシウムイオン濃度の調整や脂質の酸化、免疫反応などを調整していて、司令塔のような働きをしています。
この子たちが一生懸命にエネルギーを作ってくれるから、そもそもの細胞、つまり人間の体が機能しています。
とっても大事な働き者です。
ただ、エネルギーを作る過程でどうしても活性酸素が産生されます。
活性酸素は細胞にとって毒です。
(石油を燃やすとどうしても二酸化炭素が産生されて、地球が侵されるというイメージ?
どうしても産生しちゃいます。)
それによってミトコンドリア自体が破壊されていきます。
それで細胞の死を迎えます。
ミトコンドリアは、自分の体を犠牲にして私達にエネルギーを作ってくれているということになります。
(まぁミトコンドリアも身体の一部ですが)

PQQはミトコンドリアがエネルギーを作る過程で生じた活性酸素を強力に抑えることができます。
PQQを補充することで、ミトコンドリア内の活性酸素が低下し、ミトコンドリア自体の寿命が伸びることが証明されています。
ミトコンドリアの寿命が伸びるということは、細胞自体の寿命が伸びるということです。

人間の身体は基本的に常に細胞の死と再生が活発に行われているわけですが、最も敏感に作用するのが生殖器と言われています。
そのため、広島大学の総合生命科学研究科・生殖生物学の研究データによると
PQQを14日経口摂取した加齢マウスの実験において
酸化ストレスが減少し、ミトコンドリアが活性化されエネルギー産生が増加し、細胞死が優位に抑制されたという結果が出ています。
その結果
・排卵数の上昇
・血中女性ホルモンの増加
・卵巣のアンチエイジング 
  (卵巣の繊維化の改善、排卵周期異常の改善、卵胞萎縮改善、妊娠力の回復)
が認められました。
卵巣は排卵のたびに傷ついているので、修復が行われるわけですが、修復を行えば行うほど傷跡が増えるので、どんどん卵巣が繊維化され、硬くなります。
そのため、卵胞が萎縮してしまうわけです。
このマウス実験の卵巣の組織所見を見ると、繊維化が本当に改善されておりちょっと凄すぎてびっくりしました。

雄に対しても同様に
・精子奇形・運動の改善
・精巣の異常脂肪沈着の抑制
・血中男性ホルモンの増加
 など 良好な結果が得られています。

こういった結果から、産婦人科で扱われることが多かったPPQですが、紫外線によるシワ(光老化)にも強力な改善効果があるという点で当院でも扱うことにしました。

ロート製薬さんからでている  プルーファ セルアライブです。



妊娠を望まれる方は勿論ですが、更年期に苦しんでいる方や、女性ホルモンが減ることが怖い方、とにかく抗酸化が気になると心配されている方には朗報ですね。
私もこの論文結果を読んで、女性ホルモンが減ると肌老化が早まる、というのが怖かったので飲み始めました。
夜寝る前に飲んでいますが、翌朝身体の軽さを感じています。
肝臓さんも元気になっているはず。
気分の問題なのかな?

もしも興味がある方は是非飲んでみて感想を聞かせてくださいね。





 
記事を閉じる
 
サムネイル

幹細胞順化培養液配合 クリーム 

UP
 

当院に来院される患者様に人気な再生医療。
PRPやニードリングなどなかなか予約が取れないと皆様に叱られております。。。
すいませんです。

さて、それは置いといて。。。
そういったアグレッシブな治療は嫌、怖い。
だけどある程度効果が欲しい。
目の下のちりめんじわやたるみが気になる。。
という方も多いかと思います。

ビタミンを導入しながら肌そのものを健康的に導くビタミン療法も最近目の周りのハリや小皺対策に新製品がざくざくでてます。
リビジョンのリボックス8やオバジのGファクターアイセラムなど目元用が新発売されていますので興味のある方はスタッフまで。

さて、今回紹介するのはビタミンとは全く異なる加水分解幹細胞順化培養液(STEM-CM)配合美容液です。
ロート製薬さんから発売されている ステムサイエンスMDクリーム です。



脂肪幹細胞の培養上清を使った化粧品自体は、幹細胞が話題になった時点でものすごく増えたので、ある程度身構えていました。
話題になると一気に新製品が増えるからです。
当院では自分の力で自分自身の線維芽細胞を元気にしたり、サイトカインを放出させる治療方(再生医療)があるのでわざわざ化粧品で導入しなくても良いかな。
と正直考えていました。
ただ、この化粧品はコラーゲンの産生量などデータがしっかりと出されており、学会でも発表されていてエビデンスがあります。
幹細胞美容液に興味のある方、再生医療までは怖いという方のために採用しました。

幹細胞が入っているわけではないですよ。
幹細胞が分化増殖する過程で生じたサイトカインという細胞が元気になる物が入っています。

使用開始後約2週間ほどで肌のハリ感、目の周りや法令線などの乾燥小皺が改善されます。
クリームの質感が非常に良いです。

興味のある方は、スタッフまで気軽に問い合わせくださいね。
記事を閉じる
 
サムネイル

飲むヒアルロン酸ってどうなの?

UP
 

時々聞かれる内容が、
これを飲んでいるけどどう思います?
このメーカーのこれって意味あります?

といろいろと聞かれるのですが。。。
その物については理解はありますが、内容の濃度・純度、その他いろいろとやっぱりあるので、どれが良いとかは具体的にはわかりかねます。。。
サプリは内服してみて自分が1日元気に過ごせてることが大事かなと思います。
当院でもエビデンスがあり、長期間、多くのクリニックで採用されている信頼が高いものを選択するようにしています。(本当に無数にありますよね)


さて、皆が大好きヒアルロン酸ですが。。。
私も以前書いたように確か16歳ごろから老けるのが怖くて、粉のヒアルロン酸を飲んでいました。
コーヒーに溶かして頑張って飲んでたんですよ。
ただ、医学部に入学し、飲むヒアルロン酸は結局は分解されて一般的なアミノ酸になるだけなのでアンチエイジングには意味がない。という衝撃の講義を受けて飲むのをやめました。

ところが!!
数年前より「飲むヒアルロン酸にも意味がある」との学会発表が行なわれ私的には再び衝撃を受けました。(°▽°)
京都大学大学院農学研究科教授によって発表されました。
まず
1:傷の治りが早い
2:肌の皮膚水分量と弾力性の増加、しわと肌荒れの改善が有意に認められた
とのことでした。
ドイツで行われた試験でも
目元の皺の体積の減少、皮膚における一型コラーゲンとエラスチン量の増加が優位に観察されたそうですよ。

またエラスチンも同じように肌のキメの改善、血管に有益な効果が報告されているので、コラーゲンとエラスチンが増えるならとっても嬉しいことです。
膠原繊維と弾性繊維は両方お肌や血管には重要です。

ただ、内服すると全身のコラーゲンやエラスチンが増えるの?顔が良いのだけど・・
という方。
実際は刺激を受けている部位が中心に作用するそうです。
なので、レーザーやニードリングなどで肌に刺激を与えると集中的にその部位に作用してくれるということになります。
なので、顔!!と思っている方は、レーザーやニードリングなどでお肌を刺激して内服をするとさらに良いと思います。
あえて傷を作るニードリングとは相乗効果良さそうですよね。

当院で扱っているものは、ロート製薬さん(DRX)のエラスリフト
飲むエラスチンとコラーゲンです。
飲みやすいのが特徴です。
何かに溶かさなくてもそのまま食べられます。



色々とあり、日々悩むと思いますが。
少しでもお助けできれば思っています。
具体的な作用機序など聞きたい場合は、外来で聞いてくださいね。
難しい話は省略してます。






 
記事を閉じる
 
サムネイル

Revision スキンケア もう少しご説明

UP
 

前回Revision の取扱を開始しました。
とお話ししましたが、あまり具体的な説明になっていなかったので少し補足しますね。
結局何!? みたいな方お待たせしました。



まずリビジョンスキンケアは、​もう30年以上続いているアメリカの最先端スキンブランドです。
マイクロバイオホームや、ペプチド技術をベースに設計・製造されています。
つまり、独自の研究で皮膚のPHやマイクロバイオームに着目し、肌の常在菌を整えて肌の持つ潜在能力を最大限に引き出すことを目的にしています。
そこに、さらにピュアレチノールが配合されていて、肌の代謝も上げましょう的な感じです。

種類としては
Balancing Facial Toner :化粧品
A Advanced 0.5 / 1.0 :ピュアレチノールとバクチオール配合
D·E·J face cream® : 朝用クリーム (ペプチド、ビタミンC、ヒアルロン酸など)
D·E·J Night face cream®: 夜用クリーム(朝用にピュアレチノール、バクチオール配合)
Revox™ 7  :美容液(  7つの機能性ペプチドが生み出すお肌にハリとうるおいを与える。シワが気になる部位へ)
C+ Correcting Complex 30%™:ビタミンCセラム(アスコルビン酸テトラヘキシルデシル30%(ビタミンC30%)を配合)

Nectifirm® Advanced:美容液(マイクロバイオームのポテンシャルを利用した首・デコルテ用)
YouthFull Lip Replenisher™:リップクリーム

上記8種類からなっています。

ブースト的な使用がお勧めなので、使い方などはクリニックでしっかりと説明をうけてから使用しましょう。

印象的にはCが非常に高濃度で使用感が強いです。
少しピリピリしますが、結果が早く感じられると思うので難しい肝斑の方など挑戦してみるのも良いと思います。
皮膚の常在菌が正常化するだけでも、肌のくすみやトラブルが改善されます。

また、体用(首・デコルテ)のクリームがあるのも特徴的ですね。
これは、皮膚の常在菌が顔と首で異なっているため、体用が発売されているようです。
本国アメリカの方では首用の方が大人気だそうですよ。

唇のボリューム感、つやが欲しい!方にはリップがあります。
今までのリップより、ベタつき感半端ないです。
夜寝る前に塗って朝起きても唇の上にしっかりと張り付いています。
1日3回の使用で唇プルプルという意味がわかります。
ただ、コップにつくと非常に取れにくいので。。その点要注意です。
手で擦ってもとれませんが、もちろん洗剤でとれます。

リボックスは、眉間や口の上のシワ、目尻などシワが気になる部位にお勧めです。
ボトックスほどの効果はありませんが、ボトックスを打った部位にさらに塗り込むとハリ感がすごいと好評です。

などなど、色々と種類も多くて話聞いてても一杯一杯の人多いかもです。
一人一人で異なる使用で良いのです。
また一緒に相談しましょう。

 

記事を閉じる
 
サムネイル

日本人はビタミンD不足!?

UP
 

暑い!!
紫外線も凄すぎて、暑いよりも痛い!!
という今日この頃。。
紫外線対策は必須の時代です。



さてビタミンDといえば、、
日光を浴びることによって人はビタミンDを合成します。
ビタミンDは健康に必要なので、ある程度は日光を浴びた方が良いと言われてはいますよね。
現代人は欧米人、日本人含めてほぼビタミンD不足だと言われています。
日焼け止めの使用や、この暑さのためにほぼ屋内や車内で過ごしていることが挙げられています。

今回東洋経済のニュースでビタミンDについて記事があげられていたので皆様に少し紹介しますね。
老化には体内の炎症が大きく関係していると言われているのですが、例えば活性酸素が害があるとか、糖化が害があるとか色々言われていますよね。
ビタミンD濃度が高い方が炎症のレベルが低いと研究結果が出ています。
また、遺伝子の5%にビタミンDが関係していると言われており、ビタミンDは脳内での抗酸化レベルを調整し、酸化ストレスを中和して緩和するそうです。
具体的にいうと、アルツハイマー病など神経細胞の過剰な活動を抑制したり、免疫細胞を刺激してアミロイドβ(アルツハイマーを引きを越すと言われているタンパク質)を除去したりするそうです。
あとは、自己免疫疾患や、抑うつ病にも関係していると言われていますが、その辺りはさらに研究が必要だと思います。

じゃぁ1日にどのくらいのビタミンDを取れば良いのかという点においては、実は適切な血中濃度の範囲はまだ確立されていません。
最適濃度がまだわかっていないということです。

東洋経済さんの調べた結果によると、一日2000〜5000IUが良いそうですが、日本では4000IUまでとされています。
日本では欧米に比べるとAやDを取りすぎないように。というイメージが強いですね。

太陽の光を浴びてビタミンDを生成することは、適度には必要だと思いますが、現代社会紫外線がとにかく強すぎるので、朝の光を適度に浴びて体内時計の調整を行うのも良いかもです。
体内時計を調整するだけでも、メンタルとや、血圧などにも関係するそうですよ。

エンビロンのサプリメントもビタミンA、Dが中心に作られていますが、とにかくDr.デス はビタミンA、Dが大好きな印象です。
エンビロンのサプリも1日2錠を推奨しています。
私は患者さんには1日1錠で十分だと思う。。。と、つい 言ってしまっていますが。
日本人はサプリメントを積極的に取る習慣が欧米人に比べると低い印象があるんですよね。
その分日本食文化が優れているということだと私は思っています。
ただ偏食の方や過度なダイエットをしている方は適宜サプリメントで補うことも必要だと思います。

何事もとり過ぎてもダメだし、少なすぎてももちろん駄目。
本当は適切な食生活と睡眠、日光がベストですがなかなか優等生にはなれないですよね。
ぼちぼちいきましょー
 
記事を閉じる
 


123[15] 
1件目~5件目 (75件中)