ブログ [目]


123[6] 
1件目~5件目 (27件中)
サムネイル

下眼瞼内反修正+ハムラ法

UP
 

下まぶたは、重力に負けることなく上向きに眼球に接しております。
これって意外とすごいことなんですよ。
眼球から下まぶたが浮くと目が乾いたり、涙がうまく作用しないため大変なことになります。

まぶた自体の構造は、結膜側の支えと皮膚側からの支えで成り立っており、その支えのバランスが崩れると内反外反が生じます。
皮膚側の引っ張りが強いと外反。
まつ毛が皮膚ごと外にむいちゃうので、目が乾く。
結膜側からの引っ張りが強いと内反。
まつ毛が内に向いちゃって痛い。
という具合です。

もともと生まれもって内反の人もいますが、
年齢的なたるみによってバランスが崩れて内反・外反になる人もいます。

今回は、加齢性の変化によって内反してしまった下まぶたを治して欲しい。
どうせ治す(切る)ならたるみもとって欲しい。との要望で来院されました。

内反を修正する切開からたるみとりももちろんできます。
この方の希望としては、若返り過ぎも嫌。
この歳でシワがなくなりすぎるのも違和感でしょ。とのこと
不自然さはなく、若返らせて欲しい。
やりすぎないで丁度良い感じでということでした。
意外とこの要望多いです。
この「ちょうど良い感じで。」と言うのが人それぞれで私の頭をいつも悩ませるのですが。。。

ある程度はバランスを持って若返らせたいので、上瞼のたるみも同時に取ることにしました。
2度に分けて手術することも可能ですよ。とお話ししましたが、やるなら一気にとの希望。
ただ、横になっている時間は2時間ほどが限界とのこと。
上&下眼瞼のたるみ取り(眉毛下皮膚切除&表ハムラ)+内反修正。
途中トイレ休憩、水分補給を含めて 2時間半ほどで終了しました。
局所麻酔だけ頑張ってもらいましたよ。

 術前 
目の際の切開線からアプローチです。

術後2ヶ月

本来の目的はまつ毛が内側に向いているのを治すことです。
外に向いてます。
若返りすぎないように皮膚は取りすぎず自然な形に。
2,3mm程の皮膚切除です。
内部の解剖学的たるみとり(引き締め)のみ行なっています。
ハムラの特徴は、眼窩脂肪を靭帯の下に引き込むと言うことになりますが、みてもらえるとわかるように頬全体が引き上がります。
靭帯を剥がして処理をするので頬全体が引き上がるイメージです。
さらにあげたい人はこの切開線から中顔面リフトもできますが。
しなくても結構上がってますよね。
眼窩脂肪が大きく突出していない方なので、もう少しボリュームがほしいところですが、注入系などは今のところは希望されずです。

上まぶたのたるみとりも同時に行ったので、私的には若返りすぎたかな。
とドキドキしましたが、本人大満足でさらにエネルギッシュになっていました。
それが何より嬉しいです。
何より目が痛くない。夜中に安眠が取れると言うのが生活の質が大きく改善されたとのことです。
夜眠れないのは辛いですよね。
痛くて目が覚めることはなくなりました。

やりたいけどダウンタイムが、、怖いな。
不自然が嫌。
と言う方も多いかと思います。
ダウンタイムは強いです。
ここは開き直っていただきたいところ。
  術直後です
若返り過ぎの印象ですが、皮膚をあまり取っていないで大丈夫とこの時点ではお伝えしています。
内部の縦方向、横方向の引き締めを行なっています。
傷も1〜3ヶ月は待っていただく必要があります。
自然な形まで回復します。


最近は下まぶたの手術希望の方が多いですが、手術方法によって色々と異なります。
ただ、バランスが崩れると将来的に色々なことが起こるリスクはあるため、気軽な手術はせず、自分に合った方法を決定しましょう。
手術しなくても綺麗になる方法もあります。
ただ、手術は結果が早い。
ついやっちゃうと言うのが一番怖いですよ。
ちゃんとカウンセリングを受けましょう。

逆に今回の方のように、解剖学的にすでに崩れちゃっている方は、手術以外では治せません。
きちんとバランスを整える手術を受けるのが一番です。
自然、不自然などは個人の価値観もあるため、主治医と相談を。


 
記事を閉じる
 
サムネイル

ケロイドの体質の方の手術は要注意〜下眼瞼〜

UP
 

世の中には肥厚性瘢痕やケロイド体質など
傷跡が予期せぬ結果になる方がいらっしゃいます。
つまり傷跡が目立ちやすいということです。
これは体質的なものなのでなかなか根本的な解決は難しいので
手術、つまりメスを入れるような処置を行う際には十分に傷跡リスクを考慮して決断するようにしてください。

今回写真を使わせていただく方も
元々は乳がんの手術で私が再建をしています。
乳がん手術後の再建の傷跡もドレーン(管)を入れていた部位も、ピンク色に膨らんで辛い。
という状況です。

通常はケロイド体質の方に、顔のオペをすること自体
医師側も本当は嫌です。
傷跡が残るリスクが高すぎるのです。



この方についても、胸の傷がこのように目立っているため、手術は危険であることをお伝えしました。
ただ、「先生が切ってくれたところはマシだからやって。」
と手術をお願いされました。
写真も使って良いよと言っていただいています。

下眼瞼除皺術ですね。
年齢的にも経結膜ではなく皮膚側から行いました。
いやぁ。そこは普通皮膚側切らないほうがいいじゃん。
傷跡が。。。
という意見もあるかとは思いますが。
年齢的にも皮膚側からアプローチしなければ皮膚のたるみが改善されないので
そこは攻めました。
PRPζも乳がんがあると行えないので、全力で手術をすることがベストでしょう。


手術前


手術後1年です

目のくまはもちろん良くなっていますが、、、
やっぱり傷跡が普通の方よりも目立っています。
抜糸直後から傷跡の赤みが強く出るんですよね。



それがグーッと引いてくるのにとても時間がかかります。
また傷跡も硬く拘縮しやすいです。
左側は、脂肪移行をしたけど少し足りないですね。
脂肪移植やヒアルロン酸など考慮しても良いですが、リスクもありますし、本人はあまり気にしていないようです。

最近は経結膜脱脂が流行っているようですが、
私は、基本的に余分な脂肪はないと考えています。
本来脂肪は眼球を守る形で上も下もつながっています。
下から脂肪だけとっても、、しばらくは良くても、上から下に脂肪が下がってきます。
将来的に目の上が窪むということも起こる可能性があります。

当院では一般的に言われている脂肪移行を中心に行います。
(ハムラ、裏ハムラとかいいますよね)
若い方でも安易に脂肪を取ることはお勧めしていません。
皮膚が薄いとクマっぽくさらに疲れて見えますよ。
脂肪を窪んでいる部位に移動させて尚且つ縦方向にハリを出す形で固定します。
脂肪を抑えている膜にハリを取り戻すことで再下垂を防ぎます。
経結膜からいく場合はここまでです。
経皮側から行く場合は、さらに眼輪筋(筋肉)を引き上げて固定した後、
たるんだ皮膚を除去しますので、横方向のハリを作り出すことが可能です。
縦にも横にも手術的にハリを作れるので最も長持ちしますし綺麗だと思います。

どちらにしても手術をするということは十分に考えて決断してくださいね。
安易に脂肪を取れば良いというわけではないですよ。
手術が怖い方は、PRPでもかなり綺麗になります。
色々な治療方法から自分に合った方法を選択してくださいね。
 

記事を閉じる
 
サムネイル

グラマラス形成〜下制術

UP
 

最近の下制術。
異常に下げて欲しいという方が多い印象です
おそらく、アニメの影響が強いのか!?
TikTokや、プリクラなどでの画像修正の影響が強いのか!?

アニメのキャラクターなど、異常に目がでかい。ですよね。
それを目指すと、目を閉じた時に隙間が開くよ。と伝えているのですが
それでも良い。という方がいます。

先生は心配です。
でも、みんな幸せそうです。
ただ、歳をとると通常下眼瞼は下がります。
この子達が加齢変化が生じた時にどうなっているのか。など気になるところです。
もちろん将来修正も可能ですので、もちろん行っているわけですが。
ずっと美を目指す方は、きっと大丈夫なのかもしれません。

方法としては、経結膜的下制術。
瞼の中から行う方法と、
経皮的下制術。
皮膚を切って行う方法があります。

傷跡がつかないのは、結膜からのアプローチですが、下げる量には限界があります。
なぜなら結膜側から強く引っ張ると、皮膚側からのバランスが崩れまつ毛が 内反するからです。
まつ毛が内側に向いちゃいます。
その後皮膚が硬い方はある程度戻ったりもします。

経皮的なアプローチは傷はつきますが、内反外反のバランスをとることができるので
後戻りも少ないです。
皮膚が硬い方も安定して下げられます。
それこそ少し目が開いているよ。という解剖を無視した下げ方も可能です。
もちろんお勧めはしませんが。

例えばを提示します。
経結膜アプローチです。

術前

術後

これ以上下がると三白眼。
つまり下の白目が見えてしまうのでこの程度が1番可愛いと思ったのですが…
デカいコンタクトをつけた時の目でいい感じにしてほしいと、さらに下げて下さいと後日お願いされました。



はい。さらに下げました。
お分かりでしょうか。
少しまつ毛が内反してます。
まつ毛が立ち上がってますよね。
結膜側から異常に引っ張るとどうしてもこうなります。
皮膚側を切って治す事も可能ですが、本人は気にならない。との事で、このまま経過を見ております。

皮膚の硬さなどは人によって異なりますし、外眼角形成の靭帯移行でも下がるので、その人それぞれで方法は変えた方が良いかな。と思います。

でも解剖学的な事はあまり無視しない方がお勧めですよ。
長い経過の解剖重視がお勧めです。

記事を閉じる
 
サムネイル

全切開は不自然になる? NO!!

UP
 

よく聞かれます。
全切開は目を閉じた時にバレそうだから。
不自然になりそうだから。
嫌とか。
実際はそんなことはないと思うんだけどなぁ。
糸だから、切開だから整形目になるわけではないです。
どのラインにするか、どう引き込むのかを調整することで自然、不自然を作り出すことができます。
なので、どのラインにするのかが非常に重要です。

片目が二重なのに、反対側が一重。
両方二重にしたいけど、不自然なのは嫌。
そういう方意外と多い。

切除する皮膚の量をどう調整するか、引き込む力をどう調整するかを一緒に相談します。
自然な形が良い方は、あまり皮膚も取りすぎずに
内部の脂肪処理も行わず、引き込みも自然な形にしてあげると。。。
腫れが引いた時自然な二重になります。

片目の掲載許可をいただきましたので一緒にみましょー
まず、、、左は二重、右目が一重の方です。
自然な二重にしましょう。


まつ毛の上に皮膚が乗っているので、眉毛を上げて頑張ってたるみを改善しようとしています。
これではおでこにシワが寄ってしまいます
手術直後
手術翌日
抜糸時(7日目)
約2ヶ月後
 約半年後

ものすごく優しい目になってますよね。
自然に閉眼してもらっても傷も目立ちません。
1年もすればもっと自然になると思います。
眉毛の位置が落ちたので、もう少し皮膚をとっても良かったかな。という印象にもなりますが
おでこのシワも消えました。
目もとても自然で綺麗です。

二重になることというよりも、目が軽くなることで皆様全体の表情が明るくなります。
雰囲気が優しくなるというか、楽しそうというか。
目が重たいって、きっと気持ち的にも重たくなるんだと思います。

悩んでいる方。
糸も切開も色々できます。
自分に合った形で楽しくいきましょう。





 
記事を閉じる
 
サムネイル

小切開の魅力

UP
 

糸が目の中に残るのも嫌だし、、
腫れるのも嫌だし、、、
取れるかどうか心配するのも嫌だし、、、
でも全切開は怖いし、、、

などいろいろと皆様の悩みは尽きない物ですよね。
そこに位置するのが小切開なわけですが、、、
小切開は腫れも少なく、内部の解剖学的な構造も崩さないので非常に簡単にできるところが魅力ではあるのですが。
ただ、全員の瞼に行えるわけではないです。
まぶたが厚い方や、脂肪が非常に多い方にはお勧めできません。
また、たるみが強い方も厳しいです。

なのであくまでも適応は限られます。
全切開は怖いから小切開。というわけではないですよ。
全切開が怖いのであれば、、、小切開よりは糸のほうが良いよ
という方もいます。

たるみが強い方も本来は小切開はお勧めしていません。
でも不可能ではないです。
たとえば。。。

もともと二重ですが、左右差があり、片目のラインを少しだけ上げたい。
目も小さく感じるとのことで処置希望
全切開を進めましたが、ダウンタイムの関係で小切開を希望されました。
少しだけ内側を中心にラインを上げて、目の開きをほんのりサポートしました。


術前


術直後


2日後

ほとんど腫れていませんし、内出血もないですね。
瞼によってはこのようにある程度の年齢であっても小切開は可能です。

これで満足してもよいですが。
この方は、外側もやっぱり切って欲しい。
またしばらくしてやります。
とおっしゃられていました。
たるみが強いとやはり全体の処置をしないと、外側の皮膚が気になりますよね。
その点、ダウンタイムを開き直れる方は、全切開でたるんだ皮膚も少し取ってしっかりとラインをつけてあげるほうがおすすめです。

でも、なかなか切るのは勇気がいると思いますし、ダウンタイムも気になるところではあると思います。
しっかりと自分の瞼にはどれがあうのかな?
どんなラインが良いのかな?
と考えて決めましょうね。

 

記事を閉じる
 


123[6] 
1件目~5件目 (27件中)