ブログ

7~9件目 (346件中)
rss

豊胸インプラントMotiva 保険適応になりました


乳がん治療でインプラント再建を検討中の方に朗報です。 今まで豊胸でのみ使用可能だったMotiva Ergonomixが保険収載されました。 つまり、厚生労働省の認可を得たインプラントになりましたので、今後保険適応使用が可能となります。 MOTIVAはスムースインプラントに分類されますが、表面がややザラザラしています。 スムースとコヒーシブの間に属するため、柔らかい上にマッサージもいらないという。 比較的使いやすいものになります。 今まで、片側を豊胸、片側を再建する方には別々のインプラントをいれたりしていましたが、今回から豊胸だろうと、再建だろうと同じインプラントが使用できます。 そのため、Motivaのエキスパンダー(組織拡張器)とインプラントが保険収載されるとは、院長も非常に嬉しいです。 そのため、保険適応で日本で使用できるインプラントは ・アラガン社 Inspira ・Sientra社  ・Motiva Ergonomix  この3種類になります。 それぞれ特徴 [...]

記事を開く

乳がん治療でインプラント再建を検討中の方に朗報です。
今まで豊胸でのみ使用可能だったMotiva Ergonomixが保険収載されました。
つまり、厚生労働省の認可を得たインプラントになりましたので、今後保険適応使用が可能となります。

MOTIVAはスムースインプラントに分類されますが、表面がややザラザラしています。
スムースとコヒーシブの間に属するため、柔らかい上にマッサージもいらないという。
比較的使いやすいものになります。
今まで、片側を豊胸、片側を再建する方には別々のインプラントをいれたりしていましたが、今回から豊胸だろうと、再建だろうと同じインプラントが使用できます。
そのため、Motivaのエキスパンダー(組織拡張器)とインプラントが保険収載されるとは、院長も非常に嬉しいです。



そのため、保険適応で日本で使用できるインプラントは
・アラガン社 Inspira
・Sientra社 
・Motiva Ergonomix 
この3種類になります。
それぞれ特徴が異なりますので、その点については主治医としっかりと相談しましょうね。

保険適応のインプラントになったということは、今後豊胸の認定施設、認定医がいる施設しか正規ルートでは豊胸目的にMotiva Ergonomixが使用できなくなります。

ただ、現在日本で豊胸認定資格を持つ施設、医師はものすごく少ないです。
3年に一度の資格更新でも年間30~50名程しか更新医がいないので、全国豊胸施設の10%以下かもしれません。
形成外科学会誌に更新者として名前が載るらしいのですが、私の名前が目立つくらい数が少ないです。

人数が少なくて目立つので、後輩や友人から
「先生ちゃんと更新しなきゃ駄目ですよー。そういうの苦手で忘れてそう。」とか連絡いただいたりします。
後輩に本気で心配される私って・・・

え?Motiva Ergonomixが豊胸で使用できなくなるの?
と不安に思っている方、
安心してください。
Motiva Ergonomix 2
が新しく豊胸で使用できるようになります。
去年から海外で使用され始めた最新のものになります。
少し柔らかくなっているようですよ。
これはまだ保険収載されていない物になるので、国の制限に関係ありません。
認定施設、認定医など関係なくどの施設でも使用可能です。
今後はこれが一般的に使用されるのかなと思います。

以上、ちょっとややこしくなりましたが、
当院は、豊胸、乳房再建とともに、認定施設、認定医資格を有していますので、

保険では
Allergan Inspira,
Sientra
Motiva Ergonomix が使用できます。

豊胸、つまり自費の場合は、
Allergan Inspira
Sientra
Motiva Ergonomix
Motiva Ergonomix II   
その他いろいろ
どれでも使えます。

特徴はどう違うの?どれが自分に合っているの?
と思われる方は、
一度カウンセリングにご来院くださいね。


記事を閉じる
ページの先頭へ

おでこの皺気になりますよね。


マスク生活になってからと言うもの、マスクをしているがために見えている部分(おでこや眉間)が気になる方、マスクを外した時のギャップを気にされている方。 色々な悩みパターンがあります。 今回は、相談の多いおでこについて呟こうかなと思います。 まず、、、 皆様おでこのしわといえば、「ボトックス」か、「ヒアルロン酸」どっちが良いですか。 と聞いてきます。 ボトックスはおでこの前頭筋という筋肉の力が入らないようにして、眉毛を上げられないようにする効果です。 筋肉が弛緩して皺が伸びます。 ヒアルロン酸はボリュームを作ることでシワをふっくらさせる効果です。 その前に・・・ なぜ、おでこに皺が寄っているのかということが重要なのですが。 単純な答えは,,,  「眉毛を上げているから」ということになりますよね。 では、なぜ眉毛を上げているのか? これについては色々な原因があります。 一つは、目の皮膚のたるみが強いため [...]

記事を開く

マスク生活になってからと言うもの、マスクをしているがために見えている部分(おでこや眉間)が気になる方、マスクを外した時のギャップを気にされている方。
色々な悩みパターンがあります。

今回は、相談の多いおでこについて呟こうかなと思います。

まず、、、
皆様おでこのしわといえば、「ボトックス」か、「ヒアルロン酸」どっちが良いですか。
と聞いてきます。
ボトックスはおでこの前頭筋という筋肉の力が入らないようにして、眉毛を上げられないようにする効果です。
筋肉が弛緩して皺が伸びます。
ヒアルロン酸はボリュームを作ることでシワをふっくらさせる効果です。
その前に・・・

なぜ、おでこに皺が寄っているのかということが重要なのですが。
単純な答えは,,, 
「眉毛を上げているから」ということになりますよね。
では、なぜ眉毛を上げているのか?
これについては色々な原因があります。
一つは、目の皮膚のたるみが強いため眉毛をあげてたるみを少しでも改善して見えやすくするという
無意識に起こる動きです。
この傾向が強い方が、ボトックスを打つと眉毛が下がります。
もちろんおでこのシワは、よりませんが・・
まぶたに皮膚がかぶって目が開きにくい。怒ったようにみられる。
などの主訴が起こります。
もちろんボトックスを軽く効かせる方法も、しっかりと効かせる方法もあります。
​ある程度の調整は注入量と注入箇所で調整可能です。

本来は、眉毛を上げることで目を開くのではなく、目の筋肉の力で開けるわけですが、、
意外と年齢が重なると、皮膚のたるみを代償するため眉毛が上がってきます。
そのため、まつ毛と眉毛の距離が開いていき、ある意味優しい顔。になります。
年をとると優しそうにみえるのはこれも影響していると思います。
なので、急に目と眉毛の間の距離が縮まるときつい印象にみられる。ということが考えられます。

ということで、本来このような方は、まぶたのたるみをとる治療をお勧めします。
外観を変えたくない方や、目尻のたるみが強い方は、眉下皮膚切除で良いと思います。
目の開きを大きくしたい方や、外観を変えたい方は、全切開手術が良いと思います。
つまり目のたるみとりの手術がお勧めです。
その人によって方法は色々だとは思いますが、原因を取り除くことが一番良いです。

もう一つは、瞼のたるみはそんなに強くないけど、目を少しでも大きく見せたくて
眉毛を上げることが癖になっている方です。
こういう場合は、ボトックスをうって眉毛を上げる癖を取ることが重要なのでボトックス治療で良いと思います。
その代わり、しっかりと目を開くことを意識して行うように指導してきいます。
時々、一重の人は目を開くということがわからない。
という方がいるので、その場合は、二重手術をお勧めします。


ヒアルロン酸は、どちらかというとおでこを丸くしたい方や、目を閉じていてもおでこに深い皺が刻まれている方にはお勧めです。
ただ、筋肉の力で皺が寄っているので、どちらかというと原因を取り除くことも考慮された方が良いです。

その他にも、前額リフトをされる方もいらっしゃいますが、しばらく顔が腫れますのでダウンタイムは強いです。
適応はしっかりと医師と相談が必要です。

そもそも、肌のハリがないこと、たるみが強いことが原因ですので、刹那的な治療が嫌な方はPRPやニードリングなどの再生医療もお勧めです。
軽い皺程度であればもちろんビタミンやレーザーなど侵襲の少ない治療でも改善可能です。

などなど、単純におでこの皺!!
と言ってもいろいろな治療方法があります。
自分はどうでしたか?
自分に合った方法を相談したい方、まずはカウンセリングにご来院くださいね。


 


記事を閉じる
ページの先頭へ

教授達が福井に集う夜


開業していて、学会に行く機会が減ると極端にぼっちになります。 京大や日赤にいた頃は、下の先生と一緒に和気藹々で話しながら手術もできますが、今では日々孤独との戦いです。 と言っても、スタッフと喋ったり、何よりも患者さんと話をして楽しく過ごしてますけど。。。 今回、京都大学の教授と、某大学の教授が会いに来てくれました。 形成外科学会理事長とバイオマテリアル学会理事長というすごいメンツです。 もちろん、私が大学院の頃行っていた実験の延長の打ち合わせでもありますが。 福井赤十字病院の先生達も読んで、コロナ以来初の会合となりました。 福井赤十字病院も京大系ですが、今は3人のドクターが診療を行なっています。 本当に真面目で良い先生達です。 3人で楽しそうに話しているところを見ると、集団意識が少し懐かしく心地よく感じました。 まぁ、仕事中はそんな余裕はないとは思いますが。。 大学は、多くの形成外科医達が [...]

記事を開く

開業していて、学会に行く機会が減ると極端にぼっちになります。
京大や日赤にいた頃は、下の先生と一緒に和気藹々で話しながら手術もできますが、今では日々孤独との戦いです。
と言っても、スタッフと喋ったり、何よりも患者さんと話をして楽しく過ごしてますけど。。。

今回、京都大学の教授と、某大学の教授が会いに来てくれました。
形成外科学会理事長とバイオマテリアル学会理事長というすごいメンツです。
もちろん、私が大学院の頃行っていた実験の延長の打ち合わせでもありますが。
福井赤十字病院の先生達も読んで、コロナ以来初の会合となりました。



福井赤十字病院も京大系ですが、今は3人のドクターが診療を行なっています。
本当に真面目で良い先生達です。
3人で楽しそうに話しているところを見ると、集団意識が少し懐かしく心地よく感じました。
まぁ、仕事中はそんな余裕はないとは思いますが。。

大学は、多くの形成外科医達が、多くの病院を移動しながら日々診療を行なっているのですが、本当に大変そうです。
2,3年おきに色々な県に移動することが多いです。
特に若い先生は。。。
そうすることで偏りなく色々な経験できるため、西日本全域にある病院に派遣される可能性があるのです。
私ももちろんそうでした。
今となっては懐かしい感じです。。

誰がどこに・・・どこどこの誰があーだ。などの話をしていましたが
全く京都大学の人事に貢献していなくて申し訳ないっす。
という思いでやや蚊帳の外感でした。

こう言った形でも、他の先生達の状況を聞きながら、その輪にいれてもらえると少しほっこりしましたよ。
さて、また明日から一人でも頑張るぞー


記事を閉じる
ページの先頭へ

7~9件目 (346件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.