ブログ [目]


123[4] 
1件目~5件目 (18件中)
サムネイル

全切開+脂肪処理はどれくらい腫れる?

UP
 

二重になりたいが、、、
自分のまぶたは厚ぼったすぎて糸ではすぐとれちゃう、と不安な方。
脂肪が多くてパンパンなのがコンプレックス。。
などいろいろと皆様が抱えるお悩みはあると思います。

自分の目に悩みが深い方は、最終的には全切開を希望される方が多いです。
ほとんどの方は皮膚処理を中心とした二重形成のみで大丈夫です。
内部を触らないので、すぐに終わりますしそんなに怖くないです。
もちろん小切開よりは怖いかもですが。

脂肪がコンプレックスの方、まぶたは厚いけどしっかりとした二重ラインが欲しい。
という方は、脂肪処理を追加する必要があります。

この点で誤解がないようにお話しすると。
皮膚自体が薄くなるわけではないです。
あくまでも目を開く時の重さを取り除く。
開いた時の上まぶたの膨らみ(膨隆)を予防する。という目的に行います。
厚ぼったい皮膚の方は切開線の工夫だけでいけたりしますので、必ずしも脂肪処理が必要なわけではないです。

また、
脂肪は将来大事になるので取りすぎても凹みや老け感につながるので、あくまでもラインを邪魔しない程度の脂肪処理にとどめています。
まぶたの内部の瘢痕(傷)は最小限に行う。ことをモットーににしています。
糸でも切開でも内部瘢痕は最小限に。
そうすることで、自然で、将来に渡り何回でも手術を追加することが可能です。
解剖はできるだけ崩さず、癒着も最小限が大事です。

脂肪処理がいるかどうかって、見ただけでわかりますか?
と時々質問を受けます。
完全に全員にわかるわけではないですが、ある程度の傾向はわかります。
もちろん脂肪が多くても、目を開く力が強い場合は問題ないので人それぞれ違うというのが現実です。
最終的には術中に一緒に相談して決めることも可能です。

今回の写真の方は、いつでも写真を使ってくれて大丈夫ですと言っていただけている方なので、少しお借りします。
本当にありがとう。
抜糸後の経過も気になっていますが、その後来院がないのできっと元気に過ごされていることと思います。
また福井にお越しの際には、会いに来てくださいね。
いつも応援しています。

さて

自分のラインはあるけど、しっかりとした二重にしたいとのこと。
この方は初めから自分で全切開脂肪処理をされたいと決めてました。
まぶたが厚ぼったく、自分のラインがある方はある程度しっかりラインをつけてあげる必要があります。



術直後です。



抜糸時。1週間目です。
まだ腫れててぷっくりしてますね。

大体1週間で7,8割の腫れは引きますが、残りの腫れは最低でも1ヶ月〜3ヶ月程かかります。
人によっては、1年〜1.5年程かかる方もいますのでここも個人差があります。
左右対称に腫れるわけでもなく、腫れの引き方も左右差があることがあります。

少しの腫れがなかなか引かない方などは結構不安になるかと思います。
でも必ずひきますよ。
不安に思う方は、医師診察をお勧めします。



 
記事を閉じる
 
サムネイル

眉下切開当日どんな感じ??

UP
 

何度かお話ししている眉下切開ですが、
先日、「写真わからないようにだったら使用してもらっても大丈夫ですよ。」
とありがたいお言葉をいただけました。
本当にありがとうございます。

眉下切開やりたいけど、怖い。
ダウンタイムは?
当日どんな感じなのか、どれくらい腫れるのか。。。
内出血の程度は?
傷は?
などたびたび質問を受けるので、本当に写真を提供していただきありがとうございました。

本人の顔がわからないように目をカット&黒塗りしているため、目が開いて雰囲気が良くなった感じは伝わりにくいのですが、キズや術中の雰囲気を感じてもらえると嬉しいです。

眉下切開は基本的には顔の印象をあまり変えたくない方や、外側のたるみが強い方、たるみが強すぎて眉毛をぐいっと上げてしまう方などにお勧めです。

まず、デザインですが、わかりやすいように赤でわざと眉毛を描いてもらいました。



その眉毛の下から皮膚を切除する形になります。(紫の部分)
切除量は、皮膚のたるみの程度、皮膚の厚み、ナチュラルを追求するかある程度ガッツリ行いたいかなどを本人と相談して最終決定します。(お任せと言われることがほとんどですが。。。相談したい)
若い方だと4mm〜6mm、ある程度たるみが強い方は、6mm〜12mmあたりで相談します。
もちろん例外もありますが。
一度にあまりたくさんとると、切開線が外側に伸びるのと分厚い皮膚から突然薄い皮膚に移行するので傷跡が馴染むのに時間を要する可能性があります。
そのため、その人の皮膚の状態も見て手術を考慮する必要があるので、メール問い合わせではもちろんお答えできません。

なかなか、たるみ治療で1cm近く皮膚が縮むということは難しいので、上まぶたについては手術が一番早いなぁといつも思ってしまいます。
目が楽に開くと・・・
表情が明るくなる、憂鬱な気分が楽になった。
とよく言ってくれるので意外と好きな手術かもです。



片側を除去したところです。
片側だけ二重のラインが出現しました。
眉毛が下がるため、おでこの皺も改善します。
ただ片側だとバランスがあまり取れないので、変な感じがすると思います。



両側手術が終わった時点で腫れてはいますが、目の開きやすさは実感できる方が多いです。
もちろん当日車を運転して帰れます。

その後、内出血は少し遅れてやってきます。
皮下組織のゆるさによって内出血班が下に落ちますので、目尻まで内出血が出現する方もいます。
皮下組織が硬い方はほとんど内出血もしないなど個人差が出ます。



術後1週間、抜糸です。
抜糸の頃には腫れはある程度改善しますが、まだまだ腫れています。
黄色は内出血です。
腫れの引き方にも個人差があり、抜糸の時点でほとんど腫れず、仕事してても誰にもバレなかったよ。
という方もいれば、結構内出血して腫れて大変でしたー
という方もいます。
組織圧によって少し差が出ます。


術後1ヶ月です。
術後1ヶ月ほどすると傷の赤みが軽快してきます。
この時点では完全に眉毛の位置が下がってバランスが取れてくるので、ライン的にもとても自然になりますし、おでこのシワも改善します。
ただ、切除量、体質によっては赤みが改善するのに時間がかかる方ももちろんいらっしゃいます。
その場合は、3ヶ月から1年半ほど様子を見る必要があります。

その後、全体のたるみも改善したい方などは、ニードリングを行っている方も多いです。
傷跡も早く綺麗になるし、上まぶた以外の部位も続けて綺麗になりたい方にはお勧めです。
トータルケアで綺麗にしていきましょう。
記事を閉じる
 
サムネイル

眉下切開傷跡気になる?

UP
 

おでこの皺でもお話ししたように、上まぶたのたるみには手術が一番早いです。
手術以外のたるみ治療でも良いですが、手術だとたるんだ皮膚をスッキリ取ることができます。
手術以外のたるみ治療で10mm近く短縮させるのはなかなかです。
手術だと、ダウンタイム(内出血や傷跡)を乗り越えると1度で快適に過ごせます。

でもハードル高いですよね。
「手術って切るんでしょ?」
「怖い。勇気出ません。。。」  
となると思います。

お気持ちわかります。。。
でも、目が軽くなるとすごく楽になるので、もしも今、目が重たくて、たるみが辛いな。と感じてる場合はご検討下さいね。
やった後は皆様喜んでくれます。
下まぶたの皺取る手術よりは、上まぶたのほうがまだ楽ですよ。(励ましになってない⁉︎)

まぶたの二重のラインを用いてたるみを取る方法は、少しぱっちりした目にしたいなど印象を変えたい方にお勧めです。
傷跡が二重のラインで隠れるので、傷跡が心配な方にも良いと思います。

「この年でぱっちり目は、、、」
「印象は変えたくないです。」
と言われる方も意外と多いです
特に男性は目の印象を変えたくない方多い印象です。
二重になってキラキラした目になると困るとか。

そういう方は眉下切開がお勧めです。
眉下切開は外側のたるみも結構とれますよ。
目尻の皺が気になる方にはよいです。
側頭部リフトよりもまずはこっち。

ただ、見える場所に傷跡ができてしまうということが難点ではありますよね。
正直たくさんの皮膚をとりすぎると皮膚に歪みが生じることもあります。
なので、10mm以上取る場合はその点注意が必要です。
でも、意外とたるみが強く沢山取って欲しいという方も多いです。
沢山取ると傷の緊張も強くなるため、気持ち傷の安定化にも時間を要する場合もあります。
その点は主治医と手術前にしっかりと相談しましょう。

傷跡はこのような形です。
結構沢山取った方です。
よく見ると白く見えます。


お化粧をするとほぼわかりません。
光の当たり方によっては気になる方もいるかもしれませんが、時間の経過で薄れていきます。
また馴染ませるために、ニードリングを行なっていくこともお勧めしています。
傷跡の経過も勿論個人差があります。

目のたるみが気になる方、どちらのやり方が悩む方などは
一度ご相談にご来院くださいね。

 
記事を閉じる
 
サムネイル

目の下たるみとりの手術!?

UP
 

マスクが当たり前な日常ですが、、意外と皆様が気にされているのが
目の下のくま、たるみ。
マスクをしていると、目の周りに視線が集中するので気になるとのこと。

目の下のたるみやクマには、いろいろと治療方法がありますが、今回は手術について簡単にお話ししますね。

まず、、、
目の下のボコッとした膨らみ。
それが何かと言いますと。
眼窩脂肪、つまり脂肪です。
眼窩脂肪とは、目玉を守るために目を取り囲むように存在している脂肪です。
これがあるので、目に衝撃があっても極力目に何もないようにクッションのような役割をしてくれています。
目の下のはりがなくなり、弛んでくると重力には逆らえず、目の下に膨らんで突出した状態になってしまいます。

また、目の下にはリガメントという骨と皮膚を繋ぐ組織があるのでそこがハンモックのようになって凹みながら、上が膨らむ。という構造になります。

手術としては、原則的にはその垂れて突出した眼窩脂肪を取り除いたり、位置をずらすということを行う処置です。

方法としては2種類あります。



一つは、
 経結膜脂肪除去 
 これはあかんべーをした時に見える赤いところ(結膜)を切って中の脂肪を除去します。
 皮膚表面には全く傷がつかないのでそれが利点ではあります。
 若い方や、あまり皮膚のたるみが強くない方にはこちらがお勧めです。
 皮膚のたるみが強い方が結膜側から脂肪だけ取ると皮膚側のシワが増えるリスクがあるので、皮膚のたるみが強い方は、皮膚から行う方法が良いです。

 経皮的除皺術
 
こちらは目のキワの皮膚側に切開を入れてアプローチします。
 まつ毛の下側を切るイメージです。

 こちらの方法では色々と手技を追加していきます。
 まずは脂肪の除去。 
 ただ年齢的には脂肪が減っている方の方が多いので、除去は最小限として、逆に凹んだ部位に移動させて凹凸を調整します。
  取りすぎると疲れた印象になるので要注意です。
 その後緩んだ隔膜を骨に固定し、縦方向のハリを作り出します。
  その後眼輪筋という目の周りに存在している筋肉を外側の骨膜に吊り上げる形で縫合固定します。
 それによって横方向の緊張を作ります。
 そして皮膚を少量切除して縫合固定です。
 皮膚はたくさん取ってほしいと皆様希望されますが、実際は、口を大きく開けてつっぱらない程度に留めておかなければバランスが崩れます。
 皮膚を切除するというよりも、内部を再構築することが重要です。
 
 
 この時点で???な方多いかもです。
 つまり、経皮的処置の場合は、縦と横にハリを作る処置を追加するわけです。
 そうしないとまたたるんででてきちゃいますからね。
  
 なので、実はいろいろなことを細かく行っている処置なので、
 「内出血なしでお願いします。」
 はほぼ無理です。
 1週間は気合と、開き直りでお願いします。と、皆様にお伝えしています。

 もちろん手術まではちょっと。。。
と思われる方は、PRPζ もお勧めです。
 
 自分にはどんな処置がむいているのか??
 悩まれている方、一度カウンセリングにご来院くださいね
 
 
 

 
記事を閉じる
 
サムネイル

下まつげが刺さって困っている方へ

UP
 

二重の手術は一般的にもすごく受け入れられていますが。。
意外と下まつ毛については、治せるという事を知らずに毛を抜いて過ごしている方がいらっしゃいます。

実際は手術によって改善が可能です。
もちろん再発のリスクなどもありますが。。。
行える年齢についても通常は局所麻酔で行いますので麻酔が我慢できる年齢になれば可能です。

一般的には下まぶたの処置のみで改善することが多いです。
しかし、内側がすごく拘縮している方については目頭切開をお薦めしたりもしています。

写真使わせてもらってありがとう!!



術前
このように瞼が完全に内側に向いている方、、、意外といます?



術直後
ダウンタイムは正直あります。
画像怖い方ごめんなさい。
手術したって感じはわかるため、1週間は我慢です。



術後
まつげが外に向いております。
もちろん傷跡もほとんどわかりません。

まつ毛が目に刺さるとかなり不快に感じると思います。
角膜に傷がついてしまって、、、と悩んでいる方。
下まつ毛を治した後に、二重を楽しんだり、目頭や目尻切開をする方もいらっしゃいます。
麻酔は少し痛いですが、気になるところがあればご相談くださいね。

 
記事を閉じる
 


123[4] 
1件目~5件目 (18件中)