ブログ

10~12件目 (248件中)
rss

昔と、最近・・注入物の入れ方にも変化が


顔に入れる注入物としては、 よく聞くワードとしては、ヒアルロン酸だと思います。 昔は、ほうれい線や目の下など、ボリュームを作るために単純に窪んだ部位に注入するということが主流でした。 最近はMD Code (MeDical Code)といって顔の解剖と構造に基づき、立体的に顔を作るように注入するという動きが出ています。 つまり、ほうれい線に直接注入 + 頬骨上に注入し全体的にボリュームを上げることで下に落ちた脂肪を引き上げるという形で注入します。 その他にも、口の周りや、側頭部、下顎部などにも注入します。 30代の女性にも一回に9cc近く注入する医師もいると聞いて、私的にはびっくりです。 もともと顔の構造的には、靭帯のようなものが骨や筋肉から皮膚に向かって伸びています。 若い頃は、これがぴんっと張った状態に保たれているのですが、歳をとると筋肉も、骨も脂肪も、皮膚も全てが減少してきます。 ボリュームが全体的に落ちてくる&支持す [...]

記事を開く

顔に入れる注入物としては、
よく聞くワードとしては、ヒアルロン酸だと思います。



昔は、ほうれい線や目の下など、ボリュームを作るために単純に窪んだ部位に注入するということが主流でした。
最近はMD Code (MeDical Code)といって顔の解剖と構造に基づき、立体的に顔を作るように注入するという動きが出ています。
つまり、ほうれい線に直接注入 + 頬骨上に注入し全体的にボリュームを上げることで下に落ちた脂肪を引き上げるという形で注入します。
その他にも、口の周りや、側頭部、下顎部などにも注入します。
30代の女性にも一回に9cc近く注入する医師もいると聞いて、私的にはびっくりです。

もともと顔の構造的には、靭帯のようなものが骨や筋肉から皮膚に向かって伸びています。
若い頃は、これがぴんっと張った状態に保たれているのですが、歳をとると筋肉も、骨も脂肪も、皮膚も全てが減少してきます。
ボリュームが全体的に落ちてくる&支持する靭帯が緩む&皮膚そのものも薄くなるという状態で老化が進行します。
怖いですねぇ。。。
靭帯が付着している部分が垂れ下がるため凹んで、目の下やマリオネットラインなどが浮き立つわけです
骨や筋肉や脂肪が減るならボリュームを増してあげると、再び引きあがる。というわけです。

この理論を聞いた時に。
あぁそうかぁ。当たり前だけど。そういうことか。としみじみ感じたのですが・・・
もう15年ほど前に初めてPRPをK先生から学んだ時、ほうれい線や目の下のくぼみだけに注入するのではなくて、頬骨のここにいれるとすごくいいよ。と学びました。
その時は感覚的なものでしたが。
そこから独学で改善していき、PRPを注入する際に、立体的に注入するようになりました。
感覚的なもので、頬骨や頬骨弓下部など、靭帯周囲に注入していました。
そうか、こういうことかと理解しました。(ちゃんと理論的に考えなきゃダメでしたね)
PRPはボリュームだけではなく、ハリをもたらすこともできるため、靭帯周囲に注入すると引き上げる力がものすごく強いのです。
その点は、ヒアルロン酸もそうですが、脂肪注入もハリはもたらすことができないため、ある程度のボリュームが出すぎると重みでやはり下に下がる感が少し気になるんですよね。
ヒアルロン酸に限っては吸収性なのでずっと入れ続けなければ、組織を拡張したぶんなくなった時のリバウンドが・・・
そういった点で、PRPは効果がなくならないという点ですごい強みだと思うんですよね。
注入テクニックはすごく難しいですが。。

注入系としては、ヒアルロン酸、脂肪、PRPといろいろありますが、それぞれに特徴がありますので、それぞれの特徴を理解し、皆様選択しましょうね。
日々進化です!!
 


記事を閉じる
ページの先頭へ

「胸インプラント」リコールについて


8月にこの件が発生してからだいぶ現場は慌てましたがやっと落ち着いてきました。 あまりにも繊細な内容ですので、掲載は控えていたのですがまだ情報を知らない人もいるようですので少し書いておこうかと思います。 胸のインプラントリコールが起こったのは、アラガン社のテキスチャードタイプのインプラントです。 表面が少しザラザラしたものですね。 右から2番目のものです。 保険適応で認可されている唯一のインプラントですので、乳癌で手術をした人の乳房再建に使われているタイプのものです。 そのため、急に使用できなくなったことで再建予定の患者様には本当に不安な日々を過ごされたことと思います。 やっと新しいインプラントも認定されましたので、来月にもなれば安定に供給されます。 ただ、乳癌の方だけが、問題ではなく、豊胸でも相当な数が使用されています。 当院では最近モルティバエルゴノミクス(右端)を使用しているためこの件に [...]

記事を開く

8月にこの件が発生してからだいぶ現場は慌てましたがやっと落ち着いてきました。
あまりにも繊細な内容ですので、掲載は控えていたのですがまだ情報を知らない人もいるようですので少し書いておこうかと思います。



胸のインプラントリコールが起こったのは、アラガン社のテキスチャードタイプのインプラントです。
表面が少しザラザラしたものですね。
右から2番目のものです。
保険適応で認可されている唯一のインプラントですので、乳癌で手術をした人の乳房再建に使われているタイプのものです。
そのため、急に使用できなくなったことで再建予定の患者様には本当に不安な日々を過ごされたことと思います。
やっと新しいインプラントも認定されましたので、来月にもなれば安定に供給されます。

ただ、乳癌の方だけが、問題ではなく、豊胸でも相当な数が使用されています。
当院では最近モルティバエルゴノミクス(右端)を使用しているためこの件に関しては問題ないのですが、過去に豊胸を受けられた方も自分は全く関係がないと思わずちゃんと定期的に医師の診察は受けてくださいね。
ちゃんと自分の体にどのタイプのインプラントが入っているのか十分カウンセリングを受けて理解した上で手術を受けていますか?
身体に異物を入れる場合は、インプラント、ヒアルロン酸、プロテーゼ全てを含め定期的に医師の元を訪れることをお勧めします。

さて、ではなぜリコールが起こったか。ですが。。。
ニュースにもなったため、なんとなく理解していると言う方が多いと思うのですが。
BIA-ALCLと言われている、悪性のリンパ腫になる可能性が、わずかではありますがある。ということが発表されたからです。
3000人〜30,000人に一人程発症する可能性があると言われています。
統計的にも非常に開きがあるのは、発症例数が少ないためなのですが、確率的にも0.03~0.045%程です。
二人に一人が癌になると言われている現代社会においては、0.03~0.045%というのは非常に低い値なのですが、少しでもリスクがあるものについては使用することを控えようとアメリカのFDAが決断を下しました。
全世界的にもちゃんとしたインプラントは統計処理が行われ、長期経過が見守られています。
インプラント使用を認定されている当院のような病院に対しては、日本でもかなり細かい報告が年に一度義務付けられています。
少しでも異常があれば報告し、何も異常がなくても全て報告し、全国的に統計がとられ見守られています。
なので、逆にヒアルロン酸を注入するよりも、豊胸にはインプラントの方が安全では?と思ってしまう今日このごろです。

もしもBIA-ALCLが発症した場合は、リンパ液が溜まるため非常に腫れ上がりますし、しこりをふれるなど身体に変化がありますので通常はすぐに気づきます。
早期発見をすると、ほぼ完治可能な種類のものです。
発症率が低いことからも、今挿入されている方も予防的に除去する必要はありません。
ただ、2年に一度はインプラントを扱っている専門医の診察を受けるように指導されています。
私のクリニックに来られる方は、一応一年に一度は診察を促しています。
何か心配な場合は、超音波検査などすぐに対応します。

このことがニュースになった時に、
私が驚いたことは、
挿入している患者さんが心配で殺到するのでは?! 
と思っていたのですが、意外と皆様冷静でほとんど誰も外来に来られませんでした。
定期診察の際に、「先生信頼しているし、大丈夫だと思っていました」などといろいろ言っていただけました。
やはり、手術を受ける際にかなり悩まれ決断されているだけあって、患者様は強い。
全力で応援します。
手術を受けた方は、基本的にはずっと見守っていくつもりで執刀していますので、その点はご安心ください。
その点に関しては、胸のインプラントだけではなく全ての処置においてですけどね。


一番大事なことは、ちゃんと医師に疑問を質問できる環境と、定期的に受診ができる環境だと思いますので、あまり不安にならずに普通に生活してください。
何かあった場合には、なくてもですが、、すぐに受診を (^ー^)
 


記事を閉じる
ページの先頭へ

エンビロンメディア情報〜


だいぶ朝晩も寒くなり、気付けば秋も終わりそうですが。。。 皆様風邪など引かずに元気してますか? エンビロンメディア情報届いていますのでお届けします。 相変わらず勢いがすごいですね。 乾燥の季節になるのでしっかりと保湿してお過ごしくださいね。 ACEオイルを全体に塗ったり、目元などはアイジェルやレチノアドバンス(Navision Dr.) お勧めです。   ■媒体名:with(ウィズ)12月号 ■掲載日:2019年10月28日 ■企画名:「美肌オーラのための50の答え−美容家 神崎恵さん」のなかで、C−クエンスセラム 4が紹介されました。   ■媒体名:Domani(ドマーニ)12/1月号 ■掲載日:2019年10月28日 ■企画名:「"なんでそんなにきれいなの!?"神崎恵さんVS君島十和子さん神肌対談−美容家 神崎恵さん」のなかで、C−クエンスセラム 4が紹介されました。   ■媒体名:otona MUSE(オトナミューズ)12月号 ■掲載日:2019年10月28日 ■企画名:「 [...]

記事を開く

だいぶ朝晩も寒くなり、気付けば秋も終わりそうですが。。。
皆様風邪など引かずに元気してますか?

エンビロンメディア情報届いていますのでお届けします。
相変わらず勢いがすごいですね。

乾燥の季節になるのでしっかりと保湿してお過ごしくださいね。
ACEオイルを全体に塗ったり、目元などはアイジェルやレチノアドバンス(Navision Dr.) お勧めです。
 

■媒体名:with(ウィズ)12月号
■掲載日:2019年10月28日
■企画名:「美肌オーラのための50の答え−美容家 神崎恵さん」のなかで、C−クエンスセラム 4が紹介されました。

 

■媒体名:Domani(ドマーニ)12/1月号
■掲載日:2019年10月28日
■企画名:「"なんでそんなにきれいなの!?"神崎恵さんVS君島十和子さん神肌対談−美容家 神崎恵さん」のなかで、C−クエンスセラム 4が紹介されました。

 

■媒体名:otona MUSE(オトナミューズ)12月号
■掲載日:2019年10月28日
■企画名:「編集部員が徹底的にお試し!今買うべき、最新・美容ギア」のなかで、エレクトロソニック DFモバイル スキンケアデバイスが掲載されました。

 

■媒体名:safari(サファリ)12月号
■掲載日:2019年10月25日
■企画名:「大人サーファーのグルーミング」のなかで、C−クエンスアイジェルが紹介されました。

 

■媒体名:美ST(ビスト)12月号
■掲載日:2019年10月17日
■企画名:「若く見える肌の秘密は"うるおい24時間"にあった!」のなかで、デリケートジェル、デリケートクリームが紹介されました。

■媒体名:and GIRL(アンドガール)11月号
■掲載日:2019年10月12日
■企画名:「女が惚れる女 神崎恵さん、すみからすみまで」のなかで、C−クエンスセラム1が紹介されました。

 

■媒体名:VERY(ヴェリィ)11月号
■掲載日:2019年10月7日
■企画名:「神山まりあさん お肌で語る「ガハハ笑顔論」」のなかで、エレクトロソニック DFモバイル スキンケアデバイスが紹介されました。

 

■媒体名:水井真理子の寄り添い美容−どんな時も誰でも、一生きれいが手に入る決定版−
■掲載日:2019年10月4日
■企画名:「肌のSOS別救急お手あてアドバイス−毛穴」のなかで、C−クエンストーナーが紹介されました。

 




記事を閉じる
ページの先頭へ

10~12件目 (248件中)
rss
copyright © JINNO medical skin clinic. All Rights Reserved.