ブログ [レーザー]


123 
1件目~5件目 (14件中)
サムネイル

ピコトーニング?ピコシャワー?

UP
 

「ピコレーザー」という言葉もそろそろ皆様に馴染んできた頃でしょうか。
これは機械の名前ですよ。




時々聞かれるのですが、
・ピコトーニング 
・ピコシャワー
・ピンクピコ
・・・・
 いろいろな名称がついているけど、何が違うんですか? 
 違いを教えてください。 
 と聞かれますが、基本一緒です。

 「トーニング」という名称は超波長レーザーを優しい出力で照射するという肝斑に対する革新的な治療。
ということで開始されました。
 ただ、一部の患者さんに肝斑自体が濃くなってしまう方がいるため、一部のDr.の間では「トーニングやるべきではない!!肝斑にはレーザーは照射しちゃダメ!!」
という意見もあります。
そのため、「トーニング」という名称を使いたがらないDr.もいます。
そのため、名称が現在いろいろと複雑化されているように思います。

もちろんピコレーザー自体もいろいろなメーカー製の物があります。
照射の方法、出力、照射数はメーカー推奨プロトコールがありますがクリニックによっても異なっているのではないかと思います。

ちなみに当院のピコトーニングは、 他のクリニックとは全く異なっています。
優しいメーカー推奨のプロトコールで行うことももちろん可能ですが、
発数・出力ともにかなり独自のプロトコールを使用しているため、逆にメーカーにそのプロトコールを提供?提出?している状況です。
日々検討し、改善し、、、とフィードバックを繰り返しています。
まだ完全マスターに至っていないと思っています。
まだまだ改善していくつもりです。

もちろん肝斑が濃くなってしまうというリスクはあります。
そのために、いろいろな治療方法を取り揃える必要があるのです。
どの治療が一番良いですか?
いくらくらいで消えますか?
何回通えば良いですか?
とよく聞かれます。
皆様の気持ちは非常によくわかります。
ただ、肝斑だけはわかりません。とお答えしています。
シミは上手くいくと、当日カウンセリング後照射して終了可能ですが、肝斑は人によって反応がさまざまなのです。
レーザーに対する反応が良い方は、大体7回〜10回程を一つの目安としますが、
逆にレーザーがダメな人は、ビタミン・HQ治療や肌再生医療(ニードリングなど)を組み合わせて、肌自体を変えていかないとダメな人もいらっしゃいます。

逆にレーザーをあてなければダメということでは決してないです。
レーザー以外の治療方法で治療し、コントロールしていくことも可能です。
ただ、表在性の老人性色素斑以外は1,2回で消してほしいということが無理なのです。

いろいろな種類のシミがありますが、肌は基本的にはどの治療方法を用いても綺麗になります。
ただ、シミによっては取れやすい物、取れにくい物。
その人の肌によっては、難しい肌質の方がいるのは事実です。
色々と相談して一緒に治療方法を決定していきましょう。
自分がどんな肌条件なのか?シミなのか?
悩んでいる方は、まずはカウンセリングにご来院くださいね。





 
 
記事を閉じる
 
サムネイル

ほくろやいぼのレーザー焼灼とは?

UP
 

ホクロやイボを取りたいという相談多いです。
実際どのくらいのダウンタイムがあって、経過はどうなるのか?などいろいろと気になるところだと思います。

黒子の取り方としては
①電気焼灼法(レーザー焼灼)
②切除法
③IPLなど光治療機によるもの
と、大きく分けると3つあります。

今回は、レーザー焼灼についてお話しします。
基本的には、黒子自体は表面に隆起してくるものもあれば、下の方(脂肪層)にまで細胞が落ちている方もいます。
上にも下にも成長し増殖します。
そのため、人によって深さ、もちろん大きさが異なります。
膨らみよりも深さが大事です。
深いほど傷跡も残りやすく、再発もしやすいということになります。
浅く、小さいほど術後の傷跡は綺麗です。

今回 いぼと、ほくろを取った画像です。
このタイプのイボは皮下に脂肪の線が溜まっているため、少し深めに処理する必要があります。
黒子はこの程度の大きさと深さであれば術直後からほとんどわかりません。




術後は軟膏のみ塗ってもらい、それ以外の場所は化粧をしても大丈夫です。
テープはマスクで擦れる、長時間野外にいるなどがなければ貼らなくても大丈夫です。
本人にお任せしています。


焼灼直後



術後24時間です。
傷の小さい部位はほとんど分からないほどですが、大きい方は赤みも強く傷として目についてしまうと思います。
そういう点からも、なるべく小さいうちに処理する方が良いですね。
傷のところ以外は化粧してます。



術後10日です。
ほとんど問題なく傷は塞がっています。
化粧もOKです。
赤みや傷のなじみに関しては、時間の経過とともに軽快していきます。
しばらく辛抱して待ちましょう。
赤味は早い方で3ヶ月、遅い方だと一年前後かかることもあります。
勿論年齢、体質的なものもありますが、取るものの大きさや深さにもよります。

つまり、レーザーで行う処置は、大きいほど、深いほどダウンタイムは大きいです。
また、黒子の場合は再発のリスクもあります。
だけど、顔の黒点がなくなる、隆起がなくなると非常にスッキリします。
残念ながら再発した場合は、より深く削るか、切除をするかなど適宜相談していきましょう。
記事を閉じる
 
サムネイル

実際のシミ治療ってどんな感じなの?

UP
 

以前「しみ」についてシミにも種類があるし、色々レーザーもあるよと。
言葉で書いたのですが、
「よくわからない。難しい。」
とのお声をいただいたので実際に写真で簡単に説明しますね。

まず、老人性色素斑!一般的に「シミ」と言われている物です。
表在性のメラニンが中心なので、こういうのはQ-swich や Pico-Nd など「ばちっ」とあてると早いです。
かさぶたができるやつです。

before.after. 

この方は1回でスッキリしました。
真ん中の白く抜けている部分です。
ただ、このまま放置すると、シミのメカニズム自体が活性している方はまた復活してくる可能性もありますし、ここ以外の皮膚もどうせなら綺麗したい(主役がいなくなると、外側の今まで気にならなかった色素が気になるようになる)という思いがある方については、その後IPLに移行することをお勧めしています。
この方は、その後IPL(+トーニング)をされていますので、今更にお肌は綺麗になっています。

次に、顔中になぜかばらばらとしみがある方。
特に、短期間での治療が希望の方についてはトーニングです。

before   after  

長期間でも良いのであれば、IPLでも良いと思います。
1、2週間に一度の照射も可能ですが、2〜4週に一度でもOKです。
10回前後をお勧めはしていますが、レーザーがPicoに進化したので今後は変わるかもです。

次に、色々なことが気になる方。
しみも、ほくろも、シワも、なんだかざわざわした感じが嫌。
治療期間を急いではいないし、先生にお任せしたいという方は、IPL(+トーニング)がお勧めです。

before   after  

肌の変化を毎回診察しながら、最適な照射条件を決めていきます。
1ヶ月に一度照射できますが、2、3ヶ月に一度でも大丈夫です。


などなど、これ以外にも最も治療の難しい肝斑などがありますが、肝斑は長期戦です。
濃くなったり、薄くなったりしながら肌のコントロールをしていきます。

before   after  

このかたも2、3年かかりました。
トーニングで改善する方や、イオン導入(ビタミン導入)であったり、IPLの695nm条件で治療していきます。
一筋縄ではいかない方もいらっしゃいますので、いろいろと作戦を練ります。


という感じで一人一人肌質や、シミの状況が全く異なりますので、色々と作戦をねって一緒に頑張る必要があります。
でも、シミが取れて肌が綺麗になると、それだけではなく皆様の表情が非常に明るくなるので、手術も好きですが、お肌自体を綺麗にすることも、皆様をHappyにするには非常に重要なことだと考えています。
ただ、自宅のケアや、紫外線対策なども重要なので、あくまでも一緒にがんばるようにお願いしますね。

では、自分のスキンタイプがどんなのかな?
と思われる方
一度クリニックにご相談くださいね。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
記事を閉じる
 
サムネイル

世界最新Picoレーザー導入しました!

UP
 

皆様お待たせしました。
世界最新のピコレーザーを導入しました。(^ー^)ヤッターー
って、なんのことですか。。。
ってなりそうなので簡単に説明しますと。。。

一般的に普及しているレーザーはほぼナノレーザーなのですが、あのカサブタができるのとかトーニングとかかなりの種類がありますが。。。
何がピコで何がナノかというと。
照射時間です。
セカンド → ミリセカンド → ナノセカンド → ピコセカンド という感じで照射時間がどんどん短縮されています。
なぜか?
照射時間を短くすることで周囲に与える熱の影響が少なくなります。
つまり組織に与える侵襲を限りなく抑えるため進歩しているわけです。

例えば、「ジュー」って焼かれるか、「ジュっ」て焼かれるか、「ジ」って焼かれるかどれが良い?
と言われると、「ジ」でお願いします。ってなるそんな感じです。
優しそうでしょ。

さて、今までも実はピコレーザーはありました。
ただ、照射時間が短い分エネルギーも低く、刺青には良いけど(明らかに濃い色素)、老人性色素斑には効果が薄いのでは?という印象が強かった。。。
当院の院長の性格もあるのですが、当院に来院される患者様も
ダウンタイムが少なくて効果もマイルドなのと、ダウンタイムが大きいけど効果が絶大なのではどっちが良い?
という答えに対し、ほとんどの方が後者でした。
​効果が一番ですよね。
であれば、わざわざピコじゃなくても、ナノで良いかなと、ナノの条件検討を極める方向でいっていたのです。

あと、ピコセカンドを実現させるためにどうしても機械のボディーが重くでかい。
当院では、IPL照射の際にサービスでトーニングもいれているので、レーザー機器を左右の部屋に頻繁に移動させる必要があります。
大きすぎる機械では、気軽な移動は無理でした。
という様々な点で、購入に踏み切れませんでした。

ところが!!
やっと。高出力が出せるボディーも小さいピコレーザーが登場しました。



フォトナ社という、老舗のルビーレーザーを扱っていたメーカーなのですが。
信念が私と似てて、しみを取るにはルビーレーザーが最強!!わざわざ侵襲を抑えるためにピコにしなくても。
と思っていたようですが、時代の流れを感じ、それに勝るピコを作ってみよう。
ということで登場したのがこのレーザーです。
なんだか凄そうですよね。
あまりにも世界最新過ぎて日本人用の Protocolがなく、1月に届いていたのですがレーザー条件を検討するのに約1ヶ月かかりました。
侵襲が少なくて、切れ味が良い。
痛みも少なく熱侵襲を抑えながら治療可能。
なので今までダメだった抵抗性の肝斑の方や、薄く取れにくいシミ、レーザー抵抗性の扁平母斑などにも戦いを挑みます。
前回お話ししたように、少しでも熱侵襲を受けると濃くなってしまうような肝斑の方などは、現在のレーザーでは治療に限界があります。
そろそろピコが必要ですね。
ちなみにフラクショナルも搭載されているので、さらに侵襲を少なくすることも逆に強くすることも可能です。

日本にまだ3台しかなく、2台は九州らしいので、ぶっちぎりの最新です。
もちろん最新だから良いというわけではないので、ちゃんと結果を出したいと思います。
どうにかして皆を綺麗にして、笑顔にしたいのです。
シミの治療は、本当に奥が深いですが、綺麗になると皆様笑顔になるので、重要なことだと思っています。

ちなみにレーザーは最新になりましたが、料金は以前と全く変更なしです。
IPL(フォトフェイシャル)の時にももちろん照射しますよ。
複合治療も継続です。

ではまたクリニックでお待ちしております。



 
 
記事を閉じる
 
サムネイル

シミとレーザーの関係

UP
 

シミの相談はもちろん多いのですが・・・
「このシミを消してくれれば良いです。」とおっしゃられる方が非常に多いです。
さて、どのように治療していくかなのですが。。。

シミと一言で言っても色々な種類があります。
表在性のシミであれば、メラニンを強く吹き飛ばすレーザーを使用すると、カサブタはできますが比較的1.2回で薄くなることが多いです。
もちろん一時期的な炎症後の色素沈着は起こる方もいますよ。
表在性のシミというのは、一般的にいう老人性の色素斑のことです。

ただ、ほとんどの方が肝斑やADM(深い層にあるシミ)などが合併しています。
深い層にあるADMやそばかすなどは、波長の長いレーザーで深部まで届くレーザーを照射して治療していきます。
表在性にあるシミとは照射条件や、やり方が全く異なります。
回数はかかりますが少しずつ綺麗にしていく必要があります。

そのような様々なシミやお肌のコンディションに合わせてレーザーを組み合わせて治療することが必要となります。
なので、波長も出力も効果も様々なレーザーを多種類準備し、さらに照射条件も無限に広がるわけです。

一般に言われているフォトフェイシャル(IPL)は複合治療機なのですが、レーザーというよりは光治療器です。
肌条件を少しずつ上げながら、全体的に綺麗にしていきます。

さて、さて
一番皆様が気になる点
肝斑はレーザーで濃くなるのか?
という点においては、現在学会でも様々に論争が行われている分野でもあるのですが。
率直にいうと「YES」と言わざるを得ません。
おそらく本当の意味で濃くなる方は、年に1、2人ですが、その200人の中の1人になる可能性は誰にもあります。
トーニングで濃くなってしまう方については、どんなに少ない熱や炎症でも濃くなる可能性があるということなので、肌の基盤を整えることを優先する必要があります。
イオン導入や、トラネキサム酸化粧品、内服などでコントロールしていく必要があります。
一時期的に肝斑が濃くなっていても、次第に軽快していきます。
ただ、そのような状態の方は、シャワーを直接かけるだけでも濃くなったり、紫外線や乾燥、摩擦全て悪化の原因になってしまうほど難しい肌のコンディションです。
あまり短期間で改善しようとするのではなく、徐々に改善していく必要があります。
焦ると余計に濃くなるので、本当に優しく応援して綺麗にしていくことが必要です。
肝斑は消すのではなく、コントロールしていくと思ってもらった方が良いです。

また、フォトフェイシャルでは、直接しみを叩く条件や、赤みを消す条件など強い光条件を入れてしまうと肝斑が濃くなる可能性があるため、肝斑条件(肌の活性を上げる条件)のみを照射し自己代謝を上げる条件で治療する必要があります。

大体の方は、シミと肝斑が混在しているため、そこを診察しながら毎回照射条件を変え、検討していく必要があります。
肝斑の反応の仕方は、人によって全く違います。
大丈夫な人はギリギリシミが消えやすい条件を入れたいものです。
なので人によって微妙に治療方法が異なってきます。

つまり。。。
シミのみの方は比較的短期間で治療をしてあげることが可能ですが、肝斑を合併されている方については時間がかかるということが現実です。

うまく言葉では伝えきれない部分ではありますが、来院していただき実際に説明を受け、味わっていただくのが一番だと思います。
なかなか予約が取れない。とのお声も聞こえますが、スタッフ一同なるべく期待に添えるよう頑張ってますっ。

では
またクリニックにてお待ちしております。
 
記事を閉じる
 


123 
1件目~5件目 (14件中)